■■ 冬空に銀の刺繍を ■■





昨年 春夏、出かけたフィールドに


真冬に 初めて足を運んでみた。




一面の枯野は、承知の上。





その通りの光景が、目前に広がっている。




ため息混じりに ベンチに座って見渡すと

燦然と輝く樹が 目前に在った









c0195662_21411019.jpg






全ての葉を落とした裸木は

光を受け、華々しく蘇ったかのようだった。




思わず、カメラを向け

撮影を終えた瞬間

妙に清々しい気分になった。




冬空に 銀の刺繍を・・・






# by Sippo5655 | 2018-01-06 21:58 | Nature Snaps | Comments(21)

■■ 2018 Start ■■






新年明けましておめでとうございます







c0195662_22260233.jpg






本年もどうぞ宜しくお願いいたします




Sippo☆のネイチャー探索記2






# by Sippo5655 | 2018-01-02 22:30 | | Comments(31)

■■ 2017 〆もハッチーで ■■








フタモンアシナガバチを未練がましく探していたら

とても不思議な光景に出会った






c0195662_21452881.jpg



名前すらわからないけれど

このハッチーが集まっていたのは

センダングサの・・・

あの、とげとげしい実の中だった140.png





テントウムシが越冬前に

暖かい場所に群がることは知っていて

見たこともあったけれど・・・





このハッチーたちは、一体なぜ?

こんな居心地の悪そうな

とげとげの中に集まっていたのだろうか。





未だに、答えが出ない。







そんな宿題を 頭の片隅に置きながら


本記事をもちまして 今年最後の更新とさせて頂きます。






今年も一年間、ご愛読頂きましてありがとうございました。




また来年度もSippo☆のネイチャー探索記2を

宜しくお願い申し上げます。





どうぞ良いお年をお迎えください。





# by Sippo5655 | 2017-12-29 21:58 | 虫いろいろ | Comments(29)

■■ ハッチー 一期一会 ■■




ハッチーたちと遊んだ時間が

あまりにも楽しくて。


再び出向いたのは4日後。


予想に反して

あんなにたくさんいたハッチーは

1匹もいなかった。



従って、今回お届けする画像が

この出逢いの全て






c0195662_22215392.jpg






男の子だと思うと、

こんなお手入れ仕草も、別の意味で可愛かったり。










あの。。。


あなた方も、


c0195662_22220647.jpg




男の子「同士」ですか154.png


アナタタチ ナニシテルデスカ


Sippo☆のこと カラカッテイルンデスカ119.png












フタモンアシナガバチは

越冬できるのはメスだけらしい








ということは、この男の子たちにとっては

本当に最後の「余生」ということになる






私は 秘密の花園の門を叩いてしまったのだろうか







それはともかく

初めての出逢いの日に

めいっぱい撮影しておいて良かった



「次」という選択肢は、無いと思った方が良い。



[フタモンアシナガバチ]


# by Sippo5655 | 2017-12-24 23:05 | 虫いろいろ | Comments(19)

■■ 睦まじき3兄弟 ■■






触角がくるんとカールしているのは

男の子らしい。







c0195662_22054528.jpg




彼女は何処へ・・・??



男同士、普通なら「敵」だけど

この子たちはすでに「パパ」なのだろうか!?








c0195662_22053190.jpg





ねぇ。。。


何がそんなに楽しいの!?


教えてってば154.png








# by Sippo5655 | 2017-12-20 22:15 | 虫いろいろ | Comments(17)

■■ ハッチーとの1day ■■






「晩秋ハッチー」で続けようと思っていたら、

冬になってしまいました(笑)


そんなわけで、少しタイトルを変えて、続編。






c0195662_21424854.jpg





やはり、ここ本当に暖かくて

気持ちが良いみたい。




とっかえひっかえ

いろんな子がやってきて、




c0195662_21431794.jpg


この子たち


やがてもっと寒くなることを 知っているのだろうか


今のこの温もりを 存分に 楽しんでいるようにも見えた












c0195662_21430533.jpg




~ to be continued ~









# by Sippo5655 | 2017-12-15 21:51 | 虫いろいろ

■■ 感謝 ■■




すみません、なかなかゆっくりPCに向かえず

ハッチーの記事の続きを考える時間が無くて><




先にウラナミシジミとの出逢いを・・・



貴重な晴れ間に恵まれた日でした



「なんとなく」 ここに行こうと決めて

電車とバスを乗り継いで 出かける。



ここで出会った とあるウラナミシジミは

羽化不全と思われる子でした。






c0195662_21514517.jpg



痛々しく見えるけど

飛ぶ分には、それほど問題なかったのかもしれない








c0195662_22105336.jpg


大きな寒波が来る前に


この子に出会えて 励ましてあげることができて 良かった








そして数日後。


再び晴れ間と仕事休みが重なり


このウラナミシジミに、また会いたくなった。









現地に着いてから

まずは周辺で遊んでいると


ふと、蝶が目の前を横切るように飛んだ。



追いかけると、これまた羽化不全と思われる子








c0195662_21512631.jpg


同じ子・・・?それとも、違う子・・・?






この子は 私がカメラを向けている間中

にこやかに微笑んでいた。








Sippo☆さん

こんな私たちを見つめてくれて ありがとう



本当は・・・

綺麗な翅は 憧れだった



でも、この翅でも 充分飛べる

飛べる限り いっぱい飛んで

今日まで 生きる喜びを謳歌したよ!








[ウラナミシジミ]






# by Sippo5655 | 2017-11-22 22:23 |

■■ 晩秋ハッチー ~ 1 ~ ■■






この欄干では

実にいろんな子たちが 暖をとっていた





c0195662_22261666.jpg


ツチイナゴと カメムシ


どちらも 成虫で越冬する







そして、この日


最も多く見かけたのが


このハチさん







c0195662_22252461.jpg




[フタモンアシナガバチ]



~ to be continued ~





# by Sippo5655 | 2017-11-10 22:31 | 虫いろいろ

■■ 種を越えて ■■









ようやく晴れ間が出たものの

冷たい北風が吹いた この日



近所の河原にて。








c0195662_22041730.jpg



金属の欄干は、熱伝導が良いから

とても暖かい。




ちゃんとそれを知っていて


ここには多くの虫たちが暖をとっていた




この子たち


隣合って

何をか語り合ったでしょうか・・・




語り合わずとも

この距離


きっと、同じ想いを共感し


共に頑張ろうと 

絆を深めたに違いない




あの猛烈な台風も、

厳しい寒波も、耐え抜いたのだから。









[コバネイナゴとオンブバッタ]








# by Sippo5655 | 2017-11-02 22:29 | 虫いろいろ | Comments(42)

■■ あきいろのびんせん ~ 2017 ~ ■■









c0195662_21564882.jpg









[ウラナミシジミ]







# by Sippo5655 | 2017-10-27 22:16 | | Comments(27)