2019年 01月 31日 ( 1 )

■■ 真冬の羽化 ■■




Sippo☆は マンションの1階に住んでいます

南に面した庭があるのですが

すぐ隣は団地。



冬場は特に団地に日光が遮られて

庭に陽が射してくるのは、午後1時過ぎ・・・



その団地が、建て替えのため取り壊されて

今は、更地です。


よって庭には朝から燦燦と太陽の光が降り注ぎ、

密室のマンションでは、晴天なら9:30にはエアコンを切らないと

暑くて大変なくらい。




そんな今年の冬。

1週間ほど前、異変が起きました。


まず、庭で飼育していた主人の愛魚らんちゅうが

高温による水質悪化で多くの子が死んでしまいました。





もう一つは、庭で育ったアゲハの蛹。




レンガについていたのを晩秋に見つけ、あまり場所が良くないので移動しようとしたら

周囲にコバエのようなものがまとわりついていました。



これはもう寄生されているかもしれないと思いながらも

場所を移動して、レンガごと見守っていたのでした。




奇しくも同じ日に、






c0195662_21575739.jpg





羽化途中のまま・・

この子は、蝶になることができませんでした





今更ですが、コバエがまとわりついていたとしても

この子が生きていると信じて

直射光を避ける場所に レンガを置くべきでした・・




~ to be continued ~





by Sippo5655 | 2019-01-31 22:26 | | Comments(19)