2013年 07月 09日 ( 1 )

■■ Japanese Blue に想いを ■■




国蝶がオオムラサキなら


日本を代表する甲虫は 多くの人がそう感じるように




c0195662_213287.jpg



'Rosalia' の学名を頂いたこの子であると 私も、思う





幼虫は

3年間 枯木や伐採木の中で栄養を頂いて過ごす


成虫が見られるのは6~9月 秋には死んでしまう



カミキリムシ=害虫というイメージだけれど


この子のごはんは、花粉や果実や、樹液で

生木を食害することはない




そして、この美しいブルーは

死ぬと急速に失われ 赤褐色化し、標本でこの色を見ることはできない







標本でこの色を

見ることはできない・・・







生きているからこそ美しいということを

あなたは、その身をもって 教えてくれているんだね




朽木を食べて過ごす3年間

その栄養が、こんなにも美しいブルーに昇華するなんて


・・・ふと 蓮の花の微笑みが 脳裏をよぎり



生態を知って ますます好きになった


素晴らしい 日本の 宝物





[ルリボシカミキリ]  ※日本固有種
by Sippo5655 | 2013-07-09 22:19 | 虫いろいろ | Comments(42)