■■ フタスジモンカゲロウ~その儚さを想う~ ■■








c0195662_21323185.jpg





カゲロウのなかまは

「儚い」命の代名詞として認識されていますが

全てが該当するわけではない。




でも、この子は正真正銘 儚き命という宿命を背負っている

画像は成虫になる一段階前の、「亜成虫」

もう一回脱皮して、成虫になると

余生はたった1日とか!?




そして成虫は口を持たず

限られた時間の中で交尾をし

産卵をし、果てるという






私は、この子に惚れて撮影した

翌日 この子は もう 居ないの・・・?



自身の命について、考えた。


もし、寿命が一日しかなかったとしたら。

私は、一体何をして

その大切な一日を過ごすだろうかと。



[フタスジモンカゲロウ]


by Sippo5655 | 2019-06-25 22:17 | 虫いろいろ | Comments(21)
Commented by h6928 at 2019-06-25 22:43
成虫とは性虫である・・・、
みたいな虫っていますよね。
口さえ持たず、ただ相手を求めて交わって果てる・・・。
でも、よぉ~く考えてみれば、
成虫になれるだけでも立派な成功者で、
そこに至らずに生を終える個体も山ほどいるわけで。
ただ、死んでしまうことはまるっきり無駄ではなくて、
他のそれを当てにして命を繋ぐ別の生き物に成り代わって生きる
と考えれば輪廻転生みたいですね。

ボクはオトナになってずいぶん長いこと生きてしまったけれど
誰かの、何かの、役に立ったのかなぁ???
ボォ~っと生きてんじゃねぇ~よ‼ 
そんなセリフが聞こえてきそうですよ(>_<)
Commented by chantake123 at 2019-06-26 06:15
先日、コアジサイの咲く渓流を訪れたとき、カゲロウが葉にとまっていたのを思い出しました。
もしかしたら、その個体も命を終えているのかもしれません。
サナエトンボが飛び上がって小さな虫を捕らえるところも見ました。
自分自身毎日余裕なく生きていて、命の意味を考えることはなかなか無いですが、
美しい渓谷で、思っていた以上に厳しい食物連鎖の世界の一場面を見ていたのかなあと思い改めました。
Commented by peko at 2019-06-26 15:20 x
カゲロウの亜成虫なのですね。
美しいですね。。
成虫になって一日で人生が?終わるなんて。。
でも自分の役目をしっかり終えて果てるのなら十分生きたと言えるのでしょうね。
自分の役目は何だろうと考えるのですが...
何であれ...明日命が終わるとしても目の前の花に水をやる...
この言葉が好きです^^
今自分が出来ることを毎日淡々とこなす...
それしかないかなぁと。。

Commented by naoggio at 2019-06-26 15:48 x
1日と100年、どちらにしても儚いもの。終わる時にはそんなに違いはないかもしれないとも思うのですが、
人間は不幸なことに命を認識してしまうので始末がわるいですね。
さて、明日死にますよということになったら、美味しいものを少し食べて、美味しいお酒をけっこう飲んで、
あとはひたすら思い出に耽ります。

Commented by gonbe-0526 at 2019-06-26 18:52
こんばんは
カゲロウ成虫で1日の命ですか、確かに儚い命の代名詞ですね。
このカゲロウの卵も優曇華の花なんでしょうか?
以前我が家に優曇華の花が咲きました。
カゲロウの卵と分かっていましたので見守っていましたが、果たして何匹旅立ってのか
卵は全部空になっていました。
Commented by Pastel24s at 2019-06-27 19:12
学名 「 ephemera japonica 」まさに日本を代表する儚い命なのですね。
市内の川沿いで毎年観察しておりますが、いつも見かけるのは極僅か、一般的には
成虫期間の短い自然界の生き物たちは種を残すためには、同時期に大量に発生する
のが常ですが、そのような状況は見たことが無いのに、種を繋いでいるのを不思議
に思っています。
羽化後は数日の命かも知れませんが、清流の中で過ごした10ヶ月に楽しいこと
辛かったこと、いろいろな思い出がたくさんあるのかも知れませんね。
小生の観察からは特に亜成虫の場合は葉裏でじっとしていることがほとんどでした。
お写真、どのような状況で撮られたのか、また個体数など気になるところです。
Commented by tanaka-masato at 2019-06-27 20:53
お晩なんやした、、Sippo さん。
脱皮してから一日の命だったら~考えさせられました。まだ、考えて
います!ホントに考えているのだろうか?も含めて~有難うございます!
Commented by の子 at 2019-06-27 21:34 x
一日の命、
はかないですね。
言葉で言い表せない、私だったらと・・・・・。
Commented by hiro-photo at 2019-06-28 18:31
こんばんは。
僅か一日の命ですから、物を食べる必要が無く、口が無いのでしょうか。
それを思うと、なんだか生まれてきたこと自体が哀れに感じますね。
Commented by ぼんぼん at 2019-06-28 21:42 x
生物のありかた、目的をひしひし感じる昆虫の1つですよね
確実に、広範囲に、可能ならば今まで不可能だった範囲にも進出したい
種族の繁栄のみが目的、、、 ストイックすぎます

成虫になると栄養を摂る口がなくなる昆虫ってちょこちょこいますよね(蛾の仲間とか)

種族の繁栄への執念が適応や進化を生むのでしょう
Commented by tanuki_oyaji at 2019-06-29 11:57
Sippoさん、こんにちは〜♪
フタスジモンカゲロウですか、
カゲロウにも種類は色々とありそうですね。
たった1日の儚い命、思いを遂げられると良いですね。
Commented by 山本 at 2019-06-29 23:19 x
こんばんは、Sippoさん、
一日しかない命ですか。それはもう種を残す事にのみに必死になるのでしょうか。
Commented by hirosi906 at 2019-06-30 22:16
この子はいち日しか生きられないんですね。
これも運命なのかも・・・。
水の中で生まれて何日か過ごすんでしょうが、
水の中で何日生きるのかな??
Commented by happysweet1205 at 2019-06-30 22:45
こんばんは
カゲロウって以前Sippoさんのブログで
初めて見て知ったんですよね~。
たった1日の儚い命・・・
口を持たず 産卵をし果てるって
そんな生物がいるとは思いもしませんでした。
短い時間の中で相手が見つけるのも
必死でしょうね。
Commented by kame-photo-2 at 2019-06-30 22:56
こんばんはです!
食事も摂ることなく子孫を残して果てる・・
しかも僅か一日、儚い命ですよね〜
無事子孫が残せればいいですが、それさえ叶わぬ子も沢山いるはず・・
P!
Commented by pmc-beetle at 2019-07-01 09:31
おはようございます.
今日から7月.
1年の後半戦の始まり始まり〜!

「亜成虫」ですか・・・.
恥ずかしながら,初めて聞いた言葉です.
そして,子孫繁栄の営みにだけ残された短い時間.
白い体から儚さがにじみ出ていますね.

命を,人生を考えさせてくれるカゲロウです.
Commented by 10max at 2019-07-01 20:56 x
こんばんは。
成虫になってたった1日ですか・・・
幸運にも子孫を残せれば良いですがそうでなければ一体何のために生まれて・・・
などと考えてしまいますね。
どうしてこういう形に進化を遂げたのか、不思議なことにだらけです。
せめて精一杯この世界を見て悔いなく一生を終えて欲しいものです。
Commented by h_e_r_om at 2019-07-01 22:46
こんばんは♪
たしかに 儚いなぁ。。。
人生の終わりが近づくことは辛くて怖いから
突然絶えることのほうが いいかな。。
そのためにも、身辺整理はできるだけ済ませておかねば!^^;
Commented by ichizo88 at 2019-07-03 08:33
カゲロウにとっては長い一日かもしれないですが、
やはり儚いと感じますね。
Commented at 2019-07-04 07:11
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by himeoo27 at 2019-07-07 13:59
このような昆虫を観察すると
80年くらいの人生とは言え
遊びにしろ、仕事にしろ、学問にしろ
1日、1日を大切に生きないと
と何時も反省しきりです。
名前
URL
削除用パスワード
<< ■■ 梅雨長過ぎ~~っ ■■ ■■ 主役はどこだ!? ■■ >>