■■ オンブバッタ先生! ~2~ ■■






まずは、「オンブバッタ」の名前の由来から!




c0195662_21551080.jpg





コメント欄にてリクエストを頂いたので

先日、急遽撮影して参りました~!






本題の「極小」オンブバッタ。

狭い我が庭で見つけたとき

Sippo☆はこう思いました。



きっと、お庭の土や植物が貧相だから、

栄養いっぱいとれなくて

この子は、こんなに小さくなってしまったんだ、って・・・




それはそれで、その大きさを

なんとかお伝えしたい。

どうしたら・・・?


考えた挙句の妙案が1円玉でした。



庭に出る。

探す。

見つけた。


撮影準備。



ところが、その時

なんともう1匹いるではありませんか!




だったら、2匹一緒に・・・

もくろんではみるものの

実際は、とても大変なのでありました。130.png


(副産物のカメムシさんまでやってきた)




c0195662_21551809.jpg




小さくても、羽がありますから。



飛びますから。




庭で一人、黙々と悪戦苦闘。







c0195662_21552505.jpg




なんとか1円玉お小遣い作戦成功!





よし。これで大きさはお伝えできそうだ。

安堵130.png





次の瞬間。



えっ・・・!?





c0195662_21553550.jpg




このとき やっとわかった。

この小さなオンブバッタさんは

栄養不足なのではなく

「幼虫」さんだった、っていうことが。







c0195662_21554198.jpg




だって、羽が生えていないもん!!




あまりにも身近で 

小さくて。

だから、強く関心を持つこともなかった




それ故 知らなかった。

些細なことだけれど

最も身近な我が庭で

謎が解けたこともまた嬉しくて。






オンブバッタ先生

ありがとう172.png






c0195662_21555099.jpg










by Sippo5655 | 2018-11-05 22:22 | 虫いろいろ | Comments(24)
Commented by nika4 at 2018-11-05 23:06 x
こんばんは。
幼虫だったのですね、なるほどです。
最後の顔のどアップ写真、ナイスです!
それにしても、変な顔をしています。
Commented by mikiosu at 2018-11-06 04:02
こんにちは。
あ、そうだったんですね。
今思えばなんで気がつかなかったんでしょう。て言うか幼虫は見たことないような…。
Commented by h6928 at 2018-11-06 10:08
オンブバッタの男のコは
小さいと言っても女のコの半分くらいですよね。
極小サイズで翅がない幼虫バッタさん、
えっ?この時期に!? が驚きです。
もしかして、秋の早い時期に生まれた卵が
春が来たと思って孵化しちゃった?
温暖化の影響もあるのかなぁ。
言葉は発しなくても身を持って色々教えてくれていそうな
先生ですね。
Commented by hiro-photo at 2018-11-06 18:34
こんばんは。
庭があれば、色々の虫にもあまり苦労せずに会えそうですね。
好きな事に没頭出来る幸せが、コメントでも伝わってきます。
Commented by peko at 2018-11-06 22:17 x
幼虫さんだったのですね~^^
可愛いはずですね~^^
最後のお写真^^可愛過ぎ!!!
お顏も背景もバッチリですね(^_-)-☆
応援です☆彡
Commented by ぼんぼん at 2018-11-06 22:41 x
おんぶー おんぶー♪
おんぶおばけ~♪ (しつこい ^m^)

お子様でございましたか!
てっきりうだつの上がらないオスだと思ってました
、、言われてみれば確かにマイクロ過ぎるかも です

もしやこの幼虫状態で越冬するのでしょうか
なかなかタフですね(^O^)

それにしても小さいとは言え、バッタをしばらくもう1匹乗せて普段の生活をするとは、、
昆虫の筋力ってやっぱりスゴイ!!
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2018-11-07 06:39
お庭でオンブバッタが見られる事が
まず持って羨ましい〜。
幼虫なのかなとは思いましたが
季節がらこの時期でも幼虫でいる事が不思議…。
最後のお写真に
ほのぼの、ほのぼの🎶
Commented by pastel24c at 2018-11-07 19:23
お庭の片隅、白い厚紙、手作り公園、一円玉がまるで遊具のようです。
オンブバッタに極小カメムシまで遊びに来て、賑やかですね。
こんな時期にバッタの幼虫に出会うなんてビックリです。
あと何回の脱皮で羽が生え、飛べるようになるのでしょうね? 
狂い咲きならぬ、狂い孵化だとするとお庭で冬が越せるのか心配です。
今日の立冬、どんな想いで迎えたことでしょう。
Commented by ichizo88 at 2018-11-07 21:12
小さすぎて、つまんだらつぶれそうです。
でも姿は相似形。どうみても親子ですね。
Commented by h_e_r_om at 2018-11-07 22:04
こんばんは♪
極小の中に真実があったんですね!
ラスト、いいね!^^
Commented by pmc-beetle at 2018-11-08 12:22
見慣れたバッタ君でしたが,
小さいのが幼虫だったとは・・・.
よく見ないと,ほんと,見過ごしていますね〜.
自然を・・・.
Commented by 10max at 2018-11-08 21:04 x
こんばんは。
どこにでもいるオンブバッタにも、ちゃんと見てあげると発見があるのですね〜!
それにしても小さくてかわいいですね。
最後の一枚、じっとこっちを見つめてる感じでとても愛らしいです♪
Commented by asitano_kaze at 2018-11-08 23:08
そうですよね。虫を1匹撮るのは簡単ですが、2匹一緒にとなると俄然難度が高まりますね。
でも、1円玉の上にちゃんと乗ってくれましたね。
あはは、このおちびちゃん、あまりにもチビ。
幼虫でしたか。うん、そんな顔つきをしてますね。
Commented by hiro-photo at 2018-11-09 18:55 x
こんばんは。
好きこそ物の上手なれ・・と言いますが、オンブバッタでここまでに盛り上がれるものなのですね。
私も小さな花を写すのは好きですが、ここまでのめり込んでいけるかどうか、自身がありません。
Commented at 2018-11-09 23:31
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tanuki_oyaji at 2018-11-10 12:28
Sippoさん、こんにちは〜♪
オンブバッタのお子様でしたか、こんなに小さいんですね。
外で潜んでいると見つけられそうもないですね。
Commented by himeoo27 at 2018-11-10 20:29
最後の淡いピンクを背景に
こちらを向いた
オンブバッタ君の正面顔
とっても可愛いですね!
Commented by happysweet1205 at 2018-11-12 01:02
こんばんは
やはり幼虫だったんですね。
ラスト ケイトウの花でしょうか
ピンクにバッタさんのお顔がめっちゃキュートですね^^
紫陽花の頃にこんなシーンを撮りたいと思い
探したことがあります。
Commented by kokoko1965 at 2018-11-12 06:56 x
「ちっちゃ・・・」

pp。
Commented at 2018-11-12 08:33
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yurinBD at 2018-11-12 12:32
ラストのオンブバッタ先生、可愛さ満点ですね!
それにしても幼虫の小ささには驚きました。
Commented by vangino at 2018-11-12 22:22
こんばんは
この時期にもこんなに小さいオンブバッタがまだいるんですね・・
寒くなる前に成長しないと厳しい季節を迎えます。
たしか成虫では越冬しませんよね?☆
Commented by kame-photo-2 at 2018-11-12 22:46
こんばんはです!
この時期にオンブバッタのおチビちゃんとはビックリですね〜
成虫越冬できるツチイナゴならわかりますが、どうなるんでしょうね〜
オンブバッタ、我が家では大葉の葉を食い荒らす困ったちゃんなんですよ(笑)
Commented by toshipho4 at 2018-11-13 21:39
こんにちは。
赤い橋は普通の道路ですよ。
線路なら電車が通っているときは絵になるのでしょうね。
P!
名前
URL
削除用パスワード
<< ■■ 原点 ■■ ■■ オンブバッタ先生! ■■ >>