■■ 原点 ■■



夕暮れに佇む ヤマトシジミさん・・・





c0195662_21094029.jpg


晩秋に出会うこの子は

どこかほっとする風合いを醸し出している







虫さんが大好きになって、

来る日も来る日も 近所をうろちょろ撮り歩いていた時

足元にいたのが、ヤマトシジミ。



名前もわからない。

でも、この子はチョウチョだよね!?可愛いっ



匍匐体制で 撮影してた。




ある程度撮影して、ふと気づくと

何やら、匂う。


真横に、ワンコの〇〇〇155.png



そんな懐かしい思い出が 蘇る



ヤマトシジミという蝶が ありふれた蝶であるということは

撮影を重ねるたびに わかってきた。



それでも、初めて出会った時の感動は

ずっと変わらず 我が心の中に 生き続けている




翅を開くと 宝石が輝く






c0195662_21094962.jpg


この子の存在は

いつも 私を原点へを導いてくれる





早いもので、今年も残すところ1カ月半。




ぎりぎりまで迷っていましたが

来春、9回目の個展を開催することにいたしました。




4月4日(木)~4月7日(日)
原宿 デザインフェスタギャラリー EAST301






この2年を振り返ると

興味の対象が、広く昆虫全般に広がった感じがします。

よって、展示内容も、様々な虫さんが登場することになると思います。




これは 自然の流れであり

また今後も続けていく以上

ずっと保ち続けるスタンスになると思います。



また、会期が近づきましたら、あらためてご案内させて頂きます。


まずは、お知らせまで!179.png









# by Sippo5655 | 2018-11-13 21:42 | | Comments(13)

■■ オンブバッタ先生! ~2~ ■■






まずは、「オンブバッタ」の名前の由来から!




c0195662_21551080.jpg





コメント欄にてリクエストを頂いたので

先日、急遽撮影して参りました~!






本題の「極小」オンブバッタ。

狭い我が庭で見つけたとき

Sippo☆はこう思いました。



きっと、お庭の土や植物が貧相だから、

栄養いっぱいとれなくて

この子は、こんなに小さくなってしまったんだ、って・・・




それはそれで、その大きさを

なんとかお伝えしたい。

どうしたら・・・?


考えた挙句の妙案が1円玉でした。



庭に出る。

探す。

見つけた。


撮影準備。



ところが、その時

なんともう1匹いるではありませんか!




だったら、2匹一緒に・・・

もくろんではみるものの

実際は、とても大変なのでありました。130.png


(副産物のカメムシさんまでやってきた)




c0195662_21551809.jpg




小さくても、羽がありますから。



飛びますから。




庭で一人、黙々と悪戦苦闘。







c0195662_21552505.jpg




なんとか1円玉お小遣い作戦成功!





よし。これで大きさはお伝えできそうだ。

安堵130.png





次の瞬間。



えっ・・・!?





c0195662_21553550.jpg




このとき やっとわかった。

この小さなオンブバッタさんは

栄養不足なのではなく

「幼虫」さんだった、っていうことが。







c0195662_21554198.jpg




だって、羽が生えていないもん!!




あまりにも身近で 

小さくて。

だから、強く関心を持つこともなかった




それ故 知らなかった。

些細なことだけれど

最も身近な我が庭で

謎が解けたこともまた嬉しくて。






オンブバッタ先生

ありがとう172.png






c0195662_21555099.jpg










# by Sippo5655 | 2018-11-05 22:22 | 虫いろいろ | Comments(24)

■■ オンブバッタ先生! ■■




ご存知、オンブバッタさんです。






c0195662_22090233.jpg



別に、背景処理したわけではありません。

白い厚紙の上にいるだけです117.png






オンブバッタさん

お小遣いが足りないから

Sippo☆のお財布の中の

1円玉が欲しいと言ってきました。






c0195662_22091765.jpg




・・・で、何枚欲しいの?


オンブバッタさん:全部欲しい158.png





はいはい、わかりました109.png



今回、あなたは私の先生になってくれたので

特別、ご褒美だよ~♪






さて、トップの子ですが。



お小遣いをおねだりした子と比べてみてくださいね~




c0195662_22091134.jpg




ちっちゃ!!!

~ to be continued ~




# by Sippo5655 | 2018-10-29 22:23 | 虫いろいろ | Comments(23)

■■ 10月ふわり ■■




春から秋にかけて 温暖な地域へと移動を繰り返しながら

生きる蝶



特別、越冬態を持たないこの子は

冬には、死滅してしまう



東京で見られるのは 8月くらいから・・・


この蝶に出会うと

秋が近づいていることを実感する。





秋を呼ぶ蝶






優しい風合いのこの子は


ピンク色が




c0195662_22261603.jpg


本当に お似合い・・・





久々に チョウチョと共にくつろいだなあ・・・





ゆったりと お食事を楽しむ この子の傍らで

なんともいえない 穏やかな

蝶時間が流れてゆく






満開のミゾソバは


さらに優しく

この蝶を 包みあげていた









c0195662_21524255.jpg




10月・・・ふわり







[ウラナミシジミ]





# by Sippo5655 | 2018-10-19 21:46 | | Comments(24)

■■ 人知れず努力する ■■





運動会だもん。。


今年こそ、勝ちたいんだもん!!



得意技は、鉄棒。

それしか出来ないから、

それで、頑張るんだ!!!





勝つためには

練る時間も惜しんで

ひたすら、練習、練習160.png



c0195662_21514179.jpg




回れないから

懸垂しか出来ないけど・・・154.png


与えられた環境で

最大限の努力をすることが大事


そう、Sippo☆さんが教えてくれたっけ174.png








おっしゃあ~~~!!




c0195662_21515373.jpg



頑張るぞ~~~っ166.png



※名前調べてません(汗)

懸垂頑張ってる蛾さんだから、

あなた ケンちゃんでいい!?


ケンちゃん、ガンバ165.png


※追記 10/15
名前判明・・・「オオエグリシャチホコ」のようです。
ご教授頂いたmさん nさん
ありがとうございますm(_ _)m



# by Sippo5655 | 2018-10-10 22:03 | 虫いろいろ | Comments(24)

■■ 紅転じて白・・・ ■■




そういえば もう長いこと

チョウチョをUPしていない


いろんな虫さんたちに夢中になっているうちに

夏が終わってしまう149.png



なんだか、急に 彼岸花と黒蝶に会いたくなった。




もう、遅いかもしれない。




彼岸花が終わっていたら

ニラの花周りに移動するかな・・・

なんて思いながら。





久々に訪れたこの地。


紅の彼岸花は、ほぼ終焉だった。



ところが!






c0195662_20580405.jpg




なんといつの間にか、白花の彼岸花が満開・・・!!









c0195662_20581111.jpg


白花にも アゲハが集うとは、

目からウロコ。


周りを取り囲むニラの花には

案の定、イチモンジセセリがいっぱい。




アゲハのなかまは、赤色を識別できるから

紅の彼岸花を好んで集う・・・


では、この白花は? 

紅花と同じ形状だから、蜜の味も同じに違いない

そんな思考回路を 彼らは持っているのだろうか・・・


それとも??




c0195662_20581876.jpg



むせぶような白花の園に圧倒されながら

酔いしれるアゲハたちと

同じ心地になる・・・




実はこの日 家を出る前 こう思っていた。




もう9月も下旬。


蝶がいても、翅はボロボロだろう。

それでも、この猛暑を生き抜いた

力強い姿を、見られれば良いと



まさしく その通りの展開となり

それがまた、ここに来て良かったと思わせるのだった





c0195662_20582497.jpg










c0195662_20583001.jpg



黒系のアゲハを間近に見られる 最大のチャンスは

彼岸花舞台。


紅花叶わずも 想定外の白舞台に

とまどいながらも浸ってしまったのだった。







ナガサキアゲハもやってきた



懸命に生き抜いた証の翅




c0195662_20583695.jpg


右の翅に 謎の、「M」


さて、何をこの子は伝えようとしているのだろうか。


Mの文字を見つめながら

一生懸命、考えた。





皆様には この子が なんて言っているように思われましたか・・・?











私が受け取ったメッセージは

「また来てね!!」

182.png








# by Sippo5655 | 2018-09-29 21:51 | | Comments(30)

■■ 出逢いの架け橋 ■■




カスミカメ行脚が終わって

また無心で散策していた時の出逢い。



スケルトンがスケルトンを呼んだのか。





なんかもう、、




c0195662_21554616.jpg





なんじゃこりゃ!?




お腹にビア樽隠してるし。


お目目は完全に二日酔いだしぃ126.png


もう何でもアリ~~の!!103.png




このデザイン、もはや説明不可能><




虫って、、、、、!!


ますます好きになる162.png







初めましての出逢いは、本当に嬉しいし


それは、そのまま

生物多様性の喜びに繋がる


また、お友達が増えた。

宝物が、増えた。



みんなが守られるように

地球という星を、大事にしなきゃね!!




[ツマグロスケバ]







# by Sippo5655 | 2018-09-21 22:24 | 虫いろいろ | Comments(24)

■■ 日陰に輝くステンドグラス ~fin.~ ■■




初めての出逢いから、何回通ったことだろうか。




まずは、前記事で群がっていたユリの蕾の開花を待つ。



やった、開花していた・・・!!





でもね。


c0195662_22054797.jpg




点々が、気になってしまった私121.png


自然相手って、そういうもんだと

わかっていながらも・・・





ならばと、ギボウシにも来るらしいから

ギボウシをひたすら探す。


やっと、見つけた!!




でも、そこは足を踏み入れることができない

崖っぷち140.png



c0195662_22060148.jpg


ああ。。。




と思えば









c0195662_22061156.jpg



ちょっと、そこも今ひとつな気が135.png




カラフルなあなたは

純白とか、似合うと思うんだけど・・・!!




あ。純白といえば・・・!!



c0195662_22062015.jpg

ヤブミョウガ。



う~ん、でも、少し寂しいかも120.png






もう少し満開ならね。。。




毎回毎回、フラれながら

メマトイと薮蚊にくじけそうになりながら




とりあえず、今季、この子の撮影は

ヤブミョウガで〆ることにした






少し違うカットを、なんとか耐えながら撮り続けていたのだけど

今、冷静になって検証してみると


このカットの方が綺麗かもしれない。




c0195662_22062606.jpg



この子は、瞳もまた透明感溢れるレッドで

まるで、ルビーのよう。




ヤブミョウガは逆さまだけど

カスミカメさん優先!






この日、撮り終えてから

薮蚊に刺された痒みと、メマトイを払いのけた疲れとで

逃げるようにこの場を走り去ったこと。


今でも、鮮明に記憶に残っている。





でも、それ以上に

今こうして画像を振り返り


あらためて、このスケルトンのカメムシさんの美しさに

ため息つきながら


幾度となく繰り返した言葉






へぇ。。。

これが、カメムシ!?154.png







間もなくこの記事を投稿して

第一番読者として記事を読み




きっと、また同じことを思うであろう自分が

想像できちゃったりする169.png


2018夏の 素敵な思い出になった!!




[アカアシカスミカメ]




# by Sippo5655 | 2018-09-14 22:37 | 虫いろいろ | Comments(25)

■■日陰に輝くステンドグラス ~ 2 ~■■



初日、主人が一緒ということもあって
あまりじっくりとは撮らずに終えた。


珍しく主人の方から
「もっとちゃんと撮れば?」と言ってきたのが不思議だった・・

真夏の日陰といえば、やぶ蚊の宝庫。
他人の撮影を何もせず待とうとは普通、思わないよね・・



この主人の一言が、帰宅してからどんどん大きく響いてきた。


そのくらい、見れば見るほど不思議な美しさを
この子は、放っていた。


撮り直そうと再びこの場所に訪れたが、
その日は会えずじまい・・・


諦めず、この子たちがどんな環境を好むのか
もっと突っ込んで調べてみる。


日陰の、ギボウシなどの「花穂」を好むという



日陰 そして 花穂

キーワードはこの二つね♪

もう一度、Let's Go!!165.png






そして巡り会えたのは、ユリと思われる花の 花穂・・?
じゃない、まだ蕾154.png



再会を夢見て歩き通した甲斐あって

というか、あり過ぎて4匹162.png






c0195662_22134508.jpg





4匹はいいけれど。


う~ん、できればお花の色で包みたいなあ(贅沢!)










c0195662_22135303.jpg



4匹は多過ぎるから、2匹の方がいいのかなあ・・(超贅沢!)




う~ん、でもやっぱり、お花の上がいいっ





カスミカメ奮戦記は、予想外に長~く続くのであった。。。


そんな長丁場を物語る、バッタさんたちを紹介して
今回の記事は〆ます。








c0195662_22140530.jpg

Sippo☆が名づけたこの子の愛称は、ぱちくりこちゃん。

[ササキリ]

カスミカメさんに出会う前日の撮影。












c0195662_22141705.jpg

2週間後。
まだ私はカスミカメを追っていた


ぱちくりこちゃんは、少し大人になっていた。









c0195662_22142838.jpg




そして、この子も大好きな

[アシグロツユムシ]





c0195662_22143596.jpg


この子も大人びてきた


Sippo☆さん、ようやるわと言っているようだ168.png


ササキリも、アシグロツユムシも
ちっちゃな頃と 少し大人びた頃の両カット
奇しくも同じ日に撮影していた。


これは単なる偶然か、
さてはカスミカメ奮戦記の ”名脇役”として出演させてと
この子たち 共謀したのだろうか!?115.png




~ to be continued ~











# by Sippo5655 | 2018-09-07 22:01 | 虫いろいろ | Comments(19)

■■ 日陰に輝くステンドグラス ■■







この子に出会ってから

これまで、カメムシに抱いていた印象が

まるで変わってしまった。



もちろん、日陰という環境に対する印象も!







c0195662_22072237.jpg



その体長は 8mm程度



気をつけていないと 見落としてしまいそうなくらい

それは 小さなカメムシさん。




だけど、この透明感と

ステンドグラスさながらのカラフルな色彩は・・・・・


あなた、本当にカメムシさん!?(◎-◎;)!!






7月中旬、初見。


それから、タマムシと並行して

8月上旬まで、この子を追いかけた私110.png




猛暑に虫熱勝つ174.png



[アカアシカスミカメ]


※日陰を好む。


~ to be continued ~





# by Sippo5655 | 2018-08-27 22:30 | 虫いろいろ | Comments(26)