■■ 第9回 個展開催のお知らせ ■■


輝く小さな命たち
9'th stage
2019年4月4日(木)~4月7日(日)






c0195662_22032503.jpg




会場:原宿 デザインフェスタギャラリー EAST301
11:00~20:00
(最終日は17:00迄)

※追記 3/18
初日のみ 13:00~とさせて頂きますm(_ _)m
(搬入が当日10:00~なので展示が完成するまで時間を必要とするため)

※私の在廊時間
4月4~5日 11:00~18:00
4月6~7日 11:00~19:00




私たちの足元で 健気に生きる
昆虫と呼ばれる小さな命たちの表情を
マクロレンズで捉えた写真展です。

肉眼ではなかなか見ることのできない世界が
大きな写真となって、私たちに語りかけてくるものは・・・


お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りください。

心よりお待ち申し上げます。


木村 藤香

# by Sippo5655 | 2019-03-03 10:18 | 個展 | Comments(32)

■■ 一亀二鳥 ■■



◆◆ Diary ◆◆




今日の東京は、最高気温が19℃まで上がり

まさに小春日和!


午後オンリーのお出かけでしたが




c0195662_21474836.jpg



こんな光景が110.png




鳥さんの名前は、左がオオバンさんで

右は、何カモさん??

疎くてすみませんっ(汗)



午後オンリーでも出かけて良かったと思えた

ほっこり瞬間でしたぁ162.png




# by Sippo5655 | 2019-02-20 22:01 | Nature Snaps | Comments(24)

■■ 真冬の羽化 2 ■■






生まれようとする命のまなざしは

神々しいほどに、鋭く





c0195662_22095722.jpg




季節を間違えたとか、そんなレベルでなく

とにかく、生きる 生きるんだという

エネルギーに満ちていた






c0195662_22100566.jpg




触角が欠損・・・

その理由を、聞きたくても

答えは、闇の中。








ここ数年 思うこと。

春の花が秋にまた咲く現象が、年々増えている気がする



今日現在、クサノオウがいくつも開花し

ハルジオンが蕾を膨らませている・・・




そして、本来なら秋には死に絶えるはずの虫が

今、越冬している。




たとえば、ジョロウグモ。数日前、まだ生きていた。



木をほじくったら、ユミアシオオゴミムシダマシという虫が

枯れ葉にくるまって、必死に生き延びていた。




ナカウスエダシャクという蛾が

羽化していたのは、4日前の出来事。





そして最高気温が17℃となった今日の東京

なんと亀が甲羅干しをしていた。。。




行きつくところは、地球温暖化。


この子の羽化も、それと全く無関係とは言えないような気がする











c0195662_22101381.jpg




先日、大きなプラスチックの容器が空になって

ゴミには出したくない。

リサイクルしたい。


でも、どこに持っていったら良いのか、わからない。


結局、普通にゴミに出す。


一言、メモ書きで「リサイクルお願いします」と書いたとしたら

果たして、回収の方は、そのようにしてくれただろうか・・・?




この子を見つけた数日後

主人が、別の蛹を発見した。



狭い我が家の庭で

頑張っていたんだね。



間違って羽化しないように


今は 冷蔵庫の野菜室で

過ごしてもらっています。



頃合いをみて また野外に出してあげようと思います。


この子が無事、チョウチョになれますように・・・!!









c0195662_22102041.jpg








# by Sippo5655 | 2019-02-07 22:40 | | Comments(20)

■■ 真冬の羽化 ■■




Sippo☆は マンションの1階に住んでいます

南に面した庭があるのですが

すぐ隣は団地。



冬場は特に団地に日光が遮られて

庭に陽が射してくるのは、午後1時過ぎ・・・



その団地が、建て替えのため取り壊されて

今は、更地です。


よって庭には朝から燦燦と太陽の光が降り注ぎ、

密室のマンションでは、晴天なら9:30にはエアコンを切らないと

暑くて大変なくらい。




そんな今年の冬。

1週間ほど前、異変が起きました。


まず、庭で飼育していた主人の愛魚らんちゅうが

高温による水質悪化で多くの子が死んでしまいました。





もう一つは、庭で育ったアゲハの蛹。




レンガについていたのを晩秋に見つけ、あまり場所が良くないので移動しようとしたら

周囲にコバエのようなものがまとわりついていました。



これはもう寄生されているかもしれないと思いながらも

場所を移動して、レンガごと見守っていたのでした。




奇しくも同じ日に、






c0195662_21575739.jpg





羽化途中のまま・・

この子は、蝶になることができませんでした





今更ですが、コバエがまとわりついていたとしても

この子が生きていると信じて

直射光を避ける場所に レンガを置くべきでした・・




~ to be continued ~





# by Sippo5655 | 2019-01-31 22:26 | | Comments(19)

■■ 椿の蜜 謎解ける ■■




↓記事の椿。

とても高いところで咲いていて、

間近での観察は叶いませんでした。


その後、同じ木を訪れたら

ほぼ目線で観察できる花に・・・





c0195662_21571598.jpg


蜜が、とろ~~り♪


触ってみたら、硬くなってました!!


この冬は野鳥が異常なくらい少ない

それと何か関係があるのでしょうか。





話は変わりますが。110.png

先日、可愛いお菓子を見つけたので179.png





c0195662_21572247.jpg


春の訪れという名前でした。

箱詰めされていたのですが

箱から出して、Sippo☆レイアウトしちゃった178.png

和菓子の中に、チョウチョやテントウムシがいるって

なんか、嬉しい。


ちなみに、ラムネ菓子のような感じで、

ひたすら甘いです(o^-^o)



# by Sippo5655 | 2019-01-25 22:12 | Nature Snaps | Comments(20)

■■ 裸木たちの声を聴く ■■





幼い木は 隣の親木に語りかけた



ねえ パパ、寒くないの・・・?


寒くなんかないさ。

毎年、繰り返しているからね。



だって、この北風は凄く痛いよ・・


痛いと思うから、痛いんだ。



よく思い出してごらん。

おまえが今在るのも

この冷たい北風あってこそだと

思わないか・・・?







c0195662_22211714.jpg





ねえ パパ、覚えてる?

まだ僕が幼い頃

小枝一本、怪我したときのこと。



怪我した小枝に触れることが出来ないパパは

一晩中、頑張れ、頑張れって

声をかけ続けてくれたんだ。



その小枝が、今 パパに一番近いところにいて

手を繋ごうとしているんだよ!!




※追記

↓記事は、椿の蜜のようです。

ご教授頂いたgさん、aさん、vさん ありがとうございますm(_ _)m



# by Sippo5655 | 2019-01-17 22:49 | Nature Snaps | Comments(20)

■■ 椿 涙か鼻水か ■■




何かとバタバタしていたのですが


今日はゆっくりお散歩できた~174.png





ふと、見上げた椿・・・



ん?  何やら??








c0195662_22270593.jpg





これ、何だ。



ちなみに今日の最高気温は7℃。


涙・・・


はたまた







c0195662_22271304.jpg





お手上げっ


椿さん 教えて。


116.png




ということで!!


今年度も、大いなる好奇心をもって

ネイチャー探索、続けます!





# by Sippo5655 | 2019-01-10 22:40 | | Comments(20)

■■ 2019 新年に寄せて ■■







新年明けましておめでとうございます。





c0195662_21430402.jpg


2019年


皆様にとって 素敵な一年間でありますように・・・


本年度も Sippo☆のネイチャー探索記2を

どうぞ宜しくお願い申し上げます。



木村 藤香



# by Sippo5655 | 2019-01-01 21:51 | | Comments(34)

■■ 一寸の虫にも心あり ■■





前回の続きです。







c0195662_21120845.jpg









c0195662_21121431.jpg








c0195662_21122700.jpg











c0195662_21123430.jpg





というわけで、

正解は④でした!!




触角を交わしている間

彼らがどう感じていたかはわかりません。



何事も無かったように

両者はお互いの進むべき道を歩んだ



この顛末をカメラで追っていたSippo☆は

ドキドキドッキドキ

一体どうなるんだろう!?って。


初冬の時期になって、こんなにも虫さんに

夢中になれる瞬間に巡り会えたことは

とても幸せなことでした。





本記事が今年度最後の投稿となりますので

この4コマに 虫さんの心を

入れてみました


moreからお入りください110.png








More
# by Sippo5655 | 2018-12-27 22:13 | 虫いろいろ | Comments(28)

■■ 同級生 ■■




アカスジキンカメムシ 幼虫さんです。



カメムシさんは、学校に通うことはしません。


従って、同級生であっても、知らない仲。



そんな彼らが、



c0195662_22003711.jpg










避けて通れない一本道で。










c0195662_22004446.jpg











c0195662_22005444.jpg





ここで問題。


この後、彼らはどのような行動に出たでしょうか。


① 闘った

②求愛した

③無視した

④仲間であるか確認するために触角を交わした

⑤どちらも驚いて死んだふりをした



~ to be contiued ~





# by Sippo5655 | 2018-12-21 22:28 | 虫いろいろ | Comments(25)