<   2017年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

■■ あきいろのびんせん ~ 2017 ~ ■■









c0195662_21564882.jpg









[ウラナミシジミ]







by Sippo5655 | 2017-10-27 22:16 | | Comments(27)

■■ 空を斬る ■■








実を言うと

コスモスに埋もれながらも


少し先にこんもり茂る

雑草に埋もれた

あの「黄色い森」が どうにも呼んでいて・・・



気がつくと 足はそちらに向かっていた









c0195662_22474411.jpg





さらに凛々しく映えていた蝶。




↓のツマグロヒョウモンとの違いは

成虫で越冬するということ。



翅先が 鋭く尖る。



厳しい冬との闘いに勝てるようにと

神様が 下さった・・・

これもまた お守りのようなものなのだろうか。






[キタテハ]





by Sippo5655 | 2017-10-20 22:12 | | Comments(26)

■■ 凛 ■■





コスモスと キバナコスモス。



花としては コスモスの方に惹かれるけれど

+蝶となると、話は別で

圧倒的に、キバナコスモスに軍配が上がる




それをわかっていながら

この日 会いたかったのは

コスモスの花だった




つい 4日ほど前のこと。


今現在からは想像もつかないくらい

非常に蒸し暑い日だった。


秋風どころか、汗を拭いながら歩くはめになる



そんな中 意外な蝶が 訪れていた












c0195662_21380390.jpg




母蝶。

産卵の合間の 束の間の休憩だった






擦り切れた翅すら

なんかね、


すごく・・・ 格好良かったんだ!!



このシャッターを切った瞬間、

涼風が 駆け抜けた気がした。





そして それまで撮っていた

花だけの写真は

全て お蔵入りとなった(笑)





[ツマグロヒョウモン ♀]











by Sippo5655 | 2017-10-14 22:06 | | Comments(23)

■■ おかえりなさいLOVE♪ 2 ■■





わりと どこにでもいる子は「普通種」と呼ばれ

いる場所に行かなければ会えない子は 「希少種」と呼ばれる


そういう見方で見れば

この蝶は、間違いなく「普通種」



でもね、我が家の近所の 某フィールドには

この蝶は 一匹もいない・・・












c0195662_21381310.jpg


意外に 環境の変化に弱いという・・



別のフィールドに立てば 当たり前のように飛んでいる。





そんな違いを実感するたびに

小さな、地球の悲鳴を聞くような気持ちになる




[ヒメウラナミジャノメ]







そういえば


最近、キマダラセセリを見かける回数が 激減した


数年前には 都心の公園にも たくさんいたのだけれど





↓この子です。





c0195662_21375769.jpg








希少種は 当たり前のように 守られるけれど


現在の、「普通種」が もしも危機に瀕しているとしたら・・・



日々の観察の中で 察知していくしかない



それは、唯一 自然を「破壊」できる力を持った

人間の、心に宿る「義務」でもあると思う





by Sippo5655 | 2017-10-06 22:19 | | Comments(29)