<   2014年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

■■ ありがとう 2014 ■■




静かに 今季を振り返っています




愛猫 ななが亡くなったのは 2月初旬だった

涙を流しながら、個展の額装をした・・




今季は、とことん交通費を抑えて、撮影 頑張った。





悩んで 悩んで・・・ 新しい猫を 迎え入れた





仕事 休みのたびに、歩く、歩く。近場で充分!



今季も、たくさんの 素敵な出逢いが、あったなあ!!





自然の中に身を置ける その時間は、かけがえのないひとときで


その時間を持てることに、感謝を捧げ

次なる出逢いにわくわくしながら 眠りに就く



仕事柄、明日から仕事3レンチャンだから、

今日は今季最後の撮影日となった。



唯一の出逢いは



c0195662_22154463.jpg




暖かな陽気に誘われて、 つかの間の日光浴を




[ムラサキシジミ]








c0195662_22155923.jpg





拙いブログにご訪問くださり、ありがとうございました。


また来年度も、どうぞよろしくお願いいたします。



どうぞ良いお年をお迎えください。




Sippo☆のネイチャー探索記2 管理人 木村 藤香
by Sippo5655 | 2014-12-30 22:38 | Nature Snaps | Comments(23)

■■ 冬の精 ~2~ ■■




枯れ色に染まるフィールドを ひたすら歩く。


こうして歩けることに、感謝の気持ちを捧げながら。





無いからこそ  想像の翼が羽ばたくんだ









c0195662_2202928.jpg




炎でも ましてや 蛍でもなく


いのちを全うした 灯火が



終わりでないと 輪舞を踊る




それを、私は 風と・・・ 光で描く
by Sippo5655 | 2014-12-28 22:10 | Nature Snaps | Comments(22)

■■ 冬の精 ■■






c0195662_22375443.jpg

by Sippo5655 | 2014-12-26 22:39 | Nature Snaps | Comments(21)

■■ 聖夜 2014 ■■




仕事からの帰り道


細いお月様が、本当に綺麗だった



昨年の今頃は 胸水を患った 愛猫ななを なんとか助けてあげたくて

必死だった




今振り返っても、何をどう過ごしてきたのか、

詳細に思い出すことができない




あまりにも辛かった、 別れを

乗り越えた2014年も 終わりを迎えようとしている




今 ららが、私のそばで


もこに遠慮しながら そっと まあるくなっている



ふたりの関係は・・・ まだまだ、ぎこちなく



でも、 おかあさんは 信じている


2にゃんを選んだことが 間違いでなかったことを。






あまりにも、素朴だけれど




c0195662_2361940.jpg




11歳の 年の差を 乗り越えて


毎日が、幸せと 過ごして欲しい


もこ。 らら。


ふたりにまずは捧げたい、 Merry Christmas!!
by Sippo5655 | 2014-12-24 23:21 | Nature Snaps

■■ 7号さん・・・ ■■




6頭のウラギンシジミを見つけることができて

この子たちを見守ることが 

また、自分自身へのエールにもなる


そう思っていた矢先


↓記事に頂いたpastelさんのコメントに はっとした、


もし、7頭目が見つかったら・・・


なな なんだよね



考えた。


また、出かけた。  探した。



歩くこと 4時間半







c0195662_22322267.jpg




これまで見つけた どの子よりも


この子は、地味な葉裏にいた・・・



どうして見つかったのか、今でも不思議に思う。




なな 


この子は、ななと名づけよう







c0195662_22325011.jpg




よく観察してみると、


足をがっちりと葉に食い込ませていることがわかった。







c0195662_22331798.jpg




どんな風雪にも耐えられるように、、


人間でいうならば 歯を食いしばる、いや、それ以上だろう。


動けば 鳥の餌食だ。



なな 頑張れ






c0195662_22333151.jpg




ここにも、冬を頑張る 仲間がいるよ・・・
by Sippo5655 | 2014-12-23 22:44 | 虫いろいろ | Comments(22)

■■ 白銀を探して ■■




越冬中のウラギンシジミたちを励ましに・・・





c0195662_2158363.jpg




1~3号さんは、同じ木にいます(マテバシイ)


いっそ名前を付けてあげることにしました


左から、1号さん→ いっちゃん

2号さん→ にーなちゃん

3号さん→ みっちゃん



みんな、同じ方向を向いています。

太陽の光を、めいっぱい取り込むためなのでしょう。




そして、後日見つけた4号さんも、元気だった


4号さん→ しずかちゃん



c0195662_21585216.jpg










そして・・・  さらに2頭の仲間を 見つけたよ




5号さん→ ころんちゃん



c0195662_21591131.jpg









5時間 歩き通し 6頭目の子は


唯一 椿のお花と一緒だった




c0195662_21593396.jpg



6号さん→ むつみちゃん





自宅から近いフィールドで、こんなにもたくさんの子に会えた


一緒に 冬を 乗り越えようね。





[ウラギンシジミ]




by Sippo5655 | 2014-12-21 22:26 | 虫いろいろ | Comments(22)

■■ 冬 流離 ■■






北風を 季節の精と喜び 流離う この日。







c0195662_2239086.jpg






・・・風 巡る



冷たくなんか、ない。




野を吹く風は、どんな季節でも心地良く


生き返る思いがする。



草上で 冷めたお弁当を食べる 

空の響きと、 鳥の声に包まれながら。


Sippo☆にとっては、極上のひとときなんだ。











c0195662_22391713.jpg




見つけた4頭のウラギンシジミを案じて



ひとりひとりに、エールを送る。











c0195662_22392763.jpg




この子は、4号さん


居場所を変えたか?


無事で、良かった。




越冬蝶で最も見つけやすいのは ウラギンシジミ


4号さんは、まるで白亜の美女のようだった



また来るよ。



そして そっと あなたにエールを送り 帰途につくことだろう。




この日  


こんな子に、出会ったよ。







c0195662_22394287.jpg




体長 2~3mmだろうか


あなたもまた 冬の精・・・なの?



清らかな瞳に 惚れた
by Sippo5655 | 2014-12-19 22:54 | Nature Snaps | Comments(24)

■■ 冬を紡ぐ ■■




ひたすら 時間の許す限り  冬枯れ色の中を 歩く、歩く。





c0195662_22575785.jpg




もこに、ちょっと似ているなあ。








c0195662_22581987.jpg







葉 一枚の中に 宿る 魂。






越冬する蝶を見つけるのは、容易ではない。


今季 マイ・フィールドで 4頭のウラギンシジミを見つけることができた。





この子はそのうちの1頭



c0195662_22584897.jpg




どの子も、撮影となると苦労するような場所にいる。


越冬する蝶を 出来る限り脅かさないように


だから、これ以上のアングルは求めない。



自宅から近いから、ちょくちょく通って 励ましてあげるつもりだ。





クリスマスが近づいている



Sippo☆が描けるイルミネーションは、






c0195662_2259268.jpg




こりゃあ、ハロウインだぁ037.gif




めげずに


これから 私の撮影は、イマジネーションの世界へと 潜ります




同時に なんとかこぎつけた 個展 7'th stageの準備を 進めながら・・・。
by Sippo5655 | 2014-12-17 23:26 | Nature Snaps | Comments(18)

■■ お鳥寄せ・・・のつもりが ■■





頂いた柿が余って、ぶにょぶにょになってしまって


思いつきました。


そうだ、お庭に来る鳥さんに食べてもらおう。







c0195662_22401052.jpg



こんな風に・・・


(画像はその時の光景を再現するために、新しい柿を使って撮影してます)



野ざらしの椅子のため、汚いですね^^; ごめんなさい025.gif




セットした後・・・



そうだ!! いいこと思いついた024.gif



c0195662_2240249.jpg



何気に居場所が定まらない この子たち。









c0195662_2240345.jpg




鳥さんたちがやってきたら、


きゃあきゃあ、わいわいおしゃべりして 柿パーティーになるかもっ024.gif




Sippo☆は、それから毎日、胸をわくわくさせながら 経過を見守ったのでした。



1日 2日・・・ 1週間経っても、誰もやってきてくれません。


ある日 このセットに気づいた主人が、言いました。


「これ、もしかして鳥を寄せるためにやってるの?」


Sippo☆「そうだよ~~んっ♪ ♪ 」


主人「ば~か。来るわけないじゃん!」


Sippo☆「?????」


主人「ふくろうってのは、鳥を食うんだぞ。」


Sippo☆「・・・・・・・・・・恥&汗」






さて、ふくろうは取り除かれ、翌日。


柿は、ほぼ完食されておりましたとさ。



Sippo☆の恥ずかしい失敗談でしたぁ037.gif




※これ、内緒、内緒の 秘密にしておいてね011.gif
by Sippo5655 | 2014-12-15 22:56 | その他 | Comments(31)

■■ あきふゆいろのびんせん ~2014 December~ ■■






あのね・・


このとき  風が、 そよと この子を揺らしたの




そのときの風は 北風より 少しばかり 優しくって








c0195662_2294454.jpg





葉っぱたちも そよと 応えたような気がしたの







Sippo☆は 風の使いになって
 


そよよ そよよと 葉っぱたちに ねぎらいを






秋から冬への つかの間の ひととき。


これもまた、そよかぜと呼んで良いのだろうか・・・






[スギ]
by Sippo5655 | 2014-12-13 22:26 | Nature Snaps | Comments(27)