<   2014年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧

■■ 101 days after ■■



数日前から、私自身の体調が少し崩れた

肋骨の下あたりに鈍痛を感じる


昨日、内科を受診し 肋間神経痛と診断された



もっともこれは「症状」で、病気ではない


薬を飲むほどでもなかったので、ストレスに効くサプリメントでなんとかしようと思う



ななを抱きしめて 励ましながら つい、口に出てしまった


「あのね 今日はおかあさんが病院行ってきちゃった・・・」


それしか言わなかったのに その後のななの表情が変わった


私の行くところ行くところ ついてくる

心配そうなお顔で 私を見つめる なな



思わず また抱きしめて 

「ごめんね、なな わかってしまったの・・

大丈夫だよ、おかあさんの痛みなんて、ななに比べたら、ずっとずっと軽いから・・」


涙が出そうになる。




今日も日中、鈍痛が続いたけど 耐えた


今 神様は ななと同じ痛みを ほんの少しだけ 共有させてくださっているのだと



仕事から帰って 呼吸は安定していたけれど通院する



エコー検査の後 溜まっていても100くらい どうしますかと聞かれる


夜が怖いから 抜いてくださいと言う



前回と同じスパンの中2日で 97cc (前回は154cc)



明らかに、胸水が溜まるペースが遅くなっている!



次回は中3日で通院の予定




帰宅してから ななにも もこにも 伝えたよ


なんか、嬉しいね 本当に嬉しいね


おかあさん太陽は もうすぐ訪れる 春の光の如く  


どんどん 元気に 強くなっていくような気がした



今 不思議と 肋骨の痛みは感じない・・





遊び疲れて眠る 子猫のなな



c0195662_22182688.jpg





年月 巡り・・



23回目の胸水除去に耐え抜いた 今現在の なな


c0195662_22183788.jpg




ここ数日 ブログの記事を書く時聞いている お気に入りの曲がある


今日、診察を終えて会計を待っていた時 偶然にもBGMにその曲が流れた



不思議な力と 因縁を感じた 瞬間だった
by Sippo5655 | 2014-01-31 22:29 | その他

■■ 100 days after ■■



なな 


あれから、もう100日が経つんだね



本当によく頑張ったね 


ななは、スーパー猫だ


おかあさんの、誇りだ・・





ななの幼い頃の写真が収められたアルバムを見つめ直した 昨夜


写真だけで、データは無い

写真をコンデジ撮影してUPすることにしました




c0195662_2262859.jpg



遠い茨城から 我が家にやって来た日  生後2か月の ななです






今日は切らしていたアガリクスのサプリを買いに かかりつけ医院へ出向いた


会話の中で、最近のななは 比較的呼吸が落ち着いているとの話になり


お正月、2回連続で 違う病院で胸水を抜いてもらってから 溜まるペースが増えたこと


そしてこの2回の胸水には、血が混じっていた



かかりつけ医で抜いてもらう胸水には 一度もそんなことはなかった



胸水を抜く処置が下手だと、これが原因でさらに炎症を起こすことがあるらしい、


私の中のレーダーが鋭くキャッチした



ななは 知らない病院で 知らない人に 何をされて


不安で、それでも 耐えて・・・


もうそんな苦しい思いは絶対にさせないよ



ごはんを食べる前に まず鼻でにおいを 


それから、ゆっくり時間をかけて どのくらい食べようか

考えて食べる 



私は、それを尊重しながら 精一杯の観察と ペース配分を考えて


ななの 本当のおかあさんに 近づいている・・
by Sippo5655 | 2014-01-30 22:23 | その他

■■ 98 days after ■■


今日は仕事の日

出勤を9:00にしてもらい、朝 めいっぱいのお世話をして 出かける。


前回から中2日、帰宅したらななが苦しそうにしているのではないだろうか、

気が気ではない。


またもやすっ飛んで帰る。


意外にもななの呼吸は安定していた。


ごはんを食べさせて お薬もあげて 少ししてから通院。



エコー検査の結果、胸水はやはり溜まっていた。



154cc抜いてもらう



通院前 やはり肝臓の膨らみが気になったことを伝えた。


それにしても、これまでこんなに胸水が溜まっていたら、呼吸が荒くなっていたのに

今回はゆったりしていた理由は・・・?



先生が仰った。同じことを考えていたと・・


たぶん、肺のすぐ下にある横隔膜が下がって、胸水が溜まっても呼吸が楽になるように

そんな変化が訪れたのではないだろうかと。


横隔膜が下がることによって、その下の肝臓も膨らんだように見えるのではないかと



それって、、つまり、ななの体がこの病状に順応してきたと?


そんなところかもしれませんねと 先生は仰った。




これって、ある意味凄いことではないだろうか。



自己治癒力という言葉を以前使ったが、まさにそのことに通じるような気がした。


98日にも及ぶ 闘病の日々の中で、

ななの体全体が、ななを助けるために 必死で闘っている・・!!





いつだったっけ、、ななを抱きしめて 言葉にして伝えたことがあった。



「なな・・ ななが今頑張って飲んでいるお薬は ななの辛いところを和らげてはくれるけれど

ななを治してくれることはできないんだ。


おかあさんは、ななを精一杯支えてあげる ごはんとか、お水とか、いろんなことをね。

それで少しでも ななが楽に過ごすことができて


いっぱい力がついて 病気を治すのは、なな、なな自身の中に潜んでいる

素晴らしいパワー だけなんだ、


ななは その力が120%発揮できた時 初めて、病気に克つことができるんだよ!


その力が発揮できるように みんなみんな ななのこと、精一杯サポートしてあげるからね」



ななは 喉をごろごろと鳴らし 応えてくれた あの日・・




そして、今のなな

c0195662_22183210.jpg




仕事の後の通院 さらに1時間待っての胸水除去


帰宅後のななは 自発的に ずっとななを支えてきたa/dを いっぱい食べてくれた




おかあさん太陽は 今日も ななの快復を 信じている!
by Sippo5655 | 2014-01-28 22:37 | その他

■■ 97 days after ■■


今日も 目覚めると ななが枕元に座って

私を見つめていた



ほっとする・・


以前の消炎剤を飲んだおかげか、今日のななは終日ゆったりとくつろいでいた。


ただ、やはり自発的にごはんを食べられないので

小分け冷凍のa/dを、終日何度も口にいれてあげた。


今日、呼吸が速くなったら即通院


でも、呼吸は終日安定していた。



明日とあさってはお仕事だけれど 出勤を1時間遅らせてもらうことにした。

朝のうちに可能な限りの栄養を ななにあげて 出勤するつもりだ。


夕方帰って呼吸が速くなっていたら、すぐに通院する。


かかりつけ医と相談して、仕事の日は強めの消炎剤を飲ませることにした。



今日は、ななともこを見守りながら 少しずつ 個展の準備を進めた





人間の緊張感は、そう長く続くものではなく

さすがに3か月も続くと、どこか自分も正常でいられなくなってくる 危機感が襲ってくる、


そこが限界と考えるようになった。



そして 自分の中に潜む 自己保存力なるものが 何かにストップをかけ

自然に、ボーダーラインが 出来上がってゆく



だって、共倒れしたら 本当に終わりだもの


だからね おかあさんは もう これ以上の無理はしないよ


ただ ななのこと もこのこと 想う気持ちは、ずっと変わりなく


してあげられることの限界はあるけれど

それで充分だと、思うことにしたんだ。


ここ最近は2日に1度、胸水を抜かなければならなかった


初めて 中2日 通院せずに済んだ


それが今は 何より嬉しい



明日のことは わからない


まして私は獣医ではないから  ななの中で、どんなことが起こっているのか

全くわからない、


だけど 今 おかあさんのしてあげられることは


おかあさんも大好きな 野菜のサプリメントと(もちろん猫用、獣医師認定) サメ軟骨のアガリクスのサプリ


これを、混ぜていることが きっとどこかで、ななの力になっていると思うんだ、



いろいろ考えて 置き水にしていたのを、以前と同じ フィルターで循環させる水飲み器に戻した


本当に小さな、試行錯誤の繰り返しだけど


おかあさんは ななのこと なんとか 守ってあげたいんだ・・



さあ、今日も一緒に過ごすことができた、


また明日も 一緒に生きようね058.gif
by Sippo5655 | 2014-01-27 22:28 | その他

■■ 96 days after ■■



今日のななは 朝からまったくごはんを食べてくれない


かかりつけ医に出向き相談し またお薬の変更があった



今飲んでいる消炎剤は、肝臓のお薬に伴って 少し弱い作用のものになったという


これを以前の強めの消炎剤に戻すことになった



変更に伴い 今夜の消炎剤は無し





終日 ぐったりと横たわるななに ビー玉ほどの大きさの 小分け冷凍したa/dを

ちょこちょこと、何度も 口に入れてあげる


野菜のサプリも、 あともう一つ サメの軟骨のアガリクスが入ったサプリも処方されていたので

きっちり1日分の分量を、混ぜる


混ぜた方が、ななもよく食べてくれる



ほとんどの子が もって半年、と 言われた


そんなこと もう、聞き飽きるほど聞いてきた、







こんなにも頑張る ななが 可愛そうにも思えた


もう 頑張らなくていいよ・・と、どれほど言いたかったか、、


でも、その先に待っているものは 一つの道しかない。



今 おかあさんにしてあげられることは 

精一杯の 愛情と 細やかな看護しかない



朝から、もこがニャアニャアと 鳴き続ける


ああ、もこ ごめんね、 健康なもこを 守ってあげることも大切だ!



半分くらい・・  今、一緒にいられる時間を 大切にしようと 思いながらも


まだ、どこかで 奇跡が起こる可能性を 信じている  私がいる・・






c0195662_2216041.jpg




精一杯がんばって 


それでもだめなら その時 初めて 運命を受け入れよう



でも、まだ 生きている限りは 闘い続けよう。


おかあさん 笑顔 まだまだ 笑顔だよ 058.gif
by Sippo5655 | 2014-01-26 22:31 | その他

■■ 95 days after ■■



朝、目覚めると ななが 横にいた


真ん丸いお目目で 私を見つめている・・


ああ、なな


良かった 苦しい夜を 耐え抜いたんだね!!



午前中来院 抜けた胸水は97cc


同じスパンで 溜まる量が減っている



カリカリを食べる頻度が減ったななに 加減を考えながら

a/dを 


繊細な看護が続く



おかあさん太陽は 少しずつ また元気を取り戻しているよ


さあ、まずは おかあさんが健康でいなきゃね!


なな ↑の記事 見えるかな


おかあさんが、毎年 毎年 この日のために 頑張ってきた 


命の輝きを 伝える stageだ



春の息吹に満ち満ちた この想い



100倍にして ななと もこに 届けて欲しい!!
by Sippo5655 | 2014-01-25 22:12 | その他

■■ 94 days after ■■




仕事を昼からにしてもらって、午前中精一杯のお世話をする。

今日は、春のような暖かさになるとの予報


エアコンは早めに切る



お日様が入ってきた



もこの表情が少し和らいだ ぬくぬく




c0195662_22403591.jpg







仕事していても、ななを案じ続け


滅入りそうな気持ちを、なんとか支える



帰宅する。


午前中に比べると、明らかに具合が悪そうな表情だった


a/dをあげても、拒否される

スペシフィックの新しい缶を開けると、まあ食べてくれる、


呼吸は安定している  肝臓の方が具合悪いのだろうか


野菜のサプリは肝臓機能を助けてくれるから 常に混ぜている



家事、その他いろいろ済ませながら ちょこちょこと、ななの様子を観察する


やはり、どこか痛いか、苦しそうだ


見上げる視線が、弱々しい



お薬が変わって、どんな変化が ななの中に起きたのだろう、



これまでの辛そうな様子とは違う、


私は 獣医じゃないから、全くわからない





もう、  本当にだめかと 抱きしめて 泣いた


もこが、鳴く。何度も呼ぶ


遊んで欲しいんだね、 紐を出して、遊んであげる



もこは 変わった。 本当に、変わった。


ななを誘うように 遊ぶんだ いつだって


もこにできる、精一杯の看護だ・・・



涙を流しながら もこと遊ぶ



まだ何か、できるのではないかと、考えながら



野菜サプリのパンフレットを見つめ直してみる


にんじん・・  私も、大好きな にんじん


にんじんを湯がいてみようか


やってみた、でもにんじんって消化が良くないんだっけ、


あげるのはやめた


思いきってサプリの粉末を、そのまま手に乗せてみる

食べた!!!


また 涙がこみあげた


どうか、野菜の力が 今夜のななを 守ってくれますように・・・!!!


明日 朝一番で 通院しようね なな



また少し 弱くなってしまった おかあさん太陽だけど


今日は、もこに元気づけてもらった


明日も いっしょに がんばろう058.gif
by Sippo5655 | 2014-01-24 22:46 | その他

■■ 93 days after ■■


午前中、肝臓のあたりがぽっこりと 気になった


呼吸はそれほど気にならないけれど 午前診療時間に通院


エコー検査で、おそらく溜まっている胸水は100ちょっとだろうとのこと


少し待って午後の診療時間に抜くか、今抜くか・・・


話し合った末 今抜いてもらうことにした。


125ccの胸水が抜けた。



肝臓の方も心配と伝え、その他いろいろと相談して


肝臓のお薬が追加になった。


そして、消炎剤が変わることになった。



肝臓サポートのフードを買ってきた。



おそらく・・ 肝臓の方はそれほど重くみなくても大丈夫とのこと


帰宅後は ゆっくりとくつろいだ



c0195662_22175331.jpg



今日で 20回目の胸水除去


にもかかわらず ななの眼光は衰えず  


むしろ、ここ数日は 毛艶も復活し 歩き回ることも増えたような気がする



今の主治医の先生を信じて良かったと 今 あらためて感じている・・


どんなに悲観的なことを言われても くじけない、


おかあさんは、今日も あらゆる疑問や質問をしたよ



先生も これまでよりも前向きに 対処してくれたような気がする。




午後のひとときを できる限り ななの自己治癒力を引き出すよう 配慮した。


a/dをあげても ある程度食べて ななが拒否したら すんなりとひっこめる


無理強いはしない。


何が必要で、何が大切なのか



それは、なな自身が最も良く知っていると思うから。


さあ、今日も 無事 乗り越えた。


明日も、明るく元気に がんばろうね058.gif
by Sippo5655 | 2014-01-23 22:24 | その他

■■ 変化 ~ 92 days after ~ ■■



野菜のサプリメントを求めて ななともこが小さい頃通っていた

以前住んでいた家の近くの動物病院に買いに行った。


弥生を最後まで診て下さった病院だ


もちろん、あらかじめ電話をして




ななともこの避妊・去勢手術もこの病院で やってもらった


主治医の先生と 11年ぶりの再会


お顔を拝見した瞬間、 時が一瞬にして巻き戻る・・



先生のまなざしの中に 大きな 慈愛を感じた







ななを迎えた時  弥生と同じ寂しさを味わわせるのはかわいそうだからと


伴侶を探していて、先生に何度も相談して


たまたまこの病院で生まれた子猫が数匹いて


先生のご配慮で譲って頂いた







ななと、もこの写真を持参する。


懐かしい・・って 先生は 目を細めてくださった


近況を伝え 先生と長い時間 お話させていただいた



心からの励ましのお言葉に 涙がこぼれた



サプリメントを買い 帰宅したのは11:00前


急いでななに a/dに混ぜて 手に乗せてあげる


やはり、よく食べてくれた。



本当は朝から仕事のところを 無理行って昼からにしてもらった



出勤まで時間が無い 自分は炊飯器に残った 冷めかけたごはんに 塩を振って口に放り込む、







昨夜・・ ある獣医師さんのサイトを見つけた


それによると 薬は、病気を治すものではなく 症状を抑えるだけ

その間に、動物自身が持つ 自己治癒能力をいかに発揮できるかが大事だと


はっとした。



飼い主が やたらと心配することも またマイナスであると



帰宅すると、ななは 比較的元気な様子だった。



それ以前に 昨日 200ccもの胸水を抜いたのに、ぐったりしていなかった

今朝も元気にカリカリも食べて 大きなうんちも出ていたね


とても、弱っているとは思えなかったんだ。



おかあさん 1%が 30%、いやもっと大きく感じられた 今朝から今にかけての時間だったよ。



お昼まで一緒にいられる間 また 明るい歌を歌った


自分でもびっくりするくらい その歌声は 明るく 力強く 響いたんだ!



そして ななをそっと 抱きしめて 自己治癒力のことを 説明した。


これまで 何度も声かけ かまってきた回数を、減らした。


必要なごはんと栄養はたっぷりと


不必要なものは思いきって減らしてみる、


飼い主がサポートできるのは そこまでで


あとは、なな自身が 鍵を握っている!


ななの 生命力を信じることにした。



なな優先の日々を続けてきたけれど、少しずつ 「自分」の生活も、復活させてみよう。



もう、泣くもんか。


笑って過ごそう。


おかあさん太陽は 前より大きくなれた気がする058.gif
by Sippo5655 | 2014-01-22 22:48 | その他

■■ 91 days after ■■



今日は仕事だったけれど なんとか ななに栄養を・・と思い

お昼休みを長めにもらって、家にすっ飛んで帰る


片道30分、往復1時間


小分け冷凍したa/dをレンジにかけてあげてみる


あまり、食べてくれない


呼吸が速くなっている


なんとか3つだけたべさせて また職場に戻る




帰宅する。 思ったほど呼吸は速くない


また少しごはんをあげて、お薬を飲ませる


呼吸が速くなってきた 通院する


前回から2日で 200ccも溜まっていた




この際、疑問点を全てぶつけた、


これだけお薬も長く続けて 通常なら 治るなら 治っているはずなのに

胸水は溜まり続けている



胸の中のどこかに炎症があり それが続いていることだけは間違いない


それをもっと深く知ろうとしたら、開腹手術しかない


それすら、どこを開けるのかもわからず、


それ以前に 手術には麻酔が必要になる


このリスクに耐えられず亡くなってしまう子も多いから お奨めはできないと





サプリメントはどうかと尋ねてみて 数種のサンプルを頂いた


その中の、野菜のサプリが ななにヒットした、



数日前から左側の 後ろ足の上あたりが膨らんでいるような気がして

診てもらった


肝臓


胸水の影響で、こちらに影響が出ている可能性もあるということで

この野菜サプリは 肝臓にも効くものらしい


ヒットしたならば 続けてみよう、


私自身がサプリメントを活用しており その効果をも実感しているから、





たしかに、先生の言う通り 胸水が溜まるペースがどんどん速くなっている


いきつくところは  もう何度も言われている



たった2日で200ccも胸水を抜いた ななは


思ったより、ぐったりせず 毛繕いをしたりしている



もしかしたら おかあさんや 家族への配慮なのかもしれない けれど



ななも もこも 抱きしめて 正直な気持ちを 伝えたよ




それでも おかあさんは まだ どこかで、信じている


原因がわからないなら それがもし 「心」にあるならば


それを上回る 「心」が 治癒してくれる可能性だって、無いとは言えないではないか、



おかあさん 今 泣いている


でも、心は、諦めていない、




「びょうき」という言葉は もう 使いたくないんだ、


それだけで 家族みんなが しおれてしまうから



神様 もう一度 お願いだ



ななを苦しめている神様に もう一度 お願いだ



ななを 救ってあげて欲しい


ななは  19回もの苦痛に耐え  まだ、まだ 生きよう、生きようと 頑張っている


どうかその意志を 強い 生命力を 「想い」を、


汲んでくれないだろうか、



まだ 1%でも 希望があるのなら  夢枕で 教えて欲しい
by Sippo5655 | 2014-01-21 23:33 | その他