<   2012年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

■■ 夢と現実の狭間で ■■



目に見えない、想像の世界に遊び


光と色に酔いしれて




帰宅して、現実に返ると




c0195662_22134247.jpg




冷たい庭先では

花にしがみついたまま この子が息絶えていた





ねぇ・・・


どうして、こんなに急に 寒くなるの


この子は、つい先日まで

元気に、飛び跳ねていたのに!!







過酷な自然を ひしと感じながら



この子の、短い生に

それでも、拍手を送りながら



c0195662_22191775.jpg




一緒に


夢の続きを 見ようか。
by Sippo5655 | 2012-11-29 22:28 | Nature Snaps | Comments(56)

■■ 日本チョウ類保全協会 新宿御苑企画展・「チョウが消えてゆく」 ご案内 ■■




◆最新記事は、↓です。




c0195662_22344970.jpg



日時:2012年11月27日(火)~12月2日(日) 9:00~16:30 (最終日は15:00まで)

場所:新宿御苑インフォメーションセンター アートギャラリー



内容:チョウ類の保全のパネル展示、チョウ類の生態写真展、ミニ講演会

 ◆ミニ講演会の内容◆
 ①巨大津波は生態系をどう変えたか(土)
 ②チョウの写真撮影法(土日)
 ③絶滅危機のチョウを守る(日)
  [12/1(土) 11:00 ~ 11:45、13:00 ~ 13:45、15:00 ~ 15:45]
  [12/2(日) 11:00 ~ 11:45、13:30 ~ 14:15]




※生態写真展は保全協会会員の撮影による作品が40数点、展示されます。
私も1点出展します。


11/29(木)午前中、当番で受付におります。




多くの皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。


画像は当ブログ初登場の [ゴマシジミ]
毎年、6月~8月にかけて草刈りなどの保全活動にに参加し 守っている蝶です。
by Sippo5655 | 2012-11-29 22:20 | イベント等

■■The Art of Nature 2012 ~炎~ ■■





c0195662_22201535.jpg






そこに見える世界は

心の眼が 映し出す





光の温もりを・・・



c0195662_22202895.jpg




天使の笑みと 感じる 心と














c0195662_22203963.jpg




時に 荒れ狂う 火柱ともなる


偉大なる自然を 畏敬する、心。
by Sippo5655 | 2012-11-27 22:27 | Nature Snaps | Comments(36)

■■ The Art of Nature 2012 ~野趣~ ■■







c0195662_22565966.jpg



と、言うべきか


それとも 「夜叉」と呼ぶべきか・・・



初冬の陽を一身に受け


眼光煌めく、


おまえは、何の使いだ・・・?
by Sippo5655 | 2012-11-25 22:59 | Nature Snaps

■■ 葉 流 雅 (はなび) ■■



幻鳥の導きのままに


次の休日、東京の山へと 足を向けた







枯れ色に染まる山道を歩き通し


最後の最後に この一本が


陽が傾く ぎりぎりの時間に 


待っていた。





c0195662_22253856.jpg




日照が減り 気温が低下すると

木は、葉に送る栄養をストップする



葉は その指令を真摯に受け止め

来季に夢託し






c0195662_22262683.jpg





今季の終わりを告げる


薄紅の衣装を纏った葉は


一人一人が 有終の美の舞台に

踊る 儚き 踊り子 











c0195662_22263653.jpg




精一杯、舞いあがれ・・・!!


宇宙の、その果てに届くまで・・・



小さな 日本の国土で

よくぞ ここまで生き抜き


晩秋の葉流雅(はなび)を 魅せてくれて ありがとう





c0195662_22265652.jpg







いのちの歴史に、フィナーレなど 無い
by Sippo5655 | 2012-11-23 22:54 | Nature Snaps | Comments(55)

■■ うつろひゆく季節を感じて ~The Art of Nature 2012 ~3~ ■■






c0195662_2249644.jpg



今年の夏は、過酷だった


まだまだ暑いのに・・・

耐えかねて 落ちた葉たちに

声をかけて回った







セイタカアワダチソウが花開く頃

冬の語り部が 肩を叩く




c0195662_22493031.jpg


季節は、巡るものだ。

全ての生を包み込み




もうすぐ 冬将軍が やって来ると


彼は 苦く 笑ってみせた







先日、久々に東京を出た。




c0195662_22491757.jpg


北風吹く中 この子が 出迎えてくれた



雪山トンボ 

そう呼んでも いいかな?


心から美しいと思った。




[ミヤマアカネ]





出かけたい気持ちを抑えて

交通費の調整をしてきたけれど



c0195662_2341067.jpg



雪山トンボのかたわらで

紅の幻鳥たちが 誘っていた




~To be continued~
by Sippo5655 | 2012-11-21 23:08 | Nature Snaps | Comments(47)

■■ うつろひゆく季節を感じて ~The Art of Nature 2012 ~2~ ■■





小さな小さな 水たまりの中に





c0195662_21591497.jpg



無限の宇宙を感じ









c0195662_21595593.jpg



このブラック・ホールから

一体、何が出てくるのだろうと

胸をときめかせ

地べたに髪をくっつけて 撮影していた、あの日。







マクロレンズが見せてくれる世界って

もっともっと、広いような 気がした





巡る季節の中で

様々な自然たちが 語りかけてくる


無心になって 彼らの声に耳を傾けて 歩いていると

そんな声が 聞こえてくるんだ






この日


c0195662_21593572.jpg



私は 風






c0195662_2201214.jpg



共に 燃える 風





~To be continued~
by Sippo5655 | 2012-11-19 22:12 | Nature Snaps | Comments(47)

■■ うつろひゆく季節を感じて ~The Art of Nature 2012 ~1~ ■■




・・・今季の 自分の撮影を ふり返ってみる




c0195662_2341264.jpg



ほとんど 虫撮影に明け暮れる中

傍らで そっと 語りかけてくる

植物たちの姿も、撮影してきた








c0195662_2341315.jpg




たくさん、山を歩いた。


陽光が、こんなにもエネルギーを与えてくれることを実感し









c0195662_23414422.jpg



渇水状態の夏・・・


少ない水流を

彼らは、どう見ていたのだろうか。
by Sippo5655 | 2012-11-17 23:52 | Nature Snaps

■■ 狭いながらも愛しき My Garden ~fin.~ ■■



我が庭から始まって

だいぶ長いこと ヤマトシジミを見つめてきた。


そんなある日、家族で植物園を散策していたら

娘が、地面に佇む傷ついたヤマトシジミを見つけた・・・



そっと指を差し出す



c0195662_22175289.jpg



指先にこめた 想いが 伝わったみたい・・・  よかった


これまで 様々なシーンで この指先に乗ってくれた子たちのことが 


走馬灯のように脳裡によぎる










ヤマトシジミの女の子の 秘めた魅力がある




c0195662_22293951.jpg



春先から秋にかけては、黒い翅表(男の子は青い)






秋が深まり 気温が低下すると



c0195662_22172373.jpg



女の子の翅表にも 青い輝きが 広がってくるのだ




この色の持つ意味を、私は知らない。



でも・・・


なんとも、ロマンティックだと 思いませんか・・・?






そんな矢先、これはまた美しい 男の子に出会った


c0195662_22173875.jpg







周りには 美味しそうなセイタカアワダチソウ


でも・・・ここには来ない。



何時間も待って



c0195662_223513100.jpg



たった一瞬の、奇跡のひとときを

・・・ありがとう。



(上5枚は全て外での撮影)






体調を崩したのもあって しばらく外には出なかった。




そんなある日の庭で



c0195662_22372073.jpg



この子は、たぶん外からやってきた子

数輪 咲き残る ルドベキア・タカオに来てくれた・・・

(11月10日撮影)



庭でのヤマトシジミの撮影も、この日が最後になるかもしれない。


暖かい色に包んであげられて 良かった(*^-^*)






c0195662_22393818.jpg





今年、庭を改善してきて 出会えた蝶たち

(以前は、ヤマトシジミと、越冬態勢のウラギンシジミくらいだった)


・アゲハ
・アオスジアゲハ
・モンキアゲハ
・ツマグロヒョウモン
・キタキチョウ
・ウラナミシジミ
・イチモンジセセリ
・チャバネセセリ

どれも、東京ではごく普通に見られるチョウ

それでも、「我が庭」に来てくれた、ということが

何物にも替えがたい 喜びとなった。





[ヤマトシジミ]



※明日は夜間外出しますので、訪問ができないかもしれません<(_ _)>
by Sippo5655 | 2012-11-13 23:02 | 虫いろいろ | Comments(57)

■■ 狭いながらも愛しき My Garden ~3~ ■■




我が家は、マンションの一階。

庭の土壌は、決して良いとは言えない。

一面、芝が植えてあり、土というよりもグジョグジョの泥に近い。



そんな環境でも、この子の食草であるカタバミは芽吹き、

庭のいたるところでハートの輪を広げ・・・




c0195662_22374231.jpg



やはり、貧弱だ・・・


花はほとんど見ることができない 我が家のカタバミ。



栄養、足りないよね。

ごめんね。



そんな庭で育ってくれた この子たちだから

なおさら、愛しく



この子たちのために あちこちのカタバミを、

陽当たりの良い場所に植え替えた。

下手くそな植え替えになっちゃった・・・



けれど

c0195662_2238635.jpg


此処を我が家と 恋が生まれ・・・









c0195662_2238429.jpg


お母さんは、より美味しそうな葉っぱを

慎重に選び






c0195662_22382969.jpg



・・・卵を産んでくれて 本当にありがとう







ランタナも、ペンタスも 植えた


けれど




c0195662_22383413.jpg




あなたたちが選ぶのは この花だって わかっていた



一年で幕を閉じる

「千日 紅」と名づけられたこの花が


越冬できない あなたたちと


きっと、深い深いところで


通じ合っているんだろうね・・・





その絆を 愚鈍な人間は 

感じ取ることができないけれど




c0195662_2238588.jpg



残り僅かな生を、此処で過ごしてくれて


千日の紅も 喜んでいるよ・・・



だから、 最後の一輪が果てるまで

見守ってあげよう。





[ヤマトシジミ]



※皆様にご心配をおかけしてしまい、すみませんでした。

おかげさまで体調は万全、戻りました!

多くの励ましのお言葉を頂き、本当にありがとうございました・・・

by Sippo5655 | 2012-11-11 23:13 | 虫いろいろ | Comments(41)