2017年 07月 18日 ( 1 )

■■ 河原の白花舞台 ~ 3 ~ ■■




前記事の左上にいる子です



運命的な出逢いでした。






c0195662_21431450.jpg




間違いなく セイボウ(青蜂)の仲間。


他のハチに寄生して生きるハチ。





その代表格であるオオセイボウは これまで幾度となく出逢い

さんざん撮影してきた


この子は、お腹の色が赤いの!



名前も知らないまま ひたすら対峙する





この子の大きさは・・・






c0195662_214335100.jpg



ハエくらい・・・



そして、大輪の花上を 縦横無尽にちょこまかと動き回る。

肝心の花は、重たく 茎が細く

僅かな風でも揺れる。



茎を手で支えて、片手撮影を余儀なくされた。

撮影環境は 33~35℃の猛暑の晴天 10:00~13:00



さらに 私のスタイルである

美しく響く背景処理と、生態としての精細な描写

そして、MF1枚撮影、撮影と同時に一枚の絵として完成していること。


これらの条件を満たすには

過去繰り返してきた昆虫撮影の中でも、最大級の難易度と言っても過言では無いと思う。






それでも、この子に惚れた弱み

撮影に6日を費やした







c0195662_21434672.jpg




なぜ・・・?




伝えたい想いがあるから!



まだまだ 私たち人間の知らない

小さな命たちの存在があるということを。





[リンネセイボウ]





~ to be continued ~

by Sippo5655 | 2017-07-18 22:16 | 虫いろいろ | Comments(17)