■■ 河原の白花舞台 ~ Fin. ~ ■■




セイボウを追いかけた 数日間。



・・・今 思い出しても 夢を見ているようだ










彼らを 純白の舞台で彩った花は

おそらく豪雨の痛手に耐えきれなかったのだろう。

多くの蕾を残したまま 再び地面に横たわっていた。


先日、その姿を見て

ありがとう。と お礼を言った








おとぎセイボウ




c0195662_21191092.jpg














c0195662_21193383.jpg





美味しいごはんは 


分かち合い










c0195662_21194814.jpg




太陽光をめいっぱい受けて輝く背中














3種のセイボウの画像を、何度も繰り返して見つめるうちに


共通点を見つけた











c0195662_21201934.jpg







c0195662_21202977.jpg







c0195662_21203928.jpg





この3つの点は、何を意味するのだろう?




新たな疑問を残したまま

夢は 来季へと続くことになる



・・・またこの場所に ノラニンジンが咲いてくれれば。













c0195662_2121374.jpg




ねぇ・・・

このお花は、そんなに夢中になるほど 美味しいの?


あなた 誰より目立っていたけれど


外敵のことなんか、このとき きっと意識していなかったでしょ!?












c0195662_21211541.jpg






灼熱の河原に楚々と咲いた 小さな白花





そこに集う 様々な虫たちを

花は 何も言わず 笑顔で 育み


私に そっと 教えてくれた。

こんな子も、 あんな子も、いるんだよって。






そして 何も言わず 朽ちていった





[ツマムラサキセイボウ]

※友情出演:リンネセイボウ、オオセイボウ





~ fin. ~
by Sippo5655 | 2017-08-02 22:19 | 虫いろいろ | Comments(21)
Commented by h6928 at 2017-08-02 22:32
最初の導入部では想像もできなかったですけど、
すいぶんと深イイ構成だったのですね。
リンネさんもオオさんも友情出演で、本当の主役はツマムラサキさんとは!!
読めませんでした(*'ω'*)
ハチさんの単眼!、さすが目の付け所がシャープですね。
セミなんかだと前の方にあるので気づきやすいですけど、
ハチさんのこの辺って写りにくいしねぇ~(-_-;)
ともあれ、とてもお興味深いシリーズでした。
Commented by hirosi906 at 2017-08-02 23:07
またまた、この花たち倒れてしまったんですね。
最近の大雨、ほんとに集中して降るので怖いですね。
また、どこかで思わぬ色んな出会いがあるんでしょうね。

Commented by yurinBD at 2017-08-03 07:16
3種のセイボウたちの美しい姿、堪能させて頂きました!
小さなセイボウたちですが、個性がキラキラと輝いていましたね!
継続的に発生し、また出会えると嬉しいですね♪
Commented by pastel24c at 2017-08-03 07:38
全作、興味深く拝見させていただきました。
体の割には左右に大きな複眼をもっているのに、小さな3つの眼(単眼)が
あるのでしょうね。カマキリ、セミ、トンボ、クモ(単眼のみ)でも顕著です。
この五つの眼から、日々精を出すSippo 様がどのように見えたのでしょうね。
河川敷の虫たちにとって、ノラニンジンきっとオアシスだったことでしょう。
そんなノラニンジンを気遣うSippo 様にもこころうたれました。
炎天下、花を揺らす風、じっとしていない小さな輝き、ご苦労もあったことでしょう。
それにしても、腹端の歯の状態や単眼まで鮮明に写されるとはさすがです。
さて、このハチたち日本では宝石蜂と呼ばれる一方で、英名では托卵をする鳥に因んで
カッコウ蜂とも呼ばれています。またそのホストも同属のハチや蛾などと様々です。
~2~ のクモとラストの写真の中にリンネセイボウのホストのフタオビドロバチ
らしきが気になりました。(大きさが小さすぎるかな)ハチの世界も複雑で隣人が
侵略者と言うこともあったりで、托卵する側・される側の関係など興味は尽きません。
それにしても1シーズンでセイボウ三種とは凄いです。 小生は今のところクロバネ
とアカハラマルセイボウの二種です。 7部作分の長駄文コメになってしまいました
この河原、秋にはどんな舞台が・・・そして来季も白花舞台が出来るといいですね
Commented by toshipho4 at 2017-08-03 12:44
こんにちは。
この花もSippoさんにありがとうって思ってくれていますよ。
P!
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2017-08-03 20:19
こうして拝見すると、
ツマムラサキセイボウってほんと美しい!
花の白さの中での輝きに惚れ惚れします。

暑さの中、夢中になってセイボウを撮っているSippo☆さんのお姿を
見てみたかったです。
ここまで長期間追える熱意が凄い!

そうこうしているうちに夏も終盤。
さて次は何に夢中になるのでしょうか?
Commented by peko at 2017-08-03 22:06 x
三種のセイボウさんたち^^
美しい姿を見せてくれて本当に有難う^^
そして純白の花のノラニンジンさんもありがとう^^
そしてそして素敵なお写真を撮って下さったSippoさん!
本当にお疲れさまでした^^
有難うございました。
また来年の出会いを信じて^^
応援です☆
Commented by happysweet1205 at 2017-08-04 00:48
白い花にメタリックブルーの体は
目立ちますよね~。
夢中になってるセイボウたちを
夢中で撮影するSippoさんが目に浮かびます^^
共通点 あったんですね~。
Sippoさんのおかげで また新しい虫さんを
覚えました^^
来季もまた 出会えるといいですね。
Commented by 山本 at 2017-08-04 01:04 x
こんばんは、Sippoさん、
一度セイボウを見てみたくなりました。
頭に3つありますね。昆虫を細かく観察すのも面白そうですね。
確かお尻にもありましたね。
Commented by gigen_t at 2017-08-04 14:48
 ファーブル では無いけれど 実に良く観察されますねー、斯道の 博士なればこそです。
Commented by asitano_kaze at 2017-08-04 22:43
セイボウ物語、なかなかすてきでした。
Sippoさんのこころのふるえが伝わってくるようでした。
白花の上のセイボウちゃん、夢のような美しさですね。
Sippoさんの飽くなき探究心、それがエネルギッシュな活動のもとになっているのでしょうね。
Commented by kokoko1965 at 2017-08-05 08:54 x
素人が見ても美しいです!
つくりもの!? って 思ってしまうぐらい・・・。


pp
Commented by h_e_r_om at 2017-08-05 12:45
セイボウさんたちの
3つの点、きっと理由があるのでしょうね。
その謎解き 期待します!^^
Commented at 2017-08-06 07:05
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tanuki_oyaji at 2017-08-06 11:37
Sippoさん、こんにちは〜♪
白い花はノラニンジンというというのですね。
綺麗な色のセイボウが3種もいるんですね。
Commented by hiro-photo at 2017-08-06 16:43
こんばんは。
花や昆虫に対する観察力、洞察力が凄いですね・・・。
何も考えずに通り過ぎてしまいそうな事柄にこだわって思考を重ねる・・中々普通の人には出来ない事です。
私もそうありたいものですが、中々現実的には出来ないようです。
Commented by ichizo88 at 2017-08-06 17:36
どのセイボウも美しいですね。
本物を是非見てみたいです。
Commented by 10max at 2017-08-06 17:44 x
こんにちは。
本当だ、頭に3つの点がありますね!
よく気づきましたね。
何かのセンサーかなあ?
そして、確かに白いノラニンジンにこの鮮やかなセイボウは目立ちますね。
目立ちたがり屋さんなのかな。。。
でもそんな虫、いないですよね^^;
Commented by vangino at 2017-08-06 22:22
こんばんは
セイボウにとってノラニンジンは純白の花舞台ですね
川原などの自然環境に大きく左右される場所の植物はその年により
増えたり無くなったりしてしまいます
近年、気に入った植物を野山から庭に持ってきて増えたらまた別の野山へ戻したりしています
もちろん生息環境に沿った植物であることをよく考えてですが。☆
Commented by kame-photo-2 at 2017-08-06 23:27
Sippoさん、こんばんはです!
一カ所に(?)3種のセイボウは何とも羨ましいですね〜
そちらではノラニンジンでしたが以前捉えたオオセイボウはサワヒヨドリ・・
その花が刈り取られたせいで居なくなったと思ってましたが・・
花云々よりも他の様々の要因ではないかと思うこの頃です。
ポチッ!
Commented at 2017-08-06 23:34
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
削除用パスワード
<< ■■ ちょこっと遠征 ■■ ■■ 河原の白花舞台 ~ 6 ... >>