■■ 極小の煌めき ~ 1 ~ ■■



その子の存在を知ったのは 昨年の晩秋。

以来、会いたくてずっと探し続けていた。



念願叶ったのは、半年後の今季、5月下旬。


小さな緑が輝いて飛んだ。


直感でこの子だとわかった。



あまりにも小さなこの子。

その撮影は、思った以上に困難だった。



結果的に5回のリベンジを繰り返すことになった。



まずは、初回の出逢いの一枚から。






c0195662_21224719.jpg





[マスダクロホシタマムシ]




~ to be continued ~

by Sippo5655 | 2017-06-05 21:34 | 虫いろいろ | Comments(19)
Commented by yurinBD at 2017-06-05 21:38
マスダクロホシタマムシ!よく見つけられましたね~
小さいながらもグリーンの輝きが綺麗ですね♪
目も可愛いです。
たくさん通われたのですね、続きも楽しみにしております。
Commented by 10max at 2017-06-05 21:45 x
こんばんは。
これは綺麗なタマムシですね〜。
綺麗すぎて目立ってしまわないのかな?とか余計なお世話を考えてしまいます^^;
出会いたいと願って通い続けた甲斐がありましたね!
シロアリの話は複雑な思いになります・・・
飛び立てないシロアリを兵アリが食べるという話、「害虫」と呼ばれながら敬遠される彼らも必死に生きているんだと知って、少し自分の見る目が変わった気がします。
貴重なお話をありがとうございます。
Commented by h6928 at 2017-06-05 22:42
このタマムシさんは知りませんでした。
半年がかりの熱愛が実って、ようやく逢うことができたんですね。
このコはヒノキの皮らしい所から出てきていますね。
ボクは執念はあまりないので、気が向いたら探してみたいなぁ・・・・。
なんてことだと、おそらく一生出逢えないかも(;^ω^)
Commented by peko at 2017-06-05 23:34 x
タマムシってその金属的な色彩と光が凄いですよね~^^
そのタマムシにもいろいろな種類があるのですね~。
出合えて本当に良かったですね(^_-)-☆
応援です☆
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2017-06-06 05:08
おはようございます。
マスダクロホシタマムシ、初めて聞くタマムシです。
可愛らしいお顔、
そして何とも美しい渋い金色(変な表現ですが・・)のボディー。
どれだけ小さなタマムシなのでしょう・・
続きが楽しみです♪
Commented by ichizo88 at 2017-06-06 08:59
マスダというのは地名でしょうか?発見した人でしょうか?
小さくてきれいなタマムシ、探してみたくなりました。
Commented by naoggio at 2017-06-06 10:28 x
とても奇麗な色のタマムシですね。
胸部と翅で微妙に色が微妙に異なっていて、さらにそこに黒点を配すとは・・・
いやはや、神様恐るべしです。
半年間のラブコールが実って良かったですね。続報も楽しみにしております。
Commented by toshipho4 at 2017-06-06 12:47
こんにちは。
黒丸がありますね。
"マスダ"と言うのは発見者の苗字かな?
でも再会できて良かったですね。
P!
Commented by nika4 at 2017-06-06 15:50 x
メタリックなタマムシ綺麗ですね、ナイス!
私も5月中旬に偶然、同じミドリの金ピカのタマムシを撮影しました。感激でした!
Commented by hiro-photo at 2017-06-06 18:24
こんばんは。
会いたい一心で探せば、心が通じて会う事も出来るのですね・・・。
勿論生育環境もしっかりと把握しての事でしょう。

Commented by midori at 2017-06-06 20:00 x
念願叶って良かったですね。これだけの美麗種だったら、追いかけたくなるのわかります。(超美)
以前、タマムシをメインに探している方にお会いしたことがあります。
お気持ち察しますよ。私も、甲虫の美麗種も大好きなもので...!!
2回目以降も楽しみにしています(*^_^*)。

Commented by の子 at 2017-06-06 20:30 x
小さな小さな命。
グリーンがとってもきれいです。
Commented by asitano_kaze at 2017-06-07 18:01
出会うまで半年かかったのですね。
玉虫の仲間なんですね。美しい光沢からもそれと分かります。
出会いだけでなく撮影も困難をきわめるものだったのですね。
これから見せて頂くのを楽しみにしています。
Commented by gonbe-0526 at 2017-06-07 19:23
こんばんは
金属的な緑の光沢が美しいですね。
大きな玉虫は昔はこちらでも見ることができました。
最近はほとんどその姿を見ることがなくなりました。
何処へ行ってしまったのだろう?
Commented at 2017-06-07 20:47
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by colorko at 2017-06-07 21:47 x
マスダクロホシタマムシさんに出逢えて良かったですね
会いたい子に会えた時、本当に嬉しいですよね
美しい虫さん 瞳が可愛らしいです

害虫のお話...
いつも虫さんの命のお話の時には
私の頭の中では鳥とダブります
害○...この呼び方大嫌いです
そして今日はカルガモの雄が子育て中のカルガモのお母さんを襲うのをみました
命にカメラを向けているとろいろな事を考えさせられます
Sippo☆さんにとても共感することが多いです

ちょっとごたごたしましてご無沙汰しておりました
またどうぞ宜しくお願いいたします
Commented by vangino at 2017-06-07 23:30
こんばんは
マスダクロホシタマムシ・・存在も知りませんでした!
もちろん見たこともない昆虫が日本国内でもまだ沢山あるわけで
何度も通ってわかる生態もありますね
小さいながらも綺麗な色です、また続きを楽しみにしています☆
Commented by 虎猫 at 2017-06-08 10:14 x
玉虫きれいですね・・・。
陣笠は、今がチャンス。まだ、他の虫の幼虫が、少ないうちに
丸い虫食いの昼顔の葉裏を丁寧に裏返すと
いると思います。
葉のアウトラインは残して、葉を食べるので
そのような葉を見付けてください。
ウリハムシ・ゾウムシ・蛾類の幼虫は、まだ少ないので
梅雨前が見つけやすいです。
梅雨開けると親虫は少しずつ姿を消して、
2mmくらいの幼虫が残るのですが
見つけにくいです。
Commented by tanuki_oyaji at 2017-06-08 16:34
Sippoさん、こんばんは〜♪
玉虫色の輝きと言いますがホントに綺麗な色ですね。
とても小さな虫のようで見つけるのが難しいようですね。
5回も通っての成果は嬉しいですね。
名前
URL
削除用パスワード
<< ■■ 極小の煌めき ~ 2 ~ ■■ ■■ 旅立ちのとき ~ 3 ~ ■■ >>