■■ ヤママユと共に過ごしたひととき ~2~ ■■




日本チョウ類保全協会ブログ更新





ヤママユおかあさん・・


懸命に、お腹を曲げる





c0195662_2291681.jpg




この樹は あなたの子供は 食べられないんじゃないの・・・


Sippo☆は あなたのこと よくわからない


だから、いたずらに心配することしかできないの





そんなこと わかっていても


今 このおかあさんは、ここに賭けるしかなかったのだろうか






c0195662_229297.jpg




この子を置いて しばらくあちこち歩いて


再び、この場所に戻ってきた。


またしても、おかあさんは 地上に倒れていた



もう一度 お日様見ようよ


今度は、私が 別の木の幹へと 導いた






c0195662_2294333.jpg




ヤママユおかあさん


今日、晴れて 良かったね




人知れず頑張るおかあさんの姿を


Sippo☆は、ずっとずっと、覚えておくから。







さらにあちこち歩いて


こんな光景に出会ったよ




c0195662_2295552.jpg




限りある いのちだから・・


今、その時を 一生懸命生きる




~ fin. ~

by Sippo5655 | 2016-08-21 22:22 | 虫いろいろ | Comments(17)
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2016-08-22 05:30
ヤママユさん、最後の最後まで
産むという本能的な事を懸命にしようとしているように感じました。
木の幹に移されて、大きな翅を広げて・・
Sippoさんへの感謝の挨拶でしょうか。
綺麗な姿ですね。
虫たちの直向さに見習う事がたくさんありますね。
Commented by pastel24c at 2016-08-22 23:58
足元にじっと横たわった大きな蛾、さぞ驚いたことでしょう。
そして、ふとしたことから、心動かされたシーンとの出会いへ
次世代へのメッセージ、産卵と言う行為は美しいですね
ラストの一枚、“ 心配してくれてありがとう。もう大丈夫だから ”
4つの翅眼が最後の力を振り絞り、語りかけている様にも・・・
そして、アブの交尾は時々見かけますが、ハチは珍しいです!
この後、交尾に至ったかどうかは分かりませんが、ヤママユとは異なり
やがて、泥で造った立派な産室で産卵を迎えることでしょう。
Commented by yurinBD at 2016-08-23 06:25
大きなヤヤマユが傷つきながらも命を
繋ごうと頑張る姿、印象的ですね!
大きく翅を広げる姿に命を繋ぐ強い意志
を感じました。
撮影されたSippoさんの温かい眼差し
も感じる素敵なお写真ですね!
Commented by the-fujisan at 2016-08-23 10:34
またまた良い瞬間を、蜂ですか。
Commented by toshipho4 at 2016-08-23 12:51
こんにちは。
先日白馬の姫川源流と言う場所で散策をしたのですが、蝶が私の足に停まり、更には私の汗?を吸水しました。
驚きの時でした。
うまく撮れているか分かりませんが、撮影したのでまたUP出来ればと思っています。
P!
Commented by colorko at 2016-08-23 19:03 x
ヤママユおかあさんの姿は
傷ついてボロボロですが
一生懸命生きた証ですね
そして最期まで命を繋ごうとする生命力に感動です
大切なのは
>今、その時を 一生懸命生きる
ですね
小さな生き物たちに教えてもらうことって
本当にたくさんあります
Sippo☆さん どうぞ熱中症にはお気を付けください
Commented by hiro-photo at 2016-08-23 19:48
こんばんは。
命を懸けて次の世にバトンを渡す、当たり前の行為とは言っても、中々危険も潜んでいる自然界ですから、無事産卵も終わると良いですね。
p
Commented by tanaka-masato at 2016-08-23 20:36
お晩なんやした、Sippoさん。
ヤママユのボロボロの翅は懸命に生きた証なのですね。そう
いわれると切なくもなりますが強さも感じます。大きなヤマ
マユのお母さんですね。
Commented by の子 at 2016-08-24 06:56 x
虫さんたちも精一杯頑張ってるんですね。
私も負けちゃいけないなって、勇気もらいました。
Commented by gigen_t at 2016-08-24 10:08
 未だ オハヨウゴザイマス の時間帯のようです、 さて、ヤママユ 繭は沢山見ていますが、 その母を見るのは始めてです。 ヤママユと言えば 中国の 絨毯を織っている処に行ったら ヤママユで織った絨毯を 売っていました。 トテツモナイ値でしたが、次に 蜂の愛の交換なのでしょうか、見るのは 始めてです。子孫を確実に残す為に 必死に生きているようですねー、
Commented by tanuki_oyaji at 2016-08-24 20:10
Sippoさん、こんばんは〜♪
ヤママユって蛾の仲間なんですね。
ポロポロになって懸命に生きているんですね。
Commented by hirosi906 at 2016-08-24 23:08
最後の命を振り絞って必死で生きてますね。
どんな生物でも一緒ですね。
自分の子孫を残そうと、母は強しですね。
Commented by pmc-beetle at 2016-08-25 07:34
ヤママユ。
子どもの頃、よく庭で見かけました。
大きいので、ひどく驚いたことを覚えています。
モスラがそこにいるような感覚で。
目のような模様が怖かった。
その割に動きが鈍かったので、次第に慣れていき、
いい観察対象になりました・・・。
懐かしいです。
Commented by 山本 at 2016-08-25 15:10 x
こんにちは、Sippoさん、
翅がボロボロで痛々しいですね。それでも懸命に全うしようとしているんですね。
写真より生で見る機会があればまた違うんだと思いますが。
Commented by gonbe-0526 at 2016-08-25 20:47
こんばんは
ヤママユ子供の頃田舎でよく見ました。
樫の木の中に黄緑の繭が綺麗でした。
町中では無理ですね。
Commented by jbl4312t at 2016-08-27 10:31
おはようございます。
Sippoさんの優しいお気持ちが蝶のお母さんにわかったようですね!
↑のフジバカマの花にとまるアサギマダラもとても美しいですね(^^)
                    sirabiso
Commented at 2016-08-27 15:39
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
削除用パスワード
<< ■■ Asagi 2016 ■■ ■■ ヤママユと共に過ごしたひ... >>