■■ 蓼科 ~秋~ fin. ■■




ギャラリーを出ると、待ちかねた晴れ間が・・・


残り僅かな時間を 

やはり 虫に逢いたい・・・

そう思いながら移動する



この寒さで、チョウチョに会えるなんて

ほとんど期待していなかったけれど




お日様に誘われて

黄色いチョウチョが 飛んだ!



追いかける。




とある樹木に導かれた。








c0195662_22231180.jpg



夕刻の つかの間の 陽だまりで・・・



もう、朝晩は 耐えられないほど 寒いだろうに・・・


最後の恋を 楽しんでいた。



[モンキチョウ]   白いのが女の子です。







そして、その傍らには







c0195662_2223282.jpg



あまりに小さくて 最初は気づかなかった


成虫で越冬する宿命を背負ったトンボたちが


寄り添う



それぞれの想いを抱え 見つめる 青い空。








[オツネントンボ]





最後に立ち寄ったSA。




c0195662_22234717.jpg











蓼科に誕生したSippo☆コーナーは

3ヶ月毎に作品を入れ替えながら 

常設展示させていただきます。



次回の入れ替えは 1月・・・



雪に囲まれる頃でしょうか・・・


そんな中 訪れた皆様に 少しでも

温かく 柔らかく 美しく

輝く 小さないのちたちの声をお届けできたらと思っております。



最後になりましたが、今回の展示作品の中で唯一 お花の作品を


ご紹介させていただきますね♪






c0195662_22235949.jpg





[秋明菊]

by Sippo5655 | 2015-10-22 22:47 | イベント等 | Comments(23)
Commented by 虎猫 at 2015-10-22 23:02 x
シュウメイギクいいですね・・。
やさしい。
1月の蓼科は、雪ぶかいのでは?

今日も、1時間だけ林を歩きましたが、蝶には、あえず。
いよいよ、虫の撮影もシーズンオフとなりつつありますね。
Commented by の子 at 2015-10-22 23:46 x
シュウメイギク、優しい~。
素敵だなあ~。
Commented by pastel24 at 2015-10-23 07:39
都会ではあまり見ることのないオツネントンボ、さすがに自然の質が違いますね
一説には雪に埋もれても春まで生きのびるとのこと。凄いのひとことです。
シュウメイギク拝見し、ふと思ったのは、Sippo 様の便箋シリーズ
蓼科1月、“雪いろ便箋”などの楽しみが増えましたね。
便利な通信手段が出来、絵葉書が薄れゆく中、Sippo 様のポストカードが
目に留まり、たまには絵葉書もいいかなんて方がいると嬉しいですね。
Commented by 山本 at 2015-10-23 09:16 x
おはようございます、Sippoさん、
オツネントンボですか。イトトンボとは違うトンボですか?
でも蓼科の高地でまだ活動してるんですね。
沢山集まってる鳥は何でしょうか?
Commented by namiheiii at 2015-10-23 10:29
チョウの越冬は知識として知ってはいましたが、こんな形で越冬するトンボがいるとは知りませんでした。これで風雪の冬を乗り越えられるのだろうか?集団でとまっているのは有利なのだろうか?生きるということは厳しいことですね。
Commented by toshipho3 at 2015-10-23 12:51
こんにちは。
気温の低くなった高原で束の間の陽だまりに蝶を見つけたのですね。
まさかと思っていたから余計にうれしく感じたのでは?
トンボは面白い光景ですね。
私なら気付けなさそう。
P!
Commented by fairy ring at 2015-10-23 14:33 x
こんにちは!

トンボさん こんな風に越冬するのですか~
面白いです。

シュウメイギク 幻想的ですね~
私はこのように素敵には撮れませんでした~
Commented by grassmonblue at 2015-10-23 14:43 x
モンキチョウのカップル。
見事な飛翔(ですよね。)の全開シーンですね。さすがです。
オツネントンボの群もすばらしいです。
するどい観察眼の賜物ですね。
そういえば、モンキチョウもかって、オツネンチョウとよばれたましたっけ。
オツネンが揃いましたね。
Commented by hiro-photo at 2015-10-23 18:59 x
こんばんは。
モンキチョウの雌雄でこんなに色が違うのですね…、驚きです。
オツネントンボは、こんな集団行動で冬を迎えようとしているのですね…、やはりまとまると心強いのでしょうね。
p
Commented by peko at 2015-10-23 20:25 x
寒さにも耐えて命を繫いで行く...
素敵なことですね~~
シュウメイギク^^
とっても優しいお花ですね!
素敵です^^
応援です☆
Commented by yurinBD at 2015-10-23 21:00
オツネントンボ、信州で出会われたとお伺いしていましたが、
スッゴイ光景ですね~、ビックリです!
仲間とともに厳しい冬を乗り越えて欲しいですね!
モンキチョウのカップル、素敵な出会いでしたね~♪
Commented by nika4 at 2015-10-23 21:16 x
シュウメイギクはSippo☆さんの作品らしいですね! 柔らかい光、いいですね。
オツネントンボの集団、凄いです。何もこんな寒い場所で越冬しなくても、と思ってしまいます。
Commented by happysweet1205 at 2015-10-23 22:31
モンキチョウのカップル 楽しい時間を過ごしてますね^^
私もコスモス畑でラブラブなカップルを見ました。
こちらはまだ暖かく蝶たちにも優しい環境です。

1月の蓼科 雪に覆われ真っ白な世界ですね~。
見てみたいなぁ。

シュウメイギクのうしろ姿 ローアングルから素敵ですねぇ。
光の中でふわっと 優しげ~~。

我が家のお隣さん小さなお庭ですが、フジバカマが咲いています。
そこへカバマダラとアサギマダラがやって来ました。
sippoさんのお家の庭にもやってくるといいですね!
P☆
Commented by kame-photo-2 at 2015-10-23 22:51
Sippoさん、こんばんはです!
オツネントンボ、久々に先日撮りましたが・・
いつも見掛けるのは単独・・これだけの集団はビックリです!!
ポチッ!
Commented at 2015-10-23 22:57
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nenemu8921 at 2015-10-24 00:24
すばらしいわあ。シュウメイギクですか!!
sippoマジックですね。
オツネントンボも居るところには居るのですね。(@_@)
秋のひだまりの中の蝶も元気を感じさせますね。
Commented at 2015-10-24 01:16
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2015-10-24 06:19
シュウメイギクの花の美しさにほっとします。
表現がやわらかで、しかも爽やか。素晴らしいです。
この時期の高い山では昆虫をみることが難しいのに、
しっかり越冬前のオツネントンボが集団の日向ぼっこ!が見られ、
良い遠征でしたね。
Commented by gigen_t at 2015-10-24 16:48
この道の音痴とは謂え 成虫で冬越するトンボとか 始めて知りました、 当然乍 雪の少ないというか 雪の降らない地方なのでしょうが 驚きました。 自然界には 私の知らない世界が まだまだ 有るようで、 興味は尽きないようです、
Commented by tanuki_oyaji at 2015-10-24 17:03
Sippoさん、こんばんは〜♪
おやまっ、成虫のままで越冬するトンボもいるんですね。
雪の降る時期はどんな風に耐えているんでしょうか、気になりますね。
Commented at 2015-10-24 20:12
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by asitano_kaze at 2015-10-24 21:58
モンキチョウのペア、これから物語を紡ごうとしているのですね。
越年トンボ、これはすごい。集団で越冬ですか。
作品入れ替えがあるから、少なくとも3月に1度は蓼科へ通うことになりますね。
ご盛況を祈っています。
ラストはなんと優しげな。
Commented by gonbe-0526 at 2015-10-24 22:16
こんばんは
高地での厳しい冬の前に命の営みですか
シュウメイギクも素敵ですね。
名前
URL
削除用パスワード
<< ■■ 徒然なるままに ■■ ■■ 蓼科 ~秋~ 2 ■■ >>