■■ 紅と黒蝶 ~ fin. ~ ■■




★日本チョウ類保全協会ブログ更新★






after 1 week


出かけるか否か、ずいぶん迷った。

けれど、もう一度だけ・・

逢いたい気持ちが勝った。




蝶の美しい翅は とても脆く

生きて 活動している限り、日に日に擦れてゆく





それでもいい、むしろ生き抜いた珠玉の翅で精一杯飛ぶ

そんな姿を、しっかり見つめてあげたいと思った。




彼岸花は、まさに満開の時を迎え


初日に ストロボの力を借りて ようやく撮った

あの場所に。







c0195662_21482448.jpg







あなた あなたは、同じ子・・・だよね、きっとそうだよね


Sippo☆は  最後の挨拶に来たよ







1週間。 それは、蝶にとって 人間の、何年分だろう


数々の困難を 必死に潜り抜け





c0195662_21484224.jpg




飛べる限り。 秋の陽光は 生きとし生けるもの 全ての味方・・


曼珠沙華の紅が 強く 優しく 包み込む









c0195662_21485536.jpg










恋を謳歌した ナガサキアゲハも




c0195662_21491579.jpg




産卵を終えただろうか。





タイムリミットが迫る。


何度も、この場所を離れようと思った。


その度に モンキアゲハが どこからか出てきて

私の周りを飛び交うんだ


また、戻る。


するとまた嬉しそうに 曼珠沙華の蜜に溺れる・・


そんなことを、何度か繰り返した



もう、最後だよ、時間が 無いから


さようならなんだよ






c0195662_21492824.jpg




Sippo☆さん

こんなにぼろぼろになっても、まだ 見つめてくれて、

ありがとう



しっかりと、いのちは紡いだよ!!




やがて・・  ひとりが ふたりになり




雲が増えてきたけれど まだまだ陽光煌く 秋空に












c0195662_21494278.jpg




ふたりが 奏でてくれた 最後の恋の 羽ばたき



三度訪れて 本当に良かったと、心から思った。




また、来季。

必ず 逢いに行くからね。


あなたたちの 子孫に。




[モンキアゲハ]
by Sippo5655 | 2015-09-24 22:28 | | Comments(29)
Commented by dacha883 at 2015-09-24 23:55
こんばんは。
見事にボロボロになってしまいましたね。
蝶達にも縄張りがあるのでしょうか。
同じ蝶を求めて同じ場所に出かけた経験がないのでよくわかりませんが、
この蝶たちは前回の蝶だと信じたくなりますね。
Commented by toshipho3 at 2015-09-24 23:55
こんばんは。
Sippoさん、素敵過ぎます。
蝶たちが生きていく大変さ力強さを感じます。
応援の声が届く訳ではないのだけれど、心の中で声をあげたいです。
P!
Commented by nonohana28 at 2015-09-25 00:11
Sippoさん こんばんは。
蝶の有終の舞・・・本当に美しいですね。
翅が物語っているようで。
胸が熱く感動いたしました。
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2015-09-25 06:14
最後までチョウを見つめていた暖かい眼差しがブログから届きます。
モンキアゲハはきっと一週間前と同じ子ですよね。
写真がそうだと語っています。
離れようとしてもSippoさんの周りを飛ぶモンキアゲハ。
現地のみならず、写真を見つめながら語った想いが伝わったのかな。
来年、また子孫たちが迎えてくれますね。
感動をありがとうございます。

Commented by yurinBD at 2015-09-25 06:39
翅は傷ついても、命の輝きは一層光を増している
ように感じました!
Sippoさんのお優しい気持ちがイッパイのお写真、
とても素敵です。
最期の求愛飛翔のお写真に大感動です!
Commented by pastel24 at 2015-09-25 07:47
文面にもある様に、チョウたちにとっての一週間は長~い長い
時間なのでしょうね
モテ期だったナガサキアゲハはすっかり落ち着き。
そして、逞しく生きた一週間をSippo 様に見てもらいたかった
モンキアゲハ、きっと満足していることでしょう
冬を越せないアゲハたちにとって、秋の一日一日はとても大切
なのでしょうね。
彼岸花の短い花期の傍らで、それぞれの想い想いのドラマと共に
来季へ命を紡いでくれたことでしょう。
様々な想いが交差した三日間、堪能させていただきました
Commented by midipa at 2015-09-25 09:19 x
ひがんの赤い花とこの蝶は
よく合ってるっていうか黄泉の国との接点の
場所のような雰囲気が漂ってきます
全国で一斉に履き始めるこの真っ赤な花
飛び交う蝶々そんな光景がデジャブ〜とか不思議な
感覚を醸し出して感じるのは僕だけではないと思います^^
秋が始まり蝶さんの活動も残り少なくなってきましたね。
Commented by namiheiii at 2015-09-25 09:33
哀愁をこめた画像と詩、感動的です。
普通は傷ついた蝶は撮らないのに・・・
Commented by hiro-photo at 2015-09-25 18:34
こんばんは。
厳しい自然の中で懸命に生きた証が翅の痛みでしょうか・・、綺麗な個体を写したいのが人情ですが、よく生きた証を写されましたね・・・。
p
Commented by gonbe-0526 at 2015-09-25 20:00
こんばんは
ボロボロになった翅にこの夏を乗り切った証が見えます。
無事子孫を残せたのだろうかと気になります。
Commented by ten-zaru at 2015-09-25 20:46
Sippoさん、今晩は。
この時期になると完全な翅の蝶は少なくなりますね。
傷ついた姿がまさに生きてきた証拠。
命を繋いだ証だからこそ、しっかりと残したいものです。
Commented by grassmonblue at 2015-09-25 23:56 x
一匹のチョウとのこころ通う交流。
Sippoさんには何度もあることでしょう。
ぼくも1カ月にわたって多分同じだろうルリタテハと遊んだことがあります。
そしてある日ぷっつりと姿をみせなくなりました。
そして、それも一期一会。
Commented by ichizo77 at 2015-09-26 06:38
破れた翅の蝶を見ると季節の終わりを感じますね。
残された時間を懸命に生きる姿は美しいです。
Commented by himeoo27 at 2015-09-26 09:12
自然界では2週間程度と命の短いチョウ
を訪ねて、無事出逢えると嬉しいですね!
喜びが伝わってきました。

先日、我が家のベランダにかなり傷んだ
オオウラギンスジヒョウモンが訪問して
くれました。
Commented by tanuki_oyaji at 2015-09-26 15:17
Sippoさん、こんにちは〜♪
ボロボロになりながらも必死で生きているんですね。
こんな姿を見ると頑張らなければと思います。
Commented by pmc-beetle at 2015-09-26 15:30
この時期,こんなにボロボロになるんですね.蝶の羽.
私がふだん見ている蝶は,
ほとんどが元気いっぱいに飛び回る蝶だから,
Sippoさんが見せてくれる悲しいストーリーは知らなかったです.
厳しいけど,自然の摂理のなかで
一生懸命生きている姿には心を打つものがありますね.
それにしても,遠征費は大変!
けど,それ以上の価値がありますよ,撮られた写真には.
がんばれ〜,蝶もSippoさんも!
(アゲハの鑑別法,ありがとうございました!これで完璧!笑)
Commented by asitano_kaze at 2015-09-26 16:52
傷んだ花びらはあまり撮ろうとは思いませんが、翅を傷めた蝶は撮りたいと思います。
そこに生きてきた証しが刻まれていますから。
トップのモンキちゃん、鳥にでも噛みつかれたのでしょうか。
2、すべらしいです。生命力がみなぎっていますね。
3,4,5,6,どれもこころをうたれる画ですねぇ。
Commented by 一炊の夢 at 2015-09-26 18:30 x
痛み翅 生きた証しの 艶がある  優迷人 吟

傷んだ翅の蝶撮影は躊躇していましたが、自然界で生き抜く為の
ドラマを、写真から添え文から・・・・

魅せて戴きました。
Commented by peko at 2015-09-26 22:02 x
Sippoさんの愛情と優しさはきっと
この子たちに伝わったと思います^^
こうして生きた証が写真として残る...
素晴らしいですね(^_-)-☆
応援です☆
Commented by kame-photo-2 at 2015-09-26 23:16
Sippoさん、こんばんはです!
モンキほどの大きなチョウならば前翅の軸さえやられなければ問題無しですね〜
多少の雨でも平気で飛んでますからね〜
一週間という時間、人間に換算すればウン十年・・儚いもんですね〜
ポチッ!
Commented by てふ at 2015-09-27 00:02 x
最近思うのは命って「廻り物」だなーと。
こうしてボロボロになって死んでゆく蝶も
次には何かの命に変わるんだから
それも素晴らしい自然の一部なんだと。
シッポさんの写真からそんなことを感じました。
Commented by 虎猫 at 2015-09-27 00:07 x
赤い海に、命のある限り、ダイブし、全力で
生きぬいた証が、羽の形が物語っていますね。
いい絵です。
Commented by happysweet1205 at 2015-09-27 00:24
モンキアゲハさん sippoさんが来るのを
楽しみに待っててくれたようですね^^
曼珠沙華の上を優雅に飛ぶ姿 翅がボロボロになっても
美しいですよねぇ。
最後にラブラブなとこも見れて良かったですね^^
P☆
Commented by の子 at 2015-09-27 06:17 x
頑張ってる雄姿の感動します。

今、我が家の鉢植えにでっかい幼虫がいるんですがどうなるでしょう。
翅化してくれるでしょうか。
Commented by ゆっき~ at 2015-09-27 06:33 x
sippo☆さんこんばんは
いつも来ていただいてるのに
なかなか来ることできなくてすみません(^^;)
また落ち着いたら
ゆっくり遊びにきますね

彼岸花と蝶さん
絵になりますねぇ~
燃えるような彼岸花の朱と
黒い蝶さんの色が
また映えるのでしょうか
美しい光景ですよね~(^^)
Commented by sumiko122 at 2015-09-27 17:19
こんな素晴らしい写真始めてです・・・
一生懸命生き抜いてきたこのアゲハを見ると
痛たたましく感じます
みな生き物はこうして命のつながりを大事にしていくのですね
蝶に教えて頂いた気分です!!
Commented by kokoko1965 at 2015-09-27 18:27 x
蝶々達にとって そういう季節なんですね・・・。
Commented by tanaka-masato at 2015-09-27 21:29
お晩なんやした、Sippoさん。
黒蝶さんの姿にもいろいろとあるのですね。赤と黒の情熱的
な物語が伝わってきました。蝶の一生も命を紡ぐ一生、光が
あてられました。
Commented by hirosi906 at 2015-09-27 22:02
最後の小さな命、精一杯生きてますね。
最後から2枚目、ちょっと痛々しい気もしまうが・・・。
最後、空に羽ばたく2頭清々しいですね。
名前
URL
削除用パスワード
<< ■■ 幻想の蝶 ■■ ■■ ~紅と黒蝶 ~4~ ■■ >>