■■ 黄金の刺繍 ■■



↓少し誇張して遊んでしまいましたが



正体はこの子です





c0195662_21575430.jpg









初めて出会ったのは 5月。


稲妻!?って、思いました。


びゅん!って飛んで


遠い遠いところの、木の幹に止まったの




c0195662_22111146.jpg




苔の中に在って なお風情。。



じっくりと眺めていたら


黄金の刺繍に 見えてきた・・



自然界は、本当に面白い。


いろんな子が生まれ

周りにあるものを いっぱい観察して、学習して

身を守る術を得て


その繰り返しの歴史が


地球という星を、より深く厚く 彩っているのだろうか



神様~ できるなら この子の名前を、もう少し 艶やかに

変えていただけませんか・・・







[ビロードナミシャク]

by Sippo5655 | 2015-09-03 22:35 | 虫いろいろ | Comments(14)
Commented by h6928 at 2015-09-03 22:49
ビロードナミシャクでしたか!! 
手持ちの図鑑では開翅した右半身の小さな標本写真のしか載っていなくて、
この自然な止まり方と全然違うので気が付きませんでした(>_<)
図鑑はやっぱり自然の姿のが良いですね。つくづく実感です。
それにしても、この柄の造形は見事ですね!!
同じ種の仲間が全員この模様ってのも、考えてみれば不思議です。
ダーウィンはこのことをどう考えるか、訊いてみたいです。
Commented by happysweet1205 at 2015-09-03 23:05
シックな模様でお洒落なコですね~。
ビロードナミシャクですか φ(。。)メモメモ
いろんなコがいるものですね。
自然観察はいろんな発見があって楽しいですよね~^^
P☆
Commented by asitano_kaze at 2015-09-04 10:37
ビロードナミシャク、初めて耳にする名です。
ごめんなさい。この記事を読んで↓の記事をみました。
怒りのガメラのように見えました。
で、戻ってもう1度画を見ると、送電線の鉄塔のようにそびえていますね。
そして、放電しているような。
2枚目、これでなるほどこんな模様なのかと落ち着いてみることができました。
進化の歴史は神様にもたどれないくらい長い時間と複雑な歩み方をしているのでしょうね。
Commented by 虎猫 at 2015-09-04 11:44 x
ビロードに金の刺繍のドレスのようですね。
小さな小さなカクテルドレス。
おしゃれだね・・・。
Commented by pastel24 at 2015-09-04 18:41
深海のクラゲではなかったのですね(笑)
特殊な灯火の下では、あのように見えるかも知れませんね
たまたま、ロゴが話題になる中、種類が多すぎ似通った模様の
蛾も多々いますが、創造の神や名付け親は苦労したことでしょう
蛾の業界はドキッとさせられるデザインが多く、楽しいですネ
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2015-09-04 20:48
ほんと、黄金の刺繍の名前がぴったりの綺麗な蛾ですね。
前回のお写真から、昆虫の仲間が見た時に、
実際にこの蛾がどんなふうに見えるのだろうと思いました。
黄白色の部分は、月の光に照らされて、
蛍光を帯びた輝きを放つのかな。
紫外線を見ることができる昆虫は、
ドラマチックな輝きを感じるのかなと。
蛾の仲間も魅力的ですね。

Commented by gonbe-0526 at 2015-09-04 23:19
こんばんは
ビロードナミシャクって蛾ですよね。
この模様が敵の目をごまかすのに役に立つのですね。
自然ってすごいですね。
Commented by kokoko1965 at 2015-09-05 10:31 x
フォーマルを纏った感じで・・・ 大人っぽい蝶々ですね!


pp.
Commented by の子 at 2015-09-05 15:41 x
驚きの姿!ですね。
なんてドラマチックな翅なんでしょう。
ビロードナミシャク、覚えられない名前です。
Commented by hiro-photo at 2015-09-05 18:44
こんばんは。
正体は蛾でしたか…、蛾と言うだけで敬遠されがちですが、じっくりと眺めてみればそれなりに可愛いかも知れませんね。
そう言う私は、蛾で写すのは、オオスカシバくらいの物ですが・・・・・。
P
Commented by 山本 at 2015-09-05 19:15 x
こんばんは、Sippoさん
ビロードミナシャク?シャク?若しかすると幼虫はシャクトリムシですか?
まさか蛾(←ですよね?)とは思いませんでした。
Commented by peko at 2015-09-05 20:33 x
まるで稲妻のような模様が高貴にも見えますね^^
素敵な蝶ですね!
ヨーロッパでは蝶と蛾の区別は無いそうです^^
応援です☆
Commented by natsunana at 2015-09-05 22:03
なになにこの子、なんだかすごい形というか模様というか。
はじめて聞きました。
なんの仲間なのかもまったく想像つかないです!
Commented by toshipho3 at 2015-09-06 21:11
こんばんは。
前記事の写真から蛾だとは思えませんでした。
蛾にも色んな種類がいるのですね。
P!
名前
URL
削除用パスワード
<< ■■ 蝶 生 ■■ ■■ What is this... >>