■■ いのちを見つめるとき ■■




夏も終わりに近づくと 萩が目に留まるようになる




ある日、 訪れた萩周りでは 

キタキチョウのペアが 嬉しそうに 

本当に嬉しそうに・・ 求愛飛翔を繰り広げていた。




その時間が あまりにも長くて

まるで、私に撮ってよとせがんでいるようだった





キタキチョウは、小さい蝶だ。

その上、飛翔シーンを捉えるのは決してたやすいことでなく

しばし迷ったけれど・・




このペアが あまりにも幸せそうに絡んでいたから。

思いを決めて 設定を済ませ カメラを構えた。




中心位置を捉えて、ファインダーを覗く。

2頭がファインダーに収まった。






次の瞬間 1頭が 消えた・・










女の子が トンボにさらわれた・・









c0195662_21475579.jpg




目を覆いたくなった。


けれど、私は この瞬間を カメラに収めた






残された男の子は、周りをしばらく飛んで

やがて去っていった






夏とは こういう季節でもあると

わかっていながら、ショックを 隠し切れない 心






その先に待っていたのは






c0195662_21481533.jpg




そっと 愛を育む 別のペア



私の心は みるみる救われて


この子たちの愛の成就と

犠牲になった子の想いを そっと 重ね合わせた





全ての生物は 何かを食しないと 生きることができない。





この小さないのちたちの 多数の犠牲の上に

私たち人間は 成り立っているということを

あらためて 深く、胸に刻みつけた








今日は、雨模様でも 同じ場所を傘さして歩いてみた







c0195662_21483084.jpg




精一杯生き抜いた 証が、ここにも在った




彼らが 教えてくれること。


生きている時間を、大切にしようよ。


感謝しながら 今を楽しんで 生きようよ・・・!!!
by Sippo5655 | 2015-08-30 22:21 | | Comments(26)
Commented by てふ at 2015-08-30 23:27 x
私もツマグロさんがカマキリに食われる所をライブで見ました。
もう10年も前なので涙ながらに撮っていましたが
今では小さなエンタルピーを繋げることが生命の本質だと理解しています。
ありのままに撮る。それがいいのでしょう。
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2015-08-31 05:42
いきものが、それぞれ子孫を残していく自然の営み・・
その中で哀しいシーンもきちんと見てあげないと喜びも産まれないのかもしれませんね。
トンボさんも生きていくための力の限りをつくした結果なのでしょう。
交尾でキタキチョウは次世代に、失った仲間の分までたくさん卵を産んで欲しいです。
人間は、そんな小さな生き物の世界にあまりに無関心で、鈍感です。
Sippoさんのブログの世界に触れれば、優しい気持ちになれるのにと思っています。


Commented by の子 at 2015-08-31 05:46 x
これが自然界、とわかっていても実際目にするとショックを隠せませんね。
今を大切に、感謝しながら・・、
今日も元気で頑張ろう、勇気が出てきました。
Commented by yurinBD at 2015-08-31 07:07
自然界の営みは時に厳しく、時に優しい、
生き物達はその中で頑張って生きてるな、と記事を拝見し感じました。
せめてその自然の営みを壊すことなく、守っていきたいですね。
Commented by pastel24 at 2015-08-31 07:37
こちらでも、ハギの周りにはチョウやハチが飛び
交っています。
先日、カマキリとサトキマダラヒカゲの構図を目に
しました。今晩あたりアップしようかと思っていた
矢先に、 Sippo 様の思い寄せる添文に出会い
そのまま引用させてもらおうかとも思いました。
自然の中での明暗、生き物の数だけ色々なドラマが
あるものも事実ですね。最近は、以前よりは現実を
直視出来るようになりました。
ラストの3行、重く響いております。
Commented by fairy ring at 2015-08-31 10:17 x
おはようございます!

自然の摂理というか 厳しいものがありますね~
トンボさんにさらわれるとは・・・
キタキチョウさんは よくマメ科植物のそばに飛び 産卵していますよね。
産卵シーンは見たことありますが 捕食されるシーンには まだ出会っていません。
↓ 素敵なチョウチョ さんですね。
Commented by namiheiii at 2015-08-31 10:24
自然を愛しむ美しい詩です。シャッターチャンスを捉える技術もすごい。
Commented by h6928 at 2015-08-31 10:33
今から訪れる冬を前にして、
食べる・食べられるのシーンは、
なお一層目にする機会が増えてきますね。
記録として、かなり生々しい場面も撮ることはありますけど、
どこまで出して良いのか・・・悩ましいところではあります。
Sippoさんのように、言葉で真摯に説いておられれば
受け手も大いに救われて、受け入れられると思います。
食べられる側の命も、決して無駄死にではないし、
命の連鎖は果てしなく続いていくことは、
それぞれが負ってる業なんでしょうね。ってなんか仏教臭くなってしまいました。
Commented by 虎猫 at 2015-08-31 11:18 x
メスのカマキリが、オスのカマキリをむしゃむしゃ食べているところを
見たことがあります。
もちろん、オスは、生きています。
でも、自分の子供の血となり
肉となるわけですから・・・。
よほどエサが無い場合にしか、オスを食べないと
あるサイトに書いてありましたが、
そうだったのかしら??そうでもなさそうな
環境のように見えましたが、
やはり、残酷でしたね・・・。
それでも、カマキリは、大好きです。
Commented by happysweet1205 at 2015-08-31 11:55
私も先日萩の近くでキタキチョウのカップルを見ました。
追いきれず撮影は断念しましたw

なんと トンボさんは蝶も食すんですね。。。
知らなかった(>_<)
まのあたりにしてショックでしたね。
その後救われる出会いがあって良かったです。
P☆
Commented by colorko at 2015-08-31 16:18 x
sippo☆さん 本当に本当に仰る通りだと思います
「生きている時間を、大切にしようよ。感謝しながら 今を楽しんで 生きようよ・・・!!!」
ファインダー越しに命を見つめていると本当にそう感じます
最近ブログの更新が追いついていないのですが、私も先日、ショックを受けました
カワセミを撮っていた時のこと、ヘビがイタチを川の中へ引きづり込んだのです...
幸い、ペアの片方が躊躇なく川へ飛び込みヘビに攻撃し助かったのですが
自然で生きるということは一瞬先が死かもしれないということを
改めて感じた瞬間でした
Commented by バンビ at 2015-08-31 19:33 x
こんばんは。
これが自然界の摂理とわかっていても
目の前で・・・・生きるために皆、頑張っていますね。
カワセミが餌をとるのを待っていて、コサギが餌を
横取り生きるって大変ね。

Commented by vangino at 2015-08-31 19:45
こんばんは
先日ギンヤンマがシオカラを捕らえて草むらに押し付けているシーンに出会いました
たいして大きさが変わらない同属なのに自然界の厳しさを
改めて感じました!撮影を通じて考えさせられることは多いですね☆
Commented by gonbe-0526 at 2015-08-31 20:20
こんばんは
夏の終わりそれぞれ子孫を残すための戦いや営みがありますね。
強いものはさらに強いものに・・・
Commented by ゆっき~ at 2015-08-31 21:48 x
そうですね~
本来なら
そのカップルには
幸せになってもらいたいのだけど・・・
トンボさんの命もあるし・・・
これが命の連鎖???
トンボさんの次に子孫を残す
運命がありますもんね
可哀想だけど
それが今回の運命なのかな?
でも次のカップルはとても幸せそう
それぞれ どんなカップルも
いろんな試練を乗り越え
そして幸せになっていくものなのですね・・・・・
Commented by randomharvest at 2015-08-31 23:35
こんばんは。
覆いたくなった目を見開いてシャッターを切る。
やっぱりSippoさんは芯がお強いのだと。
蝶が愛おしくてショックを受けるの自発的で、
でもだからと言って好みで命を差別しないから
きっとみんなSippoさんの写真に惹きつけられるのかなぁ
なんて思ったり。。
Commented by emilia2005 at 2015-09-01 01:15
えっ、トンボが蝶を…。知らなかった。
食事の前の「頂きます」は忘れない限り言ってます。
細い黒の縁取りのあるキタキチョウの黄色い羽が
子どもの頃ピアノの発表会用に母が作ってくれたドレスに
似ていて、遠い昔に気持ちを馳せました。
P☆
Commented by neko at 2015-09-01 07:32 x
人間もまた多くの命に支えてもらって生きているということですね。
食べ物だけでなく住まいもたくさんの生き物の生活を奪って作られているものです。
皆んなの好きなデズニーランドもかつて野鳥の天国の干潟を埋め立て造られたものですね。
Commented by kokoko1965 at 2015-09-01 10:32 x
葉っぱの裏側にいるのですね・・・。
我が家の庭にもいたりして・・・?


pp。
Commented at 2015-09-01 17:26
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by peko at 2015-09-01 17:51 x
とんぼが蝶を食べるとは知りませんでした。。
そう言うシーンを見るのは辛いですね。。
でもしっかりと写真を撮られたSippoさんは偉いなぁって思います。
生きて行くって他のものの命を犠牲にして行くってことなんですよね。。
だから生きると言う事、そのこと自体が悲しいって...
そう思ってしまうことがあります。。
命は何にも代え難い大切なもの。
でも命をつないで行くには他の命を犠牲にするしかない。
その矛盾は永遠に解決しない。。
考えても仕方が無い事ですが時々考えてしまいます^^;
応援です☆
Commented by midipa at 2015-09-01 19:10 x
いよいよ9月になってしまいましたね、秋に向かって
昆虫達も季節をいっぱい感じながら生きていってる気がします
今年は天候不順だから、昆虫達も大変だろうなー!
Commented by 山本 at 2015-09-01 19:47 x
こんばんは、Sippoさん
トンボが突然獲物を捕まえるところ見ると、ドキッとするくらい驚かされますね。
普通に飛んでいて不意に飛び掛かるから。
虫達も9月に入って、今年最後の活動に入るでしょうか。
精一杯頑張る姿を撮って行って下さい。
Commented by hiro-photo at 2015-09-01 20:16
こんばんは。
弱肉強食の世界ですね・・、自然の中に生きるということは、すぐ隣には死が口を開けて待っているという事でしょうね。
人間の世界は、これほど単純で明確な日常では無い・・と言うのが救いなのかもしれませんね。
p
Commented by asitano_kaze at 2015-09-01 20:47
あるんですよね。捕われるシーンが。
虫の世界では日常的な光景なんでしょうね。
トンボだって生きて行かなきゃなりませんから。
かと思えば、別のところでは愛を語らうペアがいるんですね。
先日、ヒヨドリが桜の木で飛び回っているのをみました。
様子がおかしいので、観察していると、何と留まっているアブラゼミを襲っているんでした。
Commented by kame-photo-2 at 2015-09-03 22:23
Sippoさん、こんばんはです!
キタキチョウ、トンボに補食さる・・・
私もこういう場面を何度見たことか・・
特に獰猛なのがコオニヤンマ・・
水辺にコヤツが居る限り吸水シーンはまず狙えず・・
あの可愛いイトトンボですら同じ肉食のトンボ・・生き残る為には仕方なしですね〜
ポチッ!
名前
URL
削除用パスワード
<< ■■ What is this... ■■ Tokyo 沢遊び ■■ >>