■■ 産 美 ■■




この日 精一杯生き抜き 擦り切れた翅のこの子が たくさんいた・・



歩くたびに 飛んで、私を見つめるの





c0195662_2225360.jpg






[アカセセリ]  環境省指定絶滅危惧ⅠB類











アサギマダラやクジャクチョウには目を奪われても

地味な この子に目を向ける人は、いないかもしれない


ましてや、ボロボロの翅になってしまった子には





かくいう私も、やはり高原の主役たちについつい目が行ってしまう、凡人だ。





一通り歩いて、ベンチで休む。



ここでも、セセリが飛んだ。


気になって、目で追う。


草むらに入り込む 


なんでだろう?






c0195662_2231015.jpg



おかあさんだった


産卵を



なんて、神々しい瞬間だろう



絶滅危惧と、いう言葉が 普通になってしまった悲しさ。



もし、私がこの蝶だったら・・


仲間が、みるみるうちに減っていく

生きられる環境が、無い・・


どんなにか辛いことだろう。


この おかあさんは、そのことを 肌で感じているのだろうか





産卵を終えた彼女は




c0195662_2243752.jpg






清清しい笑顔を 見せてくれた・・



ぼろぼろの翅  手足周りも、がさがさ


・・・そう、人間のおかあさんだって 家事炊事で がさがさになるよ


同じだね







過去数回出会った

この子の表情に感じていた どこか切ないような

寂しそうな印象は この時 払拭された




c0195662_2244917.jpg



たしかに、この子は 


私を見つめて・・  微笑んだんだ



Sippo☆さん 見つめてくれて、

見つけてくれて ありがとう



頑張っているよ 私も。


高原の、片隅で。






背中に背負う 太陽のようなオレンジ色が

ことのほか眩しく映った、


アカセセリ・・




夕刻が近づいてきた



最後に出会った子は






c0195662_225334.jpg




この日の夢先案内人だった



巡り巡り  まるで おとぎ話のように

全ての出会いは、 輪廻する・・・





今季 夏の遠征シリーズは、この記事をもって完結とさせて頂きます。




物語は 来季へ 


続くことを、確信して。
by Sippo5655 | 2015-08-24 22:39 | | Comments(20)
Commented by happysweet1205 at 2015-08-24 23:25
アカセセリ クジャクチョウ アサギマダラ
いろんな蝶に出会えてリフレッシュできましたね^^
どの子も一生懸命に生きてる姿に感動します。
高原は蝶たちのオアシスですね。

遠征の終わりは白の貴公子でしたか^^
素敵な夢先案内人ですね。
P☆
Commented at 2015-08-25 00:05
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2015-08-25 05:42
アカセセリの素晴らしい産卵シーンと、その後の会話。
お母さんアカセセリも誰とお話をしたいのか分かっているのでしょう。
この会話がまた来年の物語につながりますね。
高原での今年の締めくくりが美しくて感動しました。

これからの季節、身近な昆虫にどんな世界があるのか、
Sippoさんのブログが楽しみです。


Commented by pastel24 at 2015-08-25 07:40
産卵、物言わぬ彼女たちの未来への伝言
そのように捉えることがあります。
まして、絶滅危惧種の産卵ともなると
より伝言の重さを感じてしまいます。

来季への余韻を感じるシーンでの締めくくり
素敵な信州2015夏になりましたね。
Commented by tanaka-masato at 2015-08-25 08:48
お早うございます、yachotoriさん。
アカセセリのまぎれもない「産美」に光を当ててい
ただきました。ほのかなオレンジ色が太陽ほどの輝き
なのですね。いいお話を有難うございます。
Commented by peko at 2015-08-25 17:40 x
たくさんの蝶の素晴らしい姿...
見せて頂き有り難うございました。
アカセセリのお母さん^^
良くがんばったねって声を掛けてあげたい気持ちになりました^^
最後の夢先案内人^^
妖精さんのようですね(^_-)-☆
来季へと夢が続きますように。。
応援です☆
Commented by asitano_kaze at 2015-08-25 19:42
アカセセリ、この地味なセセリちゃん、ひとは気づきにくいですね。
目にしたとしても、これが環境省指定絶滅危惧種の珍しい蝶だとは思いませんね。
やはり、蝶にくわしいひとでないと、この子を見つめてくれないのでしょうね。
記事の中で詳しく解説していただき、はじめてこの子の魅力が伝わってきます。
Commented by 虎猫 at 2015-08-25 20:05 x
ぜったい、わたしでしたら見落としますね・・・。
濃いオレンジは、けっこう羽を広げないと確認できそうにないね。
全体にオレンジっぽいね・・。きれいね。
Commented by grassmonblue at 2015-08-25 21:45 x
Sippoさんの優しい眼差しが、
貴重な産卵シーンを導き出してくれましたね。
このチョウの産卵画像初めて見ました。
幻想の白い妖精、魅せます。
Commented by gonbe-0526 at 2015-08-25 22:01
こんばんは
夏も終わりに近づくと夏を生き抜いた虫たちに傷みが見えますね。
最後の蛾は儚そうですね。
Commented by chantake123 at 2015-08-25 22:54
今年、アカセセリのメスに出会う機会がありました。
すでにお盆の時期だったからかオスには出会えなかったのですが、
Sippoさんのような観察力があれば、オスも見つけられたのかもしれませんね。
貴重な産卵シーンですね!地面で産卵するのですね。
また来年も高原で元気に飛び回ってほしいものですね!
Commented by biwahama at 2015-08-25 23:15
アカセセリは絶滅危惧種なのですね。
翅も体もボロボロになるまで一生懸命に生きている姿。
次に繋ぐ新しい命。
産む場所もあまりいい環境ではないようですね。
それでも産みきった表情~爽やかですね。
Commented at 2015-08-26 10:04
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kokoko1965 at 2015-08-26 11:10 x
表情が解るんですね・・・Sippoさんは・・・さすが!


pp.
Commented by hirosi906 at 2015-08-26 19:50
セセリ蝶って地味で小さいし目立たないですよね。
子供の頃って蛾かなと思ってましたが、
良く見ると可愛いですね。
大阪でも、イチモンジセセリって普通に見ますが、
上の子は絶滅危惧種なんですね。
ぱっと見て、見分けつかないですね。
Commented by yurinBD at 2015-08-26 20:36
頑張って生き抜いてきたアカセセリの産卵、
素晴らしいシーンを見い出されましたね。
来季、この子の子供が青空の下、元気に
飛び回る姿を見たいものですね。
Commented by hiro-photo at 2015-08-26 20:55
こんばんは。
いろんな蝶に会いたいですが、家の周辺だけだとやはり種類も限られてきますね、
遠征にも行きたいですが、中々そうもいかないのが現実です。
Commented by nenemu8921 at 2015-08-27 09:50
こんにちわ。
ラストの白い小さな蝶?は、この妖精さんは何でしょう。
志賀高原でたびたび出会いましたが、名前がわからず。
気になっています。
こんなにきれいに撮れませんでしたが。。。
Commented by toshipho3 at 2015-08-28 12:51
こんにちは。
産卵の瞬間を目撃するなんてすごいな~
私がその瞬間を目撃できたらどんな気持ちになれるのだろう?
いつかその時が来ることを祈ろうと思います。
P!
Commented by kokoko1965 at 2015-08-28 16:33 x
こんな瞬間に遭遇するとは・・・
さすがは Sippoさん!
名前
URL
削除用パスワード
<< ■■ 頑固一徹! 寿司屋の大将 ■■ ■■ 賛 美 ■■ >>