■■ 賛 美 ■■




◆チョウ類保全協会ブログ更新◆







炭こげチョウチョさん


翅を開いてくれました・・







c0195662_2158136.jpg




ねぇ 神様


神様は、どうして この子に

表裏あまりにも異なる 翅を お与えになったのでしょうか・・・



いつか


そっと 教えてくださいね・・



[クジャクチョウ]






夏の高原は 


旅する蝶 この子のオアシス





c0195662_21583042.jpg







[アサギマダラ]






華やいだ舞台の傍らで


そっと佇んでいたのは



信州でも出会うことができた


絶滅危惧ⅠB類の この子だった・・






c0195662_21584274.jpg






[アカセセリ]





クジャクチョウは、そんなに遠くに行かなくても 会うことは可能だ

・・・ 一目見たら 忘れられない美しさを秘めた蝶



アサギマダラは 数千キロを旅する 謎に満ちた蝶

旅の途中で 東京にだってやって来る




アカセセリは 地味な蝶だ

けれども、絶滅の危機に喘ぎながら

ここで 懸命に 生きていた





どの子も 主役。

異なる 三つの美  



三を、「賛」とし タイトルは「賛美」としました・・




~ to be continued ~


by Sippo5655 | 2015-08-22 22:24 | | Comments(20)
Commented by Ami(^-^)ノ at 2015-08-22 23:21 x
クジャクチョウの羽の裏は、黒いんですね~
見事に違ってますね。(@_@;)
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2015-08-23 07:28
どのチョウも輝いているように見えます。
綺麗ですねー。
クジャクの深い赤や青い鱗粉模様。
背景が暗い中でマルバダケブキの花を透かしたアサギマダラの翅。
ニガナの黄色に薄い緑を背景としたアカセセリの優しさ。
どれにも溜息が出てきます。
賛美、なるほど良いタイトルですね。
Commented by yurinBD at 2015-08-23 08:33
3種それぞれの個性と美しさがあり、
まさに「賛美」ですね!
多種多様な個性の蝶がいてこそ、
それぞれの魅力が際立ちますね!
Commented by ダンダラ at 2015-08-23 10:00 x
クジャクチョウはほんとにきれいですね。
夏の高原では個体数が多く、珍しいというベールをかぶることが出来ないので大分損をしていると思います。
今年は個体数が少なくて、クジャクチョウを思いっきりきれいに撮るという目標を果たせそうにありません。
ここでちょっと癒されました。
Commented by fairy ring at 2015-08-23 13:12 x
こんにちは!

クジャクチョウ さん 翅を広げてくれたのですね~
どのチョウチョ さんたちも美しいお花の上で幸せそうです。
Commented by peko at 2015-08-23 18:35 x
まさしく三者三様^^の美しさ!!
賛美ですね(^_-)-☆
どの子も命輝いて...
美しい姿をお写真に残して下さって
この子たちもきっと感謝していますね^^
素敵なお写真拝見させて頂き私も感謝です!
応援です☆
Commented by バンビ at 2015-08-23 19:27 x
こんばんは。
[クジャクチョウ]
あまりのギャプに驚きました。
想像もつきませんでした。
神様は、平等に与えて下さったのね。

Commented by natsunana at 2015-08-23 20:27
クジャクチョウ、すごく綺麗だし名前までクジャクからとってつけるとはナイスで素敵ですね♪
チョウにもこんなに種類があるんだぁと、毎回驚かされます^^
Commented by asitano_kaze at 2015-08-23 20:42
クジャクチョウ、表と裏がこれほど違う蝶もめずらしいですね。
神様の悪戯のようですが、きっとちゃんとした理由があるのでしょうね。
長旅を定められているアサギマダラ、これまた神秘の蝶ですね。
そして始めて聞くアカセセリ、生き抜いてたくさんの命を紡いでほしいです。
Commented by 一炊の夢 at 2015-08-23 20:56 x
>この子が翅を開いたら
もしかして・たぶん・相当に・・・・予想もつかない感動の美しさでした。
撮影の、その瞬間の、吐息が・・・!!

魅せて戴きました。
Commented by tanaka-masato at 2015-08-23 22:01
お晩なんやした、Sippoさん。
炭焦げチョウチョとクジャクチョウが同じ蝶?・・・あら
あらビックリです!これほどのうっちゃりを誰が想像でき
たでしょうか。賛美=三美もGJ!いいですね。
Commented by hirosi906 at 2015-08-23 22:43
クジャクチョウ表と裏、この違いには驚かされますね。
広げた時の美しさは、誰が考えたのかほんとに不思議です。
自然ってほんとに偉大ですね。
Commented by vangino at 2015-08-23 23:37
こんばんは
翅を開けば鮮やかな大目玉、クジャクチョウは東の横綱ですね
先日目玉の西の横綱タテハモドキが撮れました
アサギマダラはそのうち九州まで南下してくるのを待っています^^
アカセセリ増えてほしいですね☆
Commented by の子 at 2015-08-24 05:40 x
お見事!
翅を開けば拍手喝さいですね。
この見事さすごいです。
こっれが蝶の魅力の一つですね。
Commented by chantake123 at 2015-08-24 07:01
今年は私もアカセセリに初めて出会うことができました。
セセリ蝶は表情に愛嬌を感じます。
クジャクチョウは今年は撮影できませんでしたが、本当に表翅の模様が美しいですね♪
Commented by pastel24 at 2015-08-24 12:25
身近で見られるルリタテハなどもそうですが、翅を開いたときには
ハットさせられますね。一方で似た形のクロコノマチョウだけは
表も炭、性格的にも裏表がないのかなと思ったりもします(笑)
それぞれの趣の異なり、まさに三種賛美です。
この中でアカセセリは見た事がありませんが、最も身近なイチモンジ
セセリの仲間たちには、少数派も多様な世界なのですね。
Commented by ten-zaru at 2015-08-24 19:43
Sippoさん、今晩は。
クジャクチョウ、一目見た瞬間からその虜になってしまいます。
そりゃそうだよね、その体にはお目目が4つもあるんだもの。
こちらを見つめるその目に釘付けにされます。
Commented by hiro-photo at 2015-08-24 20:11
こんばんは。
クジャクチョウの翅は芸術作品ですね、アサギマダラがもう見られますか・・高知では2か月先にならなければ見られません。
p
Commented at 2015-08-24 23:20
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by toshipho3 at 2015-08-27 12:51
こんにちは。
炭こげチョウチョさん、やはりきれいな翅でしたね。
でも本当不思議ですね。
P!
名前
URL
削除用パスワード
<< ■■ 産 美 ■■ ■■ 涼から涼へ ■■ >>