■■ 光も影も・・・ ■■




★★★リバブルアートギャラリー★★★開催中!!




すみません、またまた更新訪問共に滞ってしまいました・・


アサマイチモンジの余韻に浸っておりました(笑)





駆け足撮影だった この日。

すでに夕刻近い時間でしたが・・・今季初のゼフィルス撮影は



c0195662_22551460.jpg



[ミドリシジミ]でした。



でも、この日 別の出会いがありました。

この出会いが無かったら、今日の更新は無かったでしょう




この周辺をとても大きな蝶が、しきりに飛び交っていた、

何蝶だかわからない


やっとのことで撮影が叶った、

足場が悪いので超近距離撮影は やむを得ず。



実はこの時、もう1人の撮影者がいた

彼は、蝶の名前が判り、しかもボロだと判ると それ以上見向きもしなかった。



私は それでもこの子が気になって、丁寧に撮影した。

薄暗いから、ストロボを使った。





帰宅してよく見たら、




c0195662_22553329.jpg



産卵していた



素晴らしいじゃないか。


厳しい冬を成虫の姿で乗り越えて、

新緑の季節に、必死にいのちを紡ぐ・・・



私にとっては、ゼフィルスとの出会いよりも

この子との出会いの方が より深く、心に残った。



[クロコノマチョウ]

by Sippo5655 | 2015-05-23 23:15 | | Comments(26)
Commented by sazanka2011 at 2015-05-24 07:43
感動しました。素晴らしい出会いですね。^^
Commented by h6928 at 2015-05-24 09:57
コロコノマチョウって、見慣れないチョウなので、
「フィールドガイド 日本のチョウ」で調べてみました。
なるほど、北関東には分布していないのでした。
そしてそして、なんと!この本の写真提供・協力者にSippoさんのお名前が!!
改めてKFと付いた写真を調べてみるといっぱい載っていたんですね。
感激です。この本はチョウの検索に一番役立っています。
Commented by himeoo27 at 2015-05-24 14:05
ミドリシジミもう登場したのですか?
早いですね!
クロコノマチョウ無事越冬できてお疲
れさまと声をかけてあげたいです。
Commented by 虎猫 at 2015-05-24 18:15 x
わが里でも3年前までいたのですが
カヤ?の葉をみんな切られて
居なくなりました。
きれいな卵ですね・・。
蛹が、きれいなんですよね・・・。
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2015-05-24 19:24
こんばんは。
Sippoさんの視点、独特のものがあります。
クロコノマチョウは幸せだわ。
綺麗な卵に引き込まれました。
Commented by hirosi906 at 2015-05-24 19:37
冬を越えての産卵ですか。
素晴らしい出会いですね。
Sippoさんの優しい心が伝わって来ます。

Commented by pastel24 at 2015-05-25 00:00
クロコノマチョウ、県内では数回会いましたが、MFでは
まだ見た事がありません。比較的温暖なので、越冬しても
おかしくないと思ってはいるのですが・・・
思いがけない産卵シーン、記憶に残ることでしょう
時として、ピカピカの個体より、ボロボロの痛々しい個体に
より惹かれ、魅力的にさえ思えることがあります。
小生の場合は歳相応にボロで、慰めあっているだけかも
Commented by chantake123 at 2015-05-25 06:30
クロコノマチョウを見に出かけることってなかなかないので、
自分も偶然出会うことが多いですが、産卵は見たことがありません。
昨年は晩秋に出会いましたが、こうして越冬した個体が命を繋いでいるのですね。
Commented by yurinBD at 2015-05-25 06:43
クロコノマチョウの産卵シーン、感動しました。
しっかりと次世代に命を繋いでいますね。
これだけきっちりと寄って撮影され、
産卵の瞬間を捉えられ、素晴らしいですね~♪
Commented by toshipho3 at 2015-05-25 12:47
こんにちは。
素晴らしいですね。
確かに姿の美しさは惹かれますが、厳しい冬を耐え更に子孫をって。
なんて素敵なシーンなのでしょうね。
P!

Commented by usanekoinu at 2015-05-25 14:55
おお~!
産卵風景を見事にキャッチですね!!!
さすが!
珍しい昆虫じゃないと写真を撮るのを止めてしまう彼と
一匹一匹を大事にキャプチャーするSippoさんには
大きな違いがありますね。
本当に小さな世界を丁寧に観察する人には
そういうご褒美が^^
また素晴らしい写真をアップしてください♪
Commented by の子 at 2015-05-25 16:34 x
こんな出会いもあるんですね。
びっくりですね。
すばらしい瞬間、Sippo☆さんとだけの時間ですね。
Commented by kokoko1965 at 2015-05-25 17:48 x
虫たちとの一期一会・・・
人の世界と同じですね・・・。


pp.
Commented by neko at 2015-05-25 22:53 x
おお!クロコノマの産卵!
クロコノマそのものも生で見たのがいつか思い出せません!

いつもsippoさんの愛情そして執念というか情熱に勝てないな~と思い知らされます。
Commented by grassmonblue at 2015-05-25 23:17 x
クロコノマチョウの産卵シーン、何と素敵なのでしょう。
sippoさんならではの快打ですね。
Commented by gigen_t at 2015-05-26 12:27
  犬も歩けば,,,、なんて不確定的なものではなく 何処には 何が、確たる知識の元に撮られる 事 凄いことです。 膨大なる情報を お頭 に蓄積されているからこそ 撮れるものと 存じ上げます、
Commented by hakutou5 at 2015-05-26 14:14
こんにちは~。
クロコノマチョウ、文字通り枯葉ですね。
越冬したのでしょうかさらに産卵疲れますね。
子孫を残して役目をはたしたのでしょうか。
ポチ!
Commented by asitano_kaze at 2015-05-26 17:20
クロコノマチョウの産卵光景、すごいです。
翅がぼろぼろだと、写真として価値がない。そう思うカメラマンは蝶を愛してはいないです。
Sippoさんに撮ってもらってよかったです。
貴重な写真です。
Commented by natsunana at 2015-05-26 20:59
こんばんは。
産卵の様子なんてはじめて見ました!!
それを、実際に撮られたなんてめちゃくちゃすごいです!
こういう写真を見ると、写真やっててよかったぁーーーって達成感いっぱいでしょうね^^
Commented by palms-sp at 2015-05-26 21:22
良いお写真ですねー!
出会いがあってこその1枚、見ているこちらも感慨深いです♪
Commented by てふ at 2015-05-26 23:36 x
やっぱ見慣れている種でもじっくり対峙するのが大事なんですね。
そしてその対峙時間の蓄積がこのシーンを捉えた一番の勝因だと思います。
1枚目のミドリシジミも活け花のような構成の絵ですね~♪
Commented by tanaka-masato at 2015-05-26 23:45
お晩なんやした、Sippoさん。
アサマイチモンジは日本だけいる固有種でしたか。当地区にも日本だけの
樹木メグスリノキという種では世界一の巨木が存在しています。
クロコノマチョウ、素晴らしい産卵に出会われましたね。
Commented by gigen_t at 2015-05-27 20:20
 何て事はありませんが 本日も 拝見させて 頂きました。
Commented by h_e_r_om at 2015-05-27 22:19
予期せぬ出会いは こうして生まれるのですね。
その出会いを拾い上げたのは
Sippoさんのチョウを愛する気持ちがそうさせたのでしょう♪
Commented by vangino at 2015-05-27 22:49
こんばんは
ミドリシジミ綺麗ですね!そして翅が痛んだチョウは撮影対象から
外されがちですがそれを撮影したらなんと産卵シーンだったとは
素敵な出会いでしたね~sippoさんならではです^^
コメント欄もとに戻せました!アドバイスありがとうございました☆
Commented by バンビ at 2015-05-30 15:26 x
イヤ~凄い。
クロコノマチョウ
産卵している所をキャッチ!
良い出逢いでしたね。感激!

名前
URL
削除用パスワード
<< ■■ 招き らら !? ■■ ■■■ いろんなチョウチョがい... >>