■■ ななという猫 ■■



ななを迎えるちょっと前に 

亡き母の生き形見だった黒猫を看取った

ななにそっくりな女の子・・ 


彼女の名前は 弥生


弥生は 20歳にして ななと同じような疾患を患い


それは 荘厳なる死だった


 


寂しくて 寂しくて・・


ある人に 猫を失った哀しみを癒してくれるのは やはり猫だから

まだまだたくさんいる 可愛そうな猫たちの 一匹でもいいから 救って欲しいと

強く言われた




里親探しの団体のHPを探し

とある1枚の画像に目が行った


5匹くらいいたかな・・ 育ててくれるおかあさんを探している 子猫たち


人間のエゴで 過剰に増えてしまった子たちばかりだ、




写真の中で、たったひとり 真っ黒黒助の子がいた



この子は、最後まで残りそうな気がしたんだ



遠い 茨城から



私 ななのおかあさんになることにしたんだ。





ななが初めて我が家に来た日のこと


今でもはっきり覚えている



狭いケージから放たれると


まるでねずみのように


それはそれは 嬉しそうに 走り回ったっけ!




あれから10年


おかあさんは ななのこと どれだけ 大切にしてあげられただろう


至らないこと多々あった ごめんね・・





c0195662_23265528.jpg




猫は とても我慢強いから

少しくらい苦しくても 我慢する





c0195662_2327493.jpg



それでも おかあさんを見つめる その瞳はまっすぐで


生きたい 生きたいと 言っている





c0195662_23271284.jpg


もこも 心配だよね


うん 心配だよね 



大丈夫 おかあさんが そばにいるから



次の来院は31日の予定だけど


なな、苦しかったら明日 診てもらおうね


負けないで 負けないで


おかあさんも、負けないから
by Sippo5655 | 2013-12-28 23:57 | その他
<< ■■ 68 days afte... ■■ 年の瀬を迎えて ■■ >>