■■ Sippo☆のアゲハ子育て日記 1 ■■




始まりは 卵



c0195662_21593163.jpg



アゲハの卵です・・・


(この卵は、今回お届けする飼育記に登場する子たちが孵った卵ではありません)






いきなり、さなぎです



c0195662_21512494.jpg



この子は、↓記事で 帰宅したら羽化していた子です。


不思議で、不思議で・・・


この姿から あのアゲハになるなんて



何度も何度も、眺めたっけ







きっかけは、単純。


「チョウチョになる瞬間を、見たい!!」




その一心で


昨年から植えて育てていたみかんとユズに宿った子たち 4匹を


もっと小さい、初齢幼虫の頃から 部屋に保護して育てました




なぜ、4匹も?



それは、羽化にたどりつく確率の低さから・・・



アゲハお母さんは、一生のうちに100個くらいの卵を産むそうですが

無事、チョウチョになれる確率は1~2%


そういったリスクを考えてのことでした




**以下、幼虫さんがご登場します。


苦手な方もいらっしゃると思いますが、Sippo☆なりに 可愛らしい姿を選んでお伝えできたらと思います・・・






・・・懐かしい おイモさんたち 


みんな、昨年植えたユズの幼木の葉っぱで育てました



毎日朝夕にうん〇を綺麗にしてあげて、新しい葉っぱをあげるの


小さいときは柔らかい葉っぱを


大きくなってきたら、だんだんと硬い葉っぱを





c0195662_22182898.jpg



庭ではたくさんの幼虫さんに食べられて

残った葉っぱが少ないから こうして葉っぱだけをちぎって、

ティッシュを水でびちゃびちゃに浸したものに刺して ラップでくるみ

セロテープで固定します


花瓶状態はタブー 小さな幼虫さんは、水中に落下したら一瞬で死んでしまいますから






・・・あれ、1号さんはどこ・・・?






ひとり大きくなって動かなくなった幼虫1号さんは 


さなぎになる準備を始めていたんです。


その合図は、緑色のびち〇〇〇




1号さん

ゆったりとさなぎになれるように 別のケースに移動させてあげました。



糸をくくる枝を一本 用意したけれど この子はガラス面でさなぎになろうとしていた



仲間がよく見えるように ケースとケースを隣り合わせにしてあげました



c0195662_22185822.jpg










c0195662_22205113.jpg




後輩たちを 見守っているみたい・・・(この姿を「前蛹「ぜんよう)」といいます)


(変なものが映り込んでますが、ご容赦ください^^;)

ん!? 生まれたての赤ちゃんのために・・・ 文字が、、今目に入った

想定外に合ってたりして!?


我が家で猫のトイレの世話などに大活躍している、いわゆる「おしりふき」です037.gif






枝でさなぎになってくれなかった1号さん


このまま、羽化して落下したらどうしよう!?


Sippo☆は考えました





c0195662_22345490.jpg




レースのカーテンに包まれて



お姫様みたい072.gif




さなぎから出た時 手足をひっかける場所になりますように・・・



もう一つ、注意事項

羽化した後のアゲハさんは、おしっこをします


以前飼育した時は そのおしっこの上にアゲハさんが落下してしまい


翅がくっついてしまって、飛べなくなって死んでしまいました。



その失敗を生かし 今回は下に白いタオルを敷いてあげました






c0195662_215220100.jpg



神戸から帰った日 あいにく私が帰宅するまで誰もいない状況下・・・


タオルの上に落ちた ちぎれた尾状突起



ごめんね


でも、充分飛べるから!!




結論から申し上げます。


今回飼育した4匹の幼虫さんは、全員チョウチョになれました!!





1号さんは、男の子かな☆


2~4号さんは、運良く土日の羽化となりました。


続けて飼育途中のドラマも含めて、お伝えします・・・



~ to be continued ~
by Sippo5655 | 2013-09-11 23:26 | 虫いろいろ
<< ■■ Sippo☆のアゲハ子育... ■■ 雨の神戸 fin. ■■ >>