■■ 憧れの君 ~stage 3 ~ ■■





少し この子の生き様に触れてみましょう



シジミチョウの仲間に多く見られるのですが


この子もまた、ある特定のアリに頼って生きています


そのアリがそばにいないと、生きていけないのです




人間が、自分達の都合だけで やたらと自然を変えてしまうことは


多くの小さないのちにとって


壊滅的な状況になってしまう




この子の生息域は 本当に僅かになってしまった







午前中、出会えたこの子は


3時間もかけて、お花の栄養を蓄えていました






c0195662_2324477.jpg



私の左手の人差し指 爪の長さは1.2cm
















c0195662_2335067.jpg



夢のレストラン ヒメジョオンのお花に守られて 

至福のひととき



たっぷりと栄養を頂いて







夕刻迫る頃





c0195662_233740.jpg




彼は、別の顔を見せてくれた





~ to be continued ~
by Sippo5655 | 2013-06-29 23:25 | 虫いろいろ
<< ■■  表と裏 ■■ ■■ 憧れの君 ~ stage... >>