■■ 洛 陽 ■■






c0195662_2241578.jpg




陽が落ち

全てが暗闇に包まれ

身を震わすような寒気が襲ったとしても



彼らの視線は 微塵も揺らぐことが無いだろう



凛として空を見つめ

想うは、輝かしい 生のみ




言葉も持たず 衣服も持たず

風に全てを任せる 小さな小さな いのちの源




同じ時を 暖房に包まれて

不自由なく過ごせる人間の生活は



彼らに守られていると言っても

決して、過言ではない。
by Sippo5655 | 2012-12-16 22:22 | Nature Snaps | Comments(38)
Commented by 10max at 2012-12-16 22:29 x
こんばんは。
この種たちは、未だ生を与えられていないというのは
意外な気づきでした。
ふわふわと気楽に漂っているように見えるこの綿毛も
生命を与えられることを切実に願っているのですね。
Commented at 2012-12-16 22:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 大阪のっちゃん at 2012-12-16 23:19 x
こんばんは
素晴らしい1コマ、なかなか撮れない視点です。
力強い初冬を感じました。
Commented by pastel24 at 2012-12-17 00:49
♪ しぼったばかりの夕陽の赤が・・♪♪
題字を見て思わず、拓郎を思い出しました。
拓郎もさることながら、岡本おさみの詩が好きでした。
写真から、しぼりたての夕陽と、サイコロ一つで
綿毛のような人生の“あのじいさん”懐かしく思いました。
「落陽」40年位も前でご存じないかも?思い出コメでスイマセン
Commented by さくら at 2012-12-17 00:56 x
自然に守られながら
私達は気付かずに息をして
なんていうこともなく暮らしていますね。
たんぽぽの種が真っ赤な夕陽に照らされて
踊りだしそうです^^
Commented by colorko at 2012-12-17 01:38 x
sippo☆さん こんばんは♪
そうなのですね...
いくら人間がわかったように「自然保護」をとなえても
結局は自然の中で守られ少しの間、生きることを
許されているだけなのかもしれませんね
だから大きな樹をみると思わず
抱きつきたくなるのかもしれないなって思いました(*´∇`*)
Commented by の子 at 2012-12-17 08:47 x
そうですね。
自然の営みに守られてる私たち、感謝しなくてはなりませんね。
力ずくで奪った自然も少しは返してあげなくてはとつくずく思います。
Commented by fairy ring at 2012-12-17 09:04 x
とても幻想的で命の躍動感を感じます。
こんな風に撮れたらな~ と思います。
種の旅立ちに good luck を願わずにいられません。
Commented by Toshi at 2012-12-17 10:28 x
こんにちは。
ページが開いた瞬間、ハッとさせられました。
またすごく引き込まれる気がします。
P!
Commented by peko at 2012-12-17 12:08 x
惹きつけられるお写真ですね~。。
じっとそのお写真に込められた想いを見つめ感じています^^
その小さな命の源が芽吹く日を待ちわびながら
寒い日々を過ごします^^
早く出会えると良いですね~。
応援です☆
Commented by june_an at 2012-12-17 12:42
素晴らしい背景の色と命を感じるシルエット。
自然に向き合うSippo☆さんの真剣な眼差しを感じます。
Commented by hakutou5 at 2012-12-17 15:34
こんにちは~。
綿毛に守られた小さな種、これから何処へ旅立つのでしょう。
お陽様に照らされて明るい未来がありそうです。
自然の揺り篭に守られてしあわせに…
ポチ!
Commented by あんじゅ at 2012-12-17 17:01 x
風に吹かれてふわふわ飛んで行く種なのに
想いはずっしり重いんですね。
私はお尻が重くて
コタツから抜け出せません(^^ゞ
Commented by grassmonblue at 2012-12-17 17:11 x
綿毛の種子の旅立ちに
燃えるような生命の息吹を想起させられます。
すばらしい瞬間をフォーカスされましたね。
Commented by kokoko1965 at 2012-12-17 18:25 x
拓郎のうたに ありましたね・・・ 「落陽」 古い?


pp。
Commented by dacha883 at 2012-12-17 19:29
こんばんは。
洛陽、どこか寂しさがただよいますね。
Commented by hiro-photo at 2012-12-17 19:58
こんばんは。
こんな小さな綿毛に命を託して、明日を夢見て旅立つのでしょうね・・・・、日が昇る早朝には旅立ちたいですね、今夜は最後の夜、仲間と共に過ごすのも今宵限りかも知れませんね。
センチになりますね・・・・・。
Commented by ゆっき~ at 2012-12-17 20:08 x
風に揺られて
この子たちは
どこを旅するのだろう
どんな旅になるのかな
ゆらゆら
ふわふわ
そこから見た景色は
どんな感じ?
透き通った
ぴんおした空気の空は
きっと澄み渡った
未来が見えるはず。。。

ぽちり
Commented by ten-zaru at 2012-12-17 21:04
Sippoさん、今晩は。
この子達に希望の暖かな光をもたらすような絵ですね。
Commented by nonohana28 at 2012-12-17 21:52
タイトルをみて寂しさを感じましたが
温かな暖色に包まれて良かったです。
しばらくご無沙汰しておりましたので↓まで下りて拝見させていただきました。
素敵な世界に惹き込まれました。
Commented by tanuki_oyaji at 2012-12-17 22:00
Sippoさん、こんばんは〜♪
これまた素敵なお写真ですね〜
小さな命の逞しさが見事に表現されて素晴らしいです。
Commented by m-kotsubu at 2012-12-17 22:05
こんばんは♪
生命の始まり、素敵な光景ですね。
色がとっても暖かくて なんだかホッとします。^^
Commented by 山本 at 2012-12-17 22:39 x
こんばんは、Sippoさん、
夕陽を力いっぱい浴びてエネルギーを蓄えて、次への命の
芽生えに備えているところなんですね。
物語を感じる接写です。色合いも良いですね。
Commented by kame-photo-2 at 2012-12-17 22:40
Sippoさん、こんばんはです!
夕日をバックに綿毛のシルエット・・素敵な絵ですね〜
タンポポの仲間でしょうか・・
何処で根付くかはすべて風任せ・・逞しいですね!!
ポチッ!
Commented by asitano_kaze at 2012-12-17 23:03
水辺でカモを撮っていますと、綿毛が次々と飛んでいきます。
みないのちの源なんですね。
風任せでどこへ行くのかわからない。
ほとんどが望む場所へは行かないだろう。
けれどひたすら生きることを想いつづける。
そんな旅人を迷惑に思わないことにしようとおもいました。
Commented by mero at 2012-12-17 23:14 x
こんばんは(^^)
綿毛の旅は風まかせ。。
生きるも死ぬも風まかせ。。
何にも任せられなくて疑り深くて醜い自分に気付かされる1枚です。。。
自然に逆らわず風にすべてを任せて生きる綿毛の強さと
そのことに気づかせて頂いたSippo☆さんに感謝ですm(_ _)m
Commented by megu at 2012-12-18 00:47 x
夕日に向かって飛ぶ綿毛
新しい地で新たな命をつないでいくことでしょうね
同じ綿毛でもどうしてこれほどまでに違うのでしょう
私の写真と(^^;
Commented by おーちぃパパ at 2012-12-18 06:48 x
厳冬期なのに温かさを感じる一枚です。綿毛は我が家にも迷い込んで来ますよ。どこから来たのか春になるとめがでてくるんですよね。自分で動けない植物の工夫って凄いとおもう。
Commented by mark_blues at 2012-12-18 11:04
「せ」す

をーーー

うなっちゃいましたよ  (。・_・。)ノ♪
Commented by randomharvest at 2012-12-18 13:29
どきっとしました!綺麗です
太陽様様ですね^^
綴られた詩も素敵です。。
Commented at 2012-12-18 15:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by happysweet1205 at 2012-12-18 16:46
小さな小さな種子 綿毛を羽にして
風に乗り新たな場所で生まれるんですねぇ。
落陽に包まれたシルエットが美しい~。
寒い日もぬくぬくと暮らせる私たちの生活も
自然の恩恵に支えられてるんですよね。
写真とsippoさんの言葉に、改めて自然を大切にしなきゃって
思います。P☆
Commented by 虎猫 at 2012-12-18 17:33 x
本当に、人間だけですよね・・。
いろいろ、持ち物が多いのは。
動植物は、衣類さえ、食べ物差をその場その場
で調達。
優れていますね。
この年になると、持ち物が多くて、
難儀します。
全部捨てても、生きていけるはずですけどね・・・。
そうはなかなか捨てられないんですな・・、これが。
情けないです。
Commented by ぼんぼん at 2012-12-18 19:05 x
こりゃまた印象的なお写真!

「撮れるものが無い~(*_*)」なんて言っていてはダメですね
腕とセンスさえあれば被写体は無限大っ

ガガイモの種?みたいなの、私も発見しましたが
あっちゅう間に風で再び旅立っていきました(苦笑)
Commented by neko at 2012-12-18 22:59 x
この小さな種に全てが詰まっている・・不思議な命の種。
それでも舞い散った種の内、やがて再生するものはきっと何万分の一。
命というもの連鎖の奇跡を感じ取る感性をいつまでも持ちたい・・・・・・
Commented by grassmonblue at 2012-12-19 18:34 x
和の祝と福を象徴するミズヒキ。
クリスマスのこの時期。
見事な変身で、聖なるクルスへ。
Commented by syukuko128 at 2012-12-21 17:05
余りの素晴らしさについつい見惚れ感動しました
sippoさんの上手さには言葉がありません。。。
Commented by muiruka84 at 2012-12-23 22:46
何がこんな風に撮れるの?
って思わず目が釘付けでした・・・
本当にいつも感動の一枚・・・
そして小さな命についても考えさせられる一枚とSippoさんの素敵なメッセージ
いつも感動を ありがとうございます
名前
URL
削除用パスワード
<< ■■ 紅白の雪 ■■ ■■ 紡 季 ■■ >>