■■ 縁  ~3~ ■■






c0195662_22592285.jpg


男の子だった。

もう、飛べない・・・


羽ばたいては落下し、
ひたすら 下草周りを

彼は、飛ぶというよりは、徘徊し続けていた。
たったひとり 暗がりで・・・





春先、アゲハの幼虫を育てていて
羽化に失敗した男の子を
庭で、なんとか少しでも飛ばせてあげたいと
頑張った時のことを思い出した。

その子は、どんなに手を差し伸べても、断固として拒否しているようだった。



・・・彼も、同じ反応をしてみせた。




c0195662_2259738.jpg




助けなど、情けなど 要らない、と。







c0195662_22594369.jpg



ひたすら 見守り続けることしかできない
しがない 人間が、ひとり


老いゆく 黒蝶が、ひとり



やがて 陽が 
彼を、神々しく 包みあげた・・・








息絶えたヒメジャノメを
私は、近くの葉上に そっと 乗せた



c0195662_22592794.jpg



きっと 近くに、あなたの仲間が
いるはず だから・・・




さようなら






歩き始めて少し



c0195662_230286.jpg


仲間が、いた。





そうだ、近くにはこの木があったっけ・・・




c0195662_22594696.jpg



卵は 幼虫になっていた。






さらに数日後。
この幼虫も、姿を消していた・・・

黒いアゲハも、ヒメジャノメも。





この3つの命は
今頃 他の命の糧となり


恵みを頂いた その命は
瞳 輝かせて、「生」を謳歌していることだろう!!







「生きるってのは、死ぬことなんだよ・・・」



テレビでやっていた、トキの番組で
ある人が つぶやいた言葉である。
by Sippo5655 | 2012-09-29 23:24 | 虫いろいろ | Comments(57)
Commented by 大阪のおっちゃん at 2012-09-29 23:37 x
こんばんは
生命が永遠だったら、、、そうもいかないしね、
終焉を見届けて貰うって幸せかな? それとも?
そう、神様が決めることさ。
Commented by てふ at 2012-09-29 23:45 x
>「生きるってのは、死ぬことなんだよ・・・」
沁みますねー。生があるから死があり、死があるから生がある・・・
人間の寿命から見ると昆虫はこのサイクルが早いから、それを実感させられますね。
これからは昆虫が減り寂しい季節になりますが
彼らの生き様を大切に撮ってあげたいです。
Commented by muiruka84 at 2012-09-30 00:18
Sippoさん、こんばんわ^^
生きるってのは死ぬこと…
深いですね。本当に心に沁みます
今回のシリーズ Sippoさんの深い愛を しみじみと感じました
Commented by nonohana28 at 2012-09-30 00:21
こんばんは。
胸が詰まりそうな出来事でしたね。
しみじみと読ませていただきました。
Sippoさんの優しい心とお写真を拝見するようになって
私自身も小さな生き物たちへの思いが少しずつ変わってきたように思います。
Commented by pastel24 at 2012-09-30 00:44
“縁”という巡り会い、添文と写真、大変興味深く拝見させて
いただきました。
生き抜いてきた証の翅、命のある限り尽きることのない生への
執着に、新鮮個体にはない格別なオーラ(輝き)を感じます。
最近、そんな見方が出来るようになりました。
きっと、羽化まで至らなかった仲間たちへの想いと、羽化できた
ことへの感謝の気持ちがあればこその執着なのでしょう。
見守り続けるしか出来ない人間として、素晴らしい光景を切り取
られたように感じます。
Commented by colorko at 2012-09-30 02:08 x
sippo☆さん こんばんは^^
自分の翅だけを信じて自分の翅だけを頼りに生きているんですよね...
台風が近づいていますね
こんな時私はいつも「お外の鳥さん どうか無事で」と祈ります
そしていつもsippo☆さんを思い出します
きっとsippo☆さんも同じように虫さん達の無事を祈っていると思うのです
Commented by ikimonokaigi at 2012-09-30 06:41
かなりの重傷ですね。結局どうなったのですかね?自然の摂理ですけど。
リンク、勝手にリンクしました。事後承諾ですみません。
Commented by himeoo27 at 2012-09-30 08:02
羽化直後の綺麗な個体の撮影を中心に行っていますが、
消えゆく命の最後の輝きも風情があって良いですね!
特に黒いアゲハの「目が生きている」ので救われる気が
いたします。
Commented by fairy ring at 2012-09-30 08:30 x
この世に生を受けた瞬間から死への道をひたすら歩み続けることが 生きているという証ですものね~
生きとし生けるものの宿命とはいえ 短い命を全うすることは 難しいです。
この小さな命の持ち主 さんたちも同様なんですね。
Commented by hideki at 2012-09-30 09:45 x
優しさをありがとう!!

(^^ゞ
Commented by peko at 2012-09-30 09:59 x
生きることは死ぬ事。。
そうなんですよね。
生あるものはいつか必ず死を迎えますね。。
死にたどり着くまでは精一杯与えられた命を大切にと思います。
でも生を全うすることは簡単なようで難しい事ですね。
生き難い今の世の中では特に。。
すべての生き物が命を全うできるよう、そう祈っています。
応援です☆
Commented by yukarin0513 at 2012-09-30 11:11
生き抜いて、生を終える

痛んだ羽さえ、美しく感じます

懸命に生きた姿は、神々しいですね。。。
Commented by mero at 2012-09-30 11:17 x
生きることは死ぬこと。。。
大変難しい課題ですね。。。
自然のいのちも人間の生命も同じ重さですよね。
それにしても人間以外の生命の終焉は潔いです。
Commented by kokoko1965 at 2012-09-30 14:41
「生きることは死ぬこと・・・」
深すぎますね。

pp。
Commented by tanaka-masato at 2012-09-30 15:59
こんにちは、Sippoさん。
彼を、神々しく、包みあげた・・・太陽。
黒蝶に寄り添うSippoさんの思いが伝わってきます。
Commented by Toshi at 2012-09-30 16:41 x
こんにちは。
生命ってはかないけれども、それが別な形で生きても行くのですよね。
P!
Commented by さくら at 2012-09-30 17:23 x
こんばんは^^
生きることは死ぬこと。。。
命あるものにはいつか死が訪れますね。
それを思うと切なくなりますが
こうして最後を見届けると
命の大切さが伝わってきます。
いつもありがとう。
Commented by neko at 2012-09-30 17:50 x
動けなくなった虫はなぜか不思議そうな様子に見えてしまいます。
あれ?体がどうも上手く動かない、変だぞ?」そうつぶやいて戸惑っているように見えるんです。
考えてみると人間の死も意識を失う直前はこんなものかも・・・
体は小さくても「命」が体を去る時は同じではないのかなーと思う。
生きることの意味や喜びも同じなのではないかなーと。
Commented by ゆっき~ at 2012-09-30 18:59 x
小さな小さな命だけど
大切な命
体は小さいけど
その心は大きかったはず
sippo☆の優しさは
きっと伝わったはず
天国できっと
大きな声で感謝してることでしょう
sippo☆さん ありがとう と
Commented by RANA at 2012-09-30 19:56 x
この時期、セミの亡骸も沢山見ますね。
でももっと多いのがミミズの亡骸。
よく見ると、アリさんが熱心に葬式&宴会をしています。
アリさんは勤勉ですね。
Commented by ten-zaru at 2012-09-30 19:59
Sippoさん、今晩は。
「生きることは、死ぬことなり」
まさにこの世に生を受けた全てのもの達の行く末だと思います。
Commented by 虎猫 at 2012-09-30 20:48 x
重みのある、いい言葉ですね・・。
トキの獣医。監視のボランティアの方々、
神経質なトキいい番組でしたね・・。
Commented by あんじゅ at 2012-09-30 21:39 x
生きることは、死ぬこと・・・
きちんと、いただいた命を全うしたいものですね。
台風で諦めてた中秋の名月
晴れの国“岡山”は
とっても綺麗に見えてます^^
あちこちで被害が出ないと良いんですが・・・
Commented by vangino at 2012-09-30 21:44
こんばんは
翅が破れてボロボロなのに木漏れ日のスポットライトを浴びた姿は
気高ささえ感じます。
動植物の命は輪廻転生、撮影者はそれを記録して記憶にとどめ
見守り続けたいですね。 ☆P
Commented by gonbe0526 at 2012-09-30 21:49
こんばんは
生きることは死ぬこと ずいぶん思い言葉ですね。
最も人間もほかの命をいただいて生きていますよね。

台風が関東に近づいています。
被害のないことをお祈りします。
Commented by m-kotsubu at 2012-09-30 22:03
こんばんは♪
小さな生き物たちの世界を見ていると
心が痛むことがあります。
でも、それは自然界ではあたりまえのことなのですよね。
いろいろなことに惑わているのは、人間だけなのかもしれません。
Commented by kohituzi at 2012-09-30 22:06 x
Sippoさん、今晩は~!
お久しぶりでーす。
生あるものはいつか必ず死を迎えますね。
Sippoさんのお話と画像を拝見していると、本当に色々考えさせられます。
小さな昆虫も人間も同じ生ある物ですもの・・・
名古屋に台風が上陸したので浜松は6時半から2時間位は雨・風、凄かったけれど、今は雨もやんで静かになりました。
明日はすっきりした秋晴れになるでしょう。
Commented by chantake123 at 2012-09-30 22:53
こんばんは。
「生きるってのは、死ぬことなんだよ・・・」
なるほど、アゲハやジャノメの生きざまを感じました。
ここ一ヵ月フィールドに出てません。ゆっくり虫たちを見に行きたいです。
Commented by grassmonblue at 2012-09-30 23:29 x
駅構内で出会ったヒメジャノメとはこの子でしたか。
緑のふところに還してあげるお気持ち良くわかります。
私も似たような経験をしました。
ホームで飛べないアゲハチョウをレスキューして川べりの木陰に連れて行きました。↓
http://blog.livedoor.jp/grassmonblue/archives/51629945.html
Commented by mark_blues at 2012-10-01 13:05
「せ」す
生命の営み
なんですね
すべてが
Commented by 山本 at 2012-10-01 14:24 x
こんにちは、ボロボロになった翅で必死に生きようとする。
パソコンの画面を平然とは見られませんが、Sippoさんの傍で
僕は幸せだったと思います。
Commented at 2012-10-01 15:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ぼんぼん at 2012-10-01 19:21 x
生きる事は死ぬ事、、、かぁ、、

全ての生命には寿命がありますよね
次の世代や、他の命の為に自らの生命を使う、、
これが自然、地球の摂理なんでしょうね

どうして地球は生命に”寿命”をつけたのだろう
無限、、とは言わないまでもそれに近い事は出来たはず?なのに
そう考えると 生きる事は、、
の意味もちょっとだけ分かった様な気がします
Commented by Ami(^-^)ノ at 2012-10-01 20:15 x
深いですね~生きること・・
丁度いま、ゴタゴタの最中で、なにもかも嫌になりそうだけど
こんな必死な小さな命を見たら、前を向いて歩かなくちゃって思いました。
Sippo☆さんの一日が、目に見えるようです。
ぽち
Commented by hiro-photo at 2012-10-01 20:39 x
こんばんは。
飛べない蝶を見ると哀れですが、なんともしてやれないのが辛いですが、仕方ないですね、コレが自然の姿でしょうね・・・・。
Commented by bluemillefeuille at 2012-10-01 20:54
この子は、この子の人生を全うしたのですね、
きっと。。。
自然は人間に、いろいろな事、教えてくれますね。
Commented by hirosi906 at 2012-10-01 21:02
最後の命を全うするそばで、また新たな命が育ってるんですね。
自然の生命力に感心させられます。
Commented by peko at 2012-10-01 23:01 x
応援です☆
Commented by emilia2005 at 2012-10-02 00:22
大自然の片隅で
懸命に生きている小さな生き物たちの姿を
Sippo☆さんのお陰で、こうして拝見することができます。
10月1日の写真はとても優しい色ですね。

P☆
Commented by jbl4312t at 2012-10-02 00:22
こんばんは。
Sippoさんの小さな命に向き合う深い愛情にいつも感銘を受けています。
誰もが、Sippoさんのような慈悲の心を持てたら世界はもっと幸せになれるのでしょうね!
                             sirabiso
Commented by gigen_t at 2012-10-02 07:54
彼か 彼女か 分かりませんが、 彼らに対する限りない 愛情、 涙脆い当方 コメントを拝見していて ジーーーン と来ます。 前にもコメントしましたが このような愛情が 素晴らしい 作品に 繋がる ものと思います。私も お隠れになった 昆虫たちを ソーーット 草の上に 乗っける 方です、
Commented by the-fuji at 2012-10-02 10:15 x
↑ 真似のできない手法、素敵です。
坩堝、まだ見たことありません。
Commented by komamichi at 2012-10-02 11:07 x
┏━━━━━━━━★┃ 
o(*'皿^)oこんにち@・.・@{ワン!

物語を聞いてる感がしました
短い蝶の一生も きっと幸せな日々だったでしょう
蝶には蝶の世界があるし 人間も、、
いつもSippo☆さんの 優しい目に癒されてます
Thanks(v^-^v)♪
             ┃★━━━━━━━━┛
Commented by あき at 2012-10-02 20:12 x
こんばんは☆
「生きるって死ぬこと」そう思います。
生まれたときからいつか死ぬ日がやってきます。
蝶だけでなく人間も動物も・・・
黒蝶、最後の最後まで生きようとしていたんですね。
生命を全うする、最後の最後まで・・・

↑四季があるっていいですね。
折々の風景、光景、いろいろ見ることができます。
出会えた子をいとおしそうに撮っているsippoさんの
優しい眼差しと姿が目に浮かびます。
Commented by asitano_kaze at 2012-10-02 20:44
黒蝶、最期の最期まで命を燃やしているのですね。
そのけなげさ、というより命の尊厳がずんと伝わってきます。
ヒメジャノメ、紙のようになって横たわる姿、けれど、神々しい姿です。
↓オオセイボウ、この輝き、自然の神様のなさる業でしょうね。
Commented by iroenpitu77 at 2012-10-02 21:12
ご無沙汰していました
このテーマに はっとします
生と死は隣り合わせ
生まれたその時から死に向かっていますから
わたしは死よりも どうやって生きたか
どんなところを住処とし 何を食べ 誰を愛したか
などなどに 興味があるかな~^^ 
Commented by kedama at 2012-10-02 23:10 x
命の営みは、その生き物の大きさでははかれないなと、
黒アゲハの顔を見て思いました。
外を歩いてると、目の前を飛ぶ蝶に目が行くようになりました。
最近は、マフマフのセセリチョウが分かるようになりましたよ(*^_^*)
Commented at 2012-10-02 23:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yoda-1 at 2012-10-03 12:58
ここまで欠損している個体は、滅多に逢えないですよね。
Sippo☆さんに見守られて、しあわせな小虫たちです。
折角生を受けたからには、気持ちよく終わりたい願望がありますです。
Commented by happysweet1205 at 2012-10-03 14:19
ヒメジャノメさんが命をかけてsippoさんを導いてくれたんですね。
精一杯生きぬいた小さな命 暖かく見守られて
仲間のいる場所に戻れて嬉しかったことでしょう。
生あるものはいつかは死す。。。
どんな風に生きたか誇れるように生きたい。
後悔のない生き方をしたいです。
P☆
Commented by midipa at 2012-10-03 20:41 x
こんばんは!
溌剌とした蝶も季節と共に
居なくなって行くんですね
精一杯生きた証を残しながら・・
生の大事さありがたさを感じました!
おうえん!
Commented by peko at 2012-10-04 00:53 x
今日のお写真も綺麗過ぎてしばし目が釘付け。。
アゲハチョウにもいろいろな種類があるのですね。
モンキアゲハ。ナガサキアゲハ。
本当に気品のある蝶ですね^^
こんな風にその姿をその命の輝きを
写真に残して下さって有り難うと言っているようですね^^
応援です☆
Commented by edogin at 2012-10-04 18:06
死ぬのは生きてるからなんだよ・・・どう言葉を変えても同じことだけど、とにかく精一杯生きたって感じられればいいですね。
Commented by natureflow at 2012-10-04 19:56
生きることと死ぬことと
新しい命と
見送ることと
さようならをして去ることと
かんがえさせられます。。。
Commented by *cranberry* at 2012-10-04 21:51 x
生と死、切り離すことができない関係ですね
こんなにボロボロになった翅の蝶、初めてみました
死期が近づいても、最後まで強く・・・
精一杯生きて、生を謳歌した姿は美しいですね☆


Commented by mizuki-39 at 2012-10-04 23:05
小さな虫さんたちの命を見つめ、見守っている、
SIppoさんならではの、お写真と文章ですね。
小さな生き物に、教えられることも多いです。
みんな生きるために一生懸命、
蝶も人間も同じですね。
Commented by winter_berry at 2012-10-04 23:37
Sippo☆さん、こんばんは*

いつか訪れる最期の時間まで、精一杯生きる。
懸命に生きようとする姿は、美しい。

尊い生命。 素晴らしい写真をありがとうございます。
名前
URL
削除用パスワード
<< ■■ 秋の紅 風雨戯る ■■ ■■ 縁  ~2~ ■■ >>