■■ もう一つの宝物 ■■



◆チョウ類保全協会ブログ更新・壁に耳あり、葉っぱに・・・






フィールドガイド 日本のチョウ

おかげさまで初版分につきましては完売いたしました。
ありがとうございます。
只今、重版印刷中につき、今しばらくお待ち願います。





・・・昨年8月
私は、飛翔で捉えるアオスジアゲハの翅表の撮影に明け暮れていた。

ところが、真夏のギラギラした直射光では
アオスジ本来の色がどうしても出せなかった。


9月
少し光が和らいだ頃 再び挑戦する。
唯一、あたりをつけたポイント
この頃にはだいぶ数も少なくなっていたけれど
ヤブカラシに集まるほんの2,3頭を頼りに
仕事を休んで連日、朝から夕刻まで通い詰めた。


特にオス表に関しては、性標がよく見えるカットが望まれていたため
素早い飛翔のアオスジのそれは 本当に過酷な撮影だった。


4日は通っただろうか。
残暑厳しい中、大汗かいて粘る。

甲斐あって、この地でオス表の撮影に成功。


c0195662_2250255.jpg




この後場所を変えて、メス表の撮影にも成功した。
(いずれも180mmマクロレンズ使用、MF 1枚撮影)

c0195662_22502423.jpg







この撮影期間に
実は素晴らしい副産物を得ていたことが
後日、判明した。



以下2枚、いずれもアオスジを待っている時に撮影したもの


c0195662_22302488.jpg





c0195662_22301237.jpg



アオスジだけに焦点を絞っていたため、
突如現れたこの2頭に焦点を合わせきれなかったのが残念ですが、

場所は文京区 小石川植物園
上はミヤマカラスアゲハ、下はアオバセセリです。


私自身、びっくりしましたが、
特にアオバセセリに関しては非常に貴重な写真であることがわかり
月刊むし8月号に投稿、掲載されました。


ご興味のある方は、45ページ「東京都心部でのミヤマカラスアゲハとアオバセセリの記録」を
ご参照ください。


アオバセセリに関しては、文京区での記録は82年ぶりだそうです。


尚、投稿に当たって
東京大学総合研究博物館助教であり、日本チョウ類保全協会幹事である矢後先生に
文章の執筆をお願いしました。

この場をお借りして、厚く御礼申し上げます。



※この経験から
私は、撮影に適さない日でも
「観察」だけは、しっかり行おうと心に決めたのでありました。




・・・小さないのちは
誰かが 愛を持って 注意深く見てあげなければ
誰にも気づかれず 消えてしまうかもしれないから
by Sippo5655 | 2012-08-03 23:08 | 虫いろいろ | Comments(36)
Commented by 大阪のおっちゃん at 2012-08-03 23:26 x
こんばんは
直向きな撮影、とても真似ることができませんね、
きっと神様が貴女に託されたのでしょう。
Commented by の子 at 2012-08-04 00:09 x
>撮影に適さない日でも・・
この言葉に目が覚めた思いです。
いつも中途半端な私、心を入れ替えて頑張らねばと反省です。

Sippo☆さんの前向きな姿勢に勇気をやる気をもらってます。
Commented by chantake123 at 2012-08-04 06:22
おはようございます。
Sippoさんの好きなアオバセセリですよね。
きっと日々愛情をもって観察されているので
身近な環境に生きる貴重な住民にも気づかれたのですね♪
私も地元の自然を大切に見ていきたいと思います。
Commented by winter_berry at 2012-08-04 11:02
Sippo☆さん、おはようございます♪

暑い中、数日に渡る過酷な撮影、お疲れ様でした。
体調の方は、大丈夫でしたか?

大変な撮影でしたが、偶然にも、貴重な撮影が出来て良かったですね*
でも、82年振りだったとは、ビックリでしたね。
自然や生き物たちを、大切に思っているSippo☆さんだからこそ、
彼らたちは、ここにいますよ。 生命を繋いでいますよ。 って、
神様が、そっと教えてくださったのだと思います(^-^ * )
Commented by mark_blues at 2012-08-04 11:40
「せ」す
アオスジ
はやいっすやねー(。・_・。)ノ♪
Commented by あき at 2012-08-04 11:50 x
おはようございます☀
8月の暑い最中、夢中で蝶を殺意するsippoさんの姿が目に浮かびます。
昆虫たちに愛情を持っていなければできないことですね。
私も蝶になってsaippoさんに観察されたいです(^。^)y-.。o○
面白い動きしますよ^^

本手元にあります。
大切にします。

Commented by tanaka-masato at 2012-08-04 12:00
こんにちは、Sippoさん。
すばらしい成果がありましたね。アオバセセリが82年ぶりの記録、とい
う貴重な撮影を可能せしめたのはSippoさんの愛情深いあきらめない
心のようですね。酷暑の夏ですからくれぐれもご自愛ください!
Commented by pastel24 at 2012-08-04 12:18
凄い特命を受けていたのですね
それを成し遂げる逞しさはもとより
昆虫たちと写真への愛情がなせる技でしょう。
当方の、過去のアオスジアゲハの画像を見たところ
翅表の画像は120度開き程度がMAXでした。
初版完売おめでとうございます。
保全協会編でチョウ好きの方々のこだわった執筆に
満足のいく内容の一冊です。
この手の本としては、価格設定も安価で助かりました。
Sippo様だけへのサプライズ、4日間のご褒美かな!
羨ましいけど必然なのでしょう。
よーし、フィールドへ行かなければ・・・
Commented by さくら at 2012-08-04 12:53 x
おお!小石川植物園は私もよく行く
お気に入りの密やかな場所^^
こんなにたくさんの珍しいチョウがいるんですね~~^^
会いたいと思わないと
見過ごすものなのですね^^
私もこの夏行ってみたいなぁ^^
ありがとう。
Commented by grassmonblue at 2012-08-04 13:37 x
アオスジアゲハの飛翔撮影には、ほんとうに頭が下がります。
過酷な条件クリアのための過酷な撮影の日々だったでしょう。
そして一体何回シャッター押されたのでしょう。
そんなご苦労がなければ都心のミヤマカラスやアオバセセリ特に貴重なアオバの発見もなかったでしょう。おめでとうございます。
専門誌に寄稿して記録に残すのは大切なことと思います。
Commented by おーちぃパパ at 2012-08-04 15:10 x
完売おめでとうございます。まだ見ていないので是非見てみたい本なのです!
アオスジ撮るのにこれほどの苦労をなさっていたんですね。ただでさえ速い蝶なので捉えた時はガッツポーズでしたね。
ミヤマカラスアゲハにアオバセセリ、Sippoさんすご過ぎ、名前が歴史に刻まれますね。
Commented by あんじゅ at 2012-08-04 17:57 x
暑い中、過酷な撮影頭が下がります。
82年振りだなんて、素晴らしいです。
虫はぜんぜん区別がつきません。
Sippoさんのように知識も必要ですね。
Commented by neko at 2012-08-04 19:18 x
小石川植物園にアオバセセリやミヤマカラスがいるとは正に驚きです。
虫はどんな所で何を見るかは分からないということですね。
記録だけはきちんと撮っておくことが大事だと思いました。

Commented by tanuki_oyaji at 2012-08-04 20:24
Sippoさん、こんばんは〜♪
貴重な蝶との出会い、おめでとうございます。
セセリチョウって沢山の種類がいるそうですが中でもアオバセセリはいちだんと綺麗な翅をしているんですね。
小さな蝶を見つけた時は良く観察するように気をつけなくっちゃ。
Commented by hiro-photo at 2012-08-04 21:07
こんばんは。
遊び半分の趣味の写真とは違って、図鑑に載せて販売するとなれば、生半可な写真では通用しませんね・・・、それだけ真剣さが必要とされる撮影です・・が、撮り終えた後の満足感は何物にも変えがたいのでしょうね・・・・。
Commented by Ami(^-^)ノ at 2012-08-04 21:11 x
うわぁ~綺麗~~宝石みたい!
お仕事休んでまで通い詰めた甲斐がありましたね~
輝いてますね、びっくりです*:.。☆..。.(´∀`人)
待っている間に、貴重な蝶に出会えたんですね。
82年ぶりですかっ(゚ロ゚屮)屮
貴重すぎる素敵な出会いでしたね。
また出会えたら良いですね~そのときは
思う存分撮りまくってくださいね。ぽち
Commented by 虎猫 at 2012-08-04 21:37 x
オテガラだったんですね。
でも、それも統計とかデータをきっちりしている方が
いてはじめて、貴重な写真だあることが、わかるんですね。
データをまとめる方のお仕事って大切ですね・・・。
Commented by fanseab at 2012-08-04 22:52
真夏の炎天下、このアングルでの撮影の難しさは、蝶の生態
写真を撮っているものにしか理解できないでしょうね。
朝方静止している時、アゲハの仲間は翅をダラリと開いて
いるのが多いですけど、アオスジは閉翅状態ですから、
吸蜜か飛翔時しかこのカットは撮れません。
お疲れ様でした。二度とチャレンジしろと言われても
気力が湧かないのではないでしょうか?
Commented by kame-photo-2 at 2012-08-04 23:26
Sippoさん、こんばんはです!
アオバセセリ、今年5月に初めて見つけましたが関西での生息時期は
8月までとか・・
もう無理かと思いますが、再度今度はじっくり撮ってみたいですね・・
ポチッ!
Commented by m-kotsubu at 2012-08-04 23:52
こんばんは♪
撮影のご苦労、頭が下がります。
アオバセセリ、素敵ですね。
暑いので、お体気を付けてくださいね~^^
Commented by Yukaina_Sennin at 2012-08-05 00:03
▼▼▼▼
≪フィールドガイド 日本のチョウ≫の初版完売と都心でのアオバセセリ・ミヤマカラスの撮影、おめでとうございます!
“生きものたち”からの、Sippoさまへのプレゼントでしょう! v(^^)v
P★♪!
Commented by happysweet1205 at 2012-08-05 02:00
こんばんは~
残暑厳しい中での撮影に連日勢力を傾けるsippoさんの情熱が
アオスジアゲハさんやミヤマカラスアゲハさん、アオバセセリさんにも伝わったのかもしれないですね。
文京区での記録は82年ぶりってすごいですね!!
月刊誌への掲載もおめでとうございます。
小さないのちへの愛情 私も自然の中で注意を向けたいと思います^^P☆
Commented by muku3h at 2012-08-05 14:29
こんにちは、
そうですか、
私もよく良く行くここで、
貴重なセセリがいるのですね。
それはちょっとびっくりです。
今度良く見てみる事にします、、、でも、出会っても
私ではなかなか分からないですが、、、、
Commented by hakutou5 at 2012-08-05 14:49
こんにちは~。
アオスジアゲハは動きの速いチョウで焦点が難しいですね。
捉えたようでもアップにしてみるとブレていたりします。
ハンターのようにじっと待機するのですね、感心…
ポチ!
Commented by fairy ring at 2012-08-05 15:28 x
この暑さの中 粘るのは 本当に大汗かくと思います。
ヤブガラシは アオスジアゲハの大好物ですね~

小石川でしたか~ 私も時々行きますが アオバセセリなんかにお目にかかったことはありません。
観察って すごく大切ですね。

今日もこの暑さのなか 粘って撮ってはきましたが・・・
Commented by himeoo27 at 2012-08-05 16:35
アオスジアゲハは側面撮影でも苦労したチョウです、
1年以上チャレンジして、やっと写すことが叶いました。
表翅は、昨秋に大人しい個体を見つけて何とか撮れました。
但し↑の飛翔画像の方が動きがあって素敵ですね!
Commented by edogin at 2012-08-05 16:52
アオスジアゲハ確かに秋のほうがキレイな色が出ますね
沢山見かけることが出来る蝶でも、一つのテーマを達成しようと思うと、なかなか時間の掛かる撮影になりそうです。
Commented by hirosi906 at 2012-08-05 17:38
こうして本が出来上がったんですね。
改めてこの粘り強さに頭が下がります。
おまけに貴重なセセリ蝶まで、この熱意が大事ですね。
Commented by colorko at 2012-08-05 18:40 x
>・・・小さないのちは
>誰かが 愛を持って 注意深く見てあげなければ
>誰にも気づかれず 消えてしまうかもしれないから

そうですね本当にそうですね
きっとちょうちょさんもsippo☆さんのように
心がある方の前に姿を現すのだと思います
sippo☆さんはちょうちょさんに選ばれた方なのだと
いつも思って拝見しております
撮影の御苦労...本当に頭がさがります
重版印刷中とのこと頑張った甲斐がありましたね^^
Commented by ten-zaru at 2012-08-05 19:07
Sippoさん、今晩は。
4日間も通った成果は大きかったですね。
アオバセセリ、まさに貴重な蝶なんですね。
Sippoさんの観察眼には頭が下がります。
Commented by muiruka84 at 2012-08-05 19:15
小さないのちは
誰かが 愛を持って 注意深く見てあげなければ
誰にも気づかれず 消えてしまうかもしれないから

いつもSippoさんの写真に 小さな命を大切に想う気持ちが込められていますよね
本当に 時間と労力を割いて活動されている
その思いに脱帽です・・・
いつも 貴重な写真をありがとうございます♪

Commented by vangino at 2012-08-05 21:48
こんばんは
初版本完売おめでとうございます。
アオスジアゲハの翅表を狙うのは本当に難しいですね・・努力に頭が下がります。
しかしついでの撮影が貴重な出会いだったんですね!
ワタシも花が少ないこの時期ヤブカラシに集まる蝶を撮っています。
☆P
Commented by てふ at 2012-08-05 21:52 x
そういえば、アオスジの横と飛びはいっぱいあるけど
背中(表翅)って少ないです。
アオスジ君は蝶界のゴルゴ13で人に背中は見せないのかも(爆)
Commented by kedama at 2012-08-05 23:19 x
つい最近、ガイドブックを見ながら
「昼間見たチョウはアオスジアゲハというのかあ、オスメスの違いって分かるようになるかなあ」と写真とにらめっこしていました。
最近は、チョウを見ると話しかけるようになりました。
sippo☆さんのおかげです(^o^)丿
Commented by Toshi at 2012-08-06 10:27 x
こんにちは。
昨年は本当に大変な年だったのですね。
でも重版されるくらいと聞き、苦労が報われた思いでは?
よかったですね。
P!
Commented by ごま at 2012-08-14 14:06 x
月刊むし掲載おめでとうございます。
素晴らしい記録。日頃の活動の賜物ですね。
(保全協会のメールで初めて知りました)
名前
URL
削除用パスワード
<< ■■ 真夏の淡雪 ■■ ■■ 花と虫 ■■ >>