■■ Requiem ■■



木陰の暗がりに ひっそりと
風に耐える 星ふたつ


c0195662_22302089.jpg












c0195662_22303233.jpg


名前もわからない 蛾さん
上の子が寄り添って 抱えている
下の子は すでに息絶えていました


私がカメラを向けると
上の子は 体を動かして
よりしっかりと 下の子を守るように
体勢を変えたのでした










c0195662_22304318.jpg



翅先に そっと 手を添えて

ひっきりなしに吹く 冷たい風から
彼女を守るように


この子たちに 一体何があったのか
それは 知る由もないけれど


私には 彼が 永遠に 彼女を守り抜く
決意で 此処に居ると
信じずにはいられなかった・・・







どれだけの時間を
私は、このふたりと共に
涙ぐみながら 過ごしたことだろう



c0195662_22305198.jpg



美しき愛の絆

どうか 永劫の星となって
天空高く 輝き続けて欲しい・・・



虫にも 「心」があることを
私は、信じています。
by Sippo5655 | 2011-10-05 22:51 | 虫いろいろ | Comments(48)
Commented by jbl4312t at 2011-10-05 23:02
こんばんは。
感動的な蝶の姿ですね!
本当にこの小さな体にも心が宿っているのですね。
Sippoさんでしか撮れなかったお写真だと思いました。
                         sirabiso
Commented by izayoi_forest at 2011-10-05 23:04
蟲にも 花にも 木にも
心を感じたとき たましいが共振する
そんな気がします
Commented by fairy ring at 2011-10-05 23:14 x
素晴らしいですね~

生きとし生けるものには 魂が宿っていると思います。
そして愛の絆もあるのでしょうね。
感動しました。
Commented by m-kotsubu at 2011-10-05 23:18
こんばんは♪
どんな生き物にでも きっと心はあるのでしょうね・・
写真を撮っていると そのことをとても感じることがあります。
良い時間を過ごされましたね。
きっと、この子たちにも Sippoさんの優しい気持ちは通じたでしょう。
ぽちっ!
Commented by kame-photo-2 at 2011-10-05 23:41
Sippoさん、こんばんは!
実に感動的なシーンですね・・
動物の世界ではTV等で見てますが、昆虫でこのシーンは初めて見ました・・

蛾の名前・・ただいま検索中・・・

ポチッ!
Commented by june at 2011-10-06 00:13 x
とっても切なくなってしまう光景ですね。
なんとなく、カメラを見つめる目が悲しげに見えてしまいます。
写真を撮っていて、目が合うと、何か語りかけているように感じることがあります。
すべての生き物にはきっと心があると思います。
P☆
Commented by の子 at 2011-10-06 00:38 x
生あるのも全てに心はあると、私も信じています。
だからこそ、命を繋いでこられたのではないでしょうか。
織り成す絆、素晴らしいですね。
胸にキュンときます。
先日の「片道切符」にも泣かされました。
Commented by 大阪のおっちゃん at 2011-10-06 08:17 x
お早うございます
この子達、よく見つけられましたね、
よく見ると、下の子を外敵に食べられないように守ってる様にも見えます。
下の子はもう死んじゃってるのですか、二枚目の上の子、瞳が悲しげ、
何か訴えてるようにも感じてしまいます。
Commented by 山本 at 2011-10-06 09:30 x
おはようございます、凄いという言い方は適切ではないかと
思いますが、昆虫がこのような行動をとるんですね。
魂がなければ出来ないことですね。
Commented by Toshi at 2011-10-06 10:27 x
こんにちは。
感動的ですね。
私も虫に「心」があると思いました。
P!
Commented by 愉快な仙人 at 2011-10-06 10:36 x
おはようございます!
ただ・・・(T_T)(T_T)(T_T)・・・でした!
Sippoさまは お優しい方ですね!
Commented by シロチャンのパパ at 2011-10-06 10:42 x
感動的シーンですね~
虫にも魂があると思います

Commented by ぼんぼん at 2011-10-06 10:56 x
メイガさんの仲間でしょうか、、 ハイマダラノメイガさんとか??

昆虫なんて、心がある訳が無い かと思いきや、人間ごときには分析不能な事もたくさんあるみたいですよね~
以前、死んでしまったメスからずっと離れない”オンブバッタ”を見た時にもそう思いました じ~んときちゃいますよね(T_T)

そうそう、私も(多分)同じ蛾を撮って在庫写真として持ってますので、今度出してみます
この”クリッ”とした目が印象に残ります
もの言わぬけど、何かを考えている様な目です、、、
Commented by randomharvest at 2011-10-06 12:51
2枚目の瞳がとても印象的です。
Sippo☆さんのきれいな心も
写真に表れていますね!
Commented by mark_blues at 2011-10-06 13:25
「せ」す
いとなみ

すごいですね
Commented by edogin at 2011-10-06 13:32
害虫扱いされる蛾にも、実は人生のストーリーがあるんだなぁ
Commented by colorko at 2011-10-06 16:25 x
sippo☆さん こんにちは^^
本当ですね
冷たい風から大切な彼女を守っているように見えます
彼女が息絶えたことを受け入れられずにいるのでしょうか
瞳に優しさと強さを感じます

Commented at 2011-10-06 16:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by izumitani128 at 2011-10-06 16:56
こんにちは!

珍しい蝶ですね
見たことが無いです・・・sippoさんには敵いませんね

色んな蝶に出会えるなんて・・・見させて頂いてる私心も痛みます。。。
Commented by kimama-time at 2011-10-06 17:00
sippo☆さんの感性に感動し、ストーリーに涙しました。
私も虫に心があることを信じています。
Commented by asitano_kaze at 2011-10-06 17:43
下の子はすでに絶えているのですか。
彼は覆い被さってまもっているのですね。
2枚目は意を決した目をしていますね。
私もそう思います。虫にも草にも心はあると。
Commented by kokoko1965 at 2011-10-06 17:54
ドラマがあるのですね・・・。
p。
Commented by h_e_r_om at 2011-10-06 18:12
魂の存在が確認できた瞬間ですね。
愛の絆よ 永遠なれ。
Commented by mizuki-39 at 2011-10-06 20:24
下の蝶は息が途絶えていたのですか・・。
なんだかジーンとくる場面ですね。
虫にも人間と同じように、心があるのですね。
sippoさんでなければ気がつかないシーンだと思います。
Commented by h_nakazato at 2011-10-06 20:27
これはドラマですね。なんだか物悲しいシーンです。
Commented by hiro-photo at 2011-10-06 20:49 x
こんばんは、
自然は、時には厳しすぎるくらいに小さな生き物に接していますね、そんな中でも精一杯に生き延びる努力をしていますから、生き物は素晴らしいですね・・・。
中には一生懸命・・の甲斐も無く・・・、それはそれで運命と思わなければなりませんね・・・。
Commented by ゆっき~ at 2011-10-06 21:14 x
この2人に
いったい何があったのでしょうか?
その相手の方は
亡くなっちゃったのかな?
いつまでも
時を忘れて
その方を守る
きっといつまでも
ずっとずっと
2人の
永遠の時間を信じて・・・・・

ぽちり
Commented by iroenpitu77 at 2011-10-06 21:44
sippoさん こんばんは
すごいですね
2枚目 何か訴えかけて
いるように見えますね
きっと絆で結ばれている
2人なんでしょうね
Commented by rana_sp at 2011-10-06 21:44
ヨモギエダシャク?
Commented by ten-zaru at 2011-10-06 21:51
Sippoさん、今晩は。
私達はそっとこの子達を見守るしか出来ないんですね。
そっと見守って、祈ってあげるしか出来ないんです。
Commented by neko at 2011-10-06 22:09 x
これはエダシャクの仲間ですね^^

もちろん虫達にも心があります。
1960年代には動物に心があるなどという主張は冷笑の対象だったそうです。

個体の生存の持続は生殖とともに生命の第一優項目です。
そして効率の良さが種生存のキーファクターです。
そして生きる喜び以上に生きる意欲を効率的に維持する方法を思いつきません。
喜びを感じる=心があるということ。
この解釈が自分にはすっきりします。
Commented by gonbe0526 at 2011-10-06 22:52
こんばんは
感動的なショットとともにSippoさんの感動的な言葉が響きます。
できればそっと見守ってやりたいですね。
Commented by あき at 2011-10-06 23:19 x
こんばんは
無機質なものには心がありませんが、
生きている昆虫や動物には心があると思います。
生あるものいつかは死が訪れます。
でも、生きていたことは確たる事実です。
そして絆は消えることもないです。
ずっと一緒です。
Commented by mero at 2011-10-06 23:20 x
こんばんは。。

本当に感動的な生の営みのひとコマを私はこころに刻みました。。
生あるものにはみんな心があるのですね。
2枚目の目に哀しみとSippo☆さんへの感謝のまなざしを感じました。

タイトルどおりの鎮魂歌をこのまなこが語っていますね・・・・
Commented by Ami(^-^)ノ at 2011-10-06 23:28 x
蛾って嫌われがちですが
こんな感動的なシーンがあったんですね。
思わず涙ぐんでしまいました・・
永久に二人。輝く星になることを願わずにはいられませんね。ぽち
Commented by happysweet1205 at 2011-10-07 01:58
とても感動的ですね。
一途な愛・・・・
sippoさんの言葉がまた心に沁みます。
人間と同じように虫さんたちにも心があるんですね。
ジーンと私の心も熱くなりました。
魂はずっと一緒にいれますように。。
P☆
Commented by the-fuji at 2011-10-07 06:56
まさしく愛の絆ですね。よく二匹でいるところをキャッチしますね。ポチ
Commented by chisa at 2011-10-07 12:26 x
目頭が熱くなりました。。
生きていると必ず死が訪れる。
今は傍を離れたくない。
生きているものにはそれぞれの世界が広がっていて心はあると思います。
Commented by hakutou5 at 2011-10-07 14:23
こんにちは~。
こんな写真を見ると虫にも感情があることを信じたくなります。
無意識ではここまで出来ませんよね。
切っても切れない絆で結ばれているのですね。
ポチ!
Commented by biwahama at 2011-10-07 18:38
胸打たれました。
亡くなったと知ってもそこから動けないのでしょうか。
虫さんにも心がきっとあるように想いますね。
命は尊いものですね。
Commented by yukarin0513 at 2011-10-07 20:14
生きてきた証しを、確かめるように寄り添って。。。

雨の日も、風の日も

いつまでも一緒にと誓ったのに。。

美しき愛

うつろう季節が、風を運びます。
Commented by おさかな at 2011-10-07 20:28 x
こんばんは
虫にも心はあります
そして 鉄塔にも あるはず
Commented by 虎猫 at 2011-10-07 20:40 x
「蛾」って敬遠されがちですよね。そう、わたしも、少し苦手。
ですから、なかなか生態系も知られて居ない。
どこにでもいる、いつも見かける種類に
すごいドラマがあるかもしれませんね。
そこに、目を付ける、sippoさんもすごい!
Commented by hiro-6415 at 2011-10-07 22:40
こんばんは!
「虫にも心があると信じます」とのsippoさんのコメント!
ジーンと心を打たれました。
Commented by natureflow at 2011-10-08 12:49
蝶のカップルの
美しく懸命な姿
Sippoさんの思いが共振して
伝わってきます。
Commented by tabbythesockcat at 2011-10-08 16:53
本当に守っているように見えます。
老夫婦のようですね。
命って儚いから大事にしていかなければ。
一生懸命に生きるのですね。
Commented by バンビ at 2011-10-08 17:03 x
こんにちは。
涙がでて、考えさせられるワンシーンですね。
この子は、守られて亡くなって・・・
人間と重なる部分がありますね。
一人で静かに亡くなる無縁時代。
生物に教えられる部分が多いですね。

Commented by てふ at 2011-10-08 21:30 x
自然界には生態や科学では説明できない事ってありあすよね。
私も昆虫に「心」があると思っています。^^
名前
URL
削除用パスワード
<< ■■ 10月の旅人 ■■ ■■ 片道切符の蝶 ■■ >>