■■ 御礼 ■■


↓記事にたくさんの温かなコメントを頂き、ありがとうございました。

これまで、私が接してきた 大好きな虫たちの
生き生きと輝く、愛らしいお顔
健気に生きる姿・・・

いつも、彼らの立場に立って見つめ
このブログで伝えてきました。

1年前 そして今回の経験で
深い悲しみの底に引きずりおろされたような思いでした。

辛いけれど
これが、現実なのだと、身をもって知りました。

読者の皆様にも 辛い思いをさせてしまって
申し訳ございません。


傷ついた3頭を、私は連れ帰りました。
最後の1頭は、この後2日間も 生き続けたのです。

そして、私の目をしかと見つめ
メッセージを託してくれました。


このメッセージを胸に
今後も、変わることなく
輝くいのちの素晴らしいドラマを
伝え続けていきます!
by Sippo5655 | 2011-05-29 00:18 | 虫いろいろ
<< ■■ 白昼夢 ■■ ■■ 最悪の外敵 ■■ >>