■■ 感謝 ■■




すみません、なかなかゆっくりPCに向かえず

ハッチーの記事の続きを考える時間が無くて><




先にウラナミシジミとの出逢いを・・・



貴重な晴れ間に恵まれた日でした



「なんとなく」 ここに行こうと決めて

電車とバスを乗り継いで 出かける。



ここで出会った とあるウラナミシジミは

羽化不全と思われる子でした。






c0195662_21514517.jpg



痛々しく見えるけど

飛ぶ分には、それほど問題なかったのかもしれない








c0195662_22105336.jpg


大きな寒波が来る前に


この子に出会えて 励ましてあげることができて 良かった








そして数日後。


再び晴れ間と仕事休みが重なり


このウラナミシジミに、また会いたくなった。









現地に着いてから

まずは周辺で遊んでいると


ふと、蝶が目の前を横切るように飛んだ。



追いかけると、これまた羽化不全と思われる子








c0195662_21512631.jpg


同じ子・・・?それとも、違う子・・・?






この子は 私がカメラを向けている間中

にこやかに微笑んでいた。








Sippo☆さん

こんな私たちを見つめてくれて ありがとう



本当は・・・

綺麗な翅は 憧れだった



でも、この翅でも 充分飛べる

飛べる限り いっぱい飛んで

今日まで 生きる喜びを謳歌したよ!








[ウラナミシジミ]






# by Sippo5655 | 2017-11-22 22:23 |

■■ 晩秋ハッチー ~ 1 ~ ■■






この欄干では

実にいろんな子たちが 暖をとっていた





c0195662_22261666.jpg


ツチイナゴと カメムシ


どちらも 成虫で越冬する







そして、この日


最も多く見かけたのが


このハチさん







c0195662_22252461.jpg




[フタモンアシナガバチ]



~ to be continued ~





# by Sippo5655 | 2017-11-10 22:31 | 虫いろいろ

■■ 種を越えて ■■









ようやく晴れ間が出たものの

冷たい北風が吹いた この日



近所の河原にて。








c0195662_22041730.jpg



金属の欄干は、熱伝導が良いから

とても暖かい。




ちゃんとそれを知っていて


ここには多くの虫たちが暖をとっていた




この子たち


隣合って

何をか語り合ったでしょうか・・・




語り合わずとも

この距離


きっと、同じ想いを共感し


共に頑張ろうと 

絆を深めたに違いない




あの猛烈な台風も、

厳しい寒波も、耐え抜いたのだから。









[コバネイナゴとオンブバッタ]








# by Sippo5655 | 2017-11-02 22:29 | 虫いろいろ | Comments(34)

■■ あきいろのびんせん ~ 2017 ~ ■■









c0195662_21564882.jpg









[ウラナミシジミ]







# by Sippo5655 | 2017-10-27 22:16 | | Comments(27)

■■ 空を斬る ■■








実を言うと

コスモスに埋もれながらも


少し先にこんもり茂る

雑草に埋もれた

あの「黄色い森」が どうにも呼んでいて・・・



気がつくと 足はそちらに向かっていた









c0195662_22474411.jpg





さらに凛々しく映えていた蝶。




↓のツマグロヒョウモンとの違いは

成虫で越冬するということ。



翅先が 鋭く尖る。



厳しい冬との闘いに勝てるようにと

神様が 下さった・・・

これもまた お守りのようなものなのだろうか。






[キタテハ]





# by Sippo5655 | 2017-10-20 22:12 | | Comments(26)

■■ 凛 ■■





コスモスと キバナコスモス。



花としては コスモスの方に惹かれるけれど

+蝶となると、話は別で

圧倒的に、キバナコスモスに軍配が上がる




それをわかっていながら

この日 会いたかったのは

コスモスの花だった




つい 4日ほど前のこと。


今現在からは想像もつかないくらい

非常に蒸し暑い日だった。


秋風どころか、汗を拭いながら歩くはめになる



そんな中 意外な蝶が 訪れていた












c0195662_21380390.jpg




母蝶。

産卵の合間の 束の間の休憩だった






擦り切れた翅すら

なんかね、


すごく・・・ 格好良かったんだ!!



このシャッターを切った瞬間、

涼風が 駆け抜けた気がした。





そして それまで撮っていた

花だけの写真は

全て お蔵入りとなった(笑)





[ツマグロヒョウモン ♀]











# by Sippo5655 | 2017-10-14 22:06 | | Comments(23)

■■ おかえりなさいLOVE♪ 2 ■■





わりと どこにでもいる子は「普通種」と呼ばれ

いる場所に行かなければ会えない子は 「希少種」と呼ばれる


そういう見方で見れば

この蝶は、間違いなく「普通種」



でもね、我が家の近所の 某フィールドには

この蝶は 一匹もいない・・・












c0195662_21381310.jpg


意外に 環境の変化に弱いという・・



別のフィールドに立てば 当たり前のように飛んでいる。





そんな違いを実感するたびに

小さな、地球の悲鳴を聞くような気持ちになる




[ヒメウラナミジャノメ]







そういえば


最近、キマダラセセリを見かける回数が 激減した


数年前には 都心の公園にも たくさんいたのだけれど





↓この子です。





c0195662_21375769.jpg








希少種は 当たり前のように 守られるけれど


現在の、「普通種」が もしも危機に瀕しているとしたら・・・



日々の観察の中で 察知していくしかない



それは、唯一 自然を「破壊」できる力を持った

人間の、心に宿る「義務」でもあると思う





# by Sippo5655 | 2017-10-06 22:19 | | Comments(29)

■■ おかえりなさいLOVE♪ ■■









夏が終わりに近づき


セミの声が日に日に弱々しくなってくる頃・・・




いつも身近にいて

いつでも会える



そんな 存在だから

意識すらしないほど 


愛しいお友達が


そっと・・・ 語りかけてくる









c0195662_21485441.jpg





こんなにも 身近に

たくさんいる蝶なのに




愛を育む姿を見ることができたのは

これで3回目。






それはともかく


この子たち・・・


本当に 深く結ばれたカップルだなあと


ついさっき! 思った。




PCに取り込んだ画像をよく見ていたら


重なる 翅の模様が

見事に繋がって

二人一絵となっていた










c0195662_21483623.jpg




そして この子たちの

無垢なお顔






自然って 


ほんと 美しいね・・・






[アゲハ]







# by Sippo5655 | 2017-09-27 22:24 | | Comments(25)

■■ ぶどうの香りに包まれて♪ ~2~ ■■





私、ツノがある方が頭だと思って撮影してました



・・・が!!!


なんと、頭は反対側でした154.png





c0195662_22132321.jpg



ツノのように見える部分


ここが この幼虫さんのチャームポイントでして


びっくりすると、ここから火花のようなものが出てくるんですって!!


実は、これを見たくて 

探し続けていたとも言えるのですが^^;






見つけたからには、やってみました。


はい、脅かして・・・ツンツンって(幼虫さん ごめんね)





でも、残念ながら、花火は見れませんでした。





たぶんね、幼虫さんは


Sippo☆のこと 敵だと思っていなくて(その通りです)


ツンツン、も お遊びしようよ~~ っていうメッセージくらいにしか

捉えていなかったのではないかと、


勝手に解釈することにしました172.png





[ウラギンシジミ 幼虫]







# by Sippo5655 | 2017-09-19 22:29 | | Comments(26)

■■ ぶどうの香りに包まれて♪ ■■




ご無沙汰してしまいました119.png






まずは、↓記事について


セセリチョウのシーンですが

私にも何がどうなっているのかわかりません154.png


偶然映り込んでいた光景でした!





ちょっと多忙で撮影もおろそかになっていましたが

落ち着いてきましたー!







ここ数年。


 ずっと探していた

ある幼虫さんがいました





その子は ぶどうの香りの御殿に暮らしていて、

その姿を見つけることは 容易でないらしい。






そう言われると、なんとか見つけてみたくなる。


そう思いながら

あの香りが漂う季節になると 



こそこそと、何やら怪しげな行動に走る。。。






ため息をついて

諦めていた日々。



ついに、そんな日々にピリオドが打たれた





クズの花。






c0195662_21560939.jpg






[ウラギンシジミ 幼虫]






~ to be continued ~






# by Sippo5655 | 2017-09-12 22:19 | | Comments(23)