■■ 極小の煌めき ~ 5 ~ ■■




極小の虫に魅せられて

自分でもよく通ったものだと苦笑いしながら


この日は ちょこっと様子を見て他へ周るつもりだった。



何気なく見たら 別の子が、くつろいでいた




c0195662_2119161.jpg



触角が両方あるから、前々回の子ではない



まったりと・・・

くつろいでいることは すぐにわかった



そして、あることに気づいた






c0195662_2119326.jpg




なんか先っぽにくっついてる


これは、何だ!?







c0195662_21195151.jpg




え・・・

もしかして、産卵管!?


無事産卵を終えて このままなのだろうか・・・


ネット上では資料に乏しく わからなかった。




そして、この子は何度もこんな仕草を繰り返した









c0195662_2120442.jpg



羽を開くと 

隠された さらに美しいブルーの宝石が

垣間見えた





たぶん・・・ 今日が今季最後と 

拙いストロボを駆使して

対峙した










c0195662_21201573.jpg



ありがとう。

あなたも お母さんだったんだね。

立派だ・・・!!!









さらに数日後 




何事も無かったように 静まりかえる

針葉樹の切り株と 風にそよぐ草むらが

また来季と 微笑んでいた





~ fin. ~
# by Sippo5655 | 2017-06-20 21:51 | 虫いろいろ | Comments(18)

■■ 極小の煌めき ~ 4 ~ ■■



この子に魅せられて

通うこと 5回目だったか、6回目だったか・・・


時を経るごとに 個体数が減るのか

出会うまでが想いと根気の繰り返し。



さんざん探し やっと出会えた この子は


葉上でくつろいでいた




c0195662_222348.jpg



あなたは お母さん?

産卵を終えて 休んでいたのだろうか・・・




まったりと お顔洗ったり

あちこちのお手入れをしていた

ん~ 人間でいえば、「美容」タイムかな!?



そんな和やかな姿に Sippo☆は 思わず。。。









c0195662_2224722.jpg




人差し指に 




この子。信頼してくれました。

人間を





c0195662_2225775.jpg




あのね


Sippo☆の指の上で

お手入れを続けてくれたの(*´∇`*)





c0195662_223853.jpg




この子の魅力をなんとか伝えたくて

リングライトまで購入し、それはボツになり。。


さすがに、回数重ねて 外付けでなんとか綺麗に撮れるようになった頃。



憧れ続けたこの子が今

私の指の上でくつろいでいる・・・




目頭が熱くなった



~ to be continued ~
# by Sippo5655 | 2017-06-16 22:20 | 虫いろいろ | Comments(23)

■■ 極小の煌めき ~ 3 ~ ■■



何回目かのリベンジのとき

お母さんタマムシ 懸命に産卵するひとときを共有できた





c0195662_2128080.jpg



産卵管を伸ばして


穴の中に埋め込むように・・・





c0195662_21281523.jpg



丈夫な産卵管

一体、いくつの卵を産むのだろうか







c0195662_21283092.jpg














c0195662_21284690.jpg







ここなら安全かしら


ここはどうかしら・・・


そんなことを想いながら 産んでいるのだろうか







c0195662_2129045.jpg




一連の画像の撮影時間は、12:08~13:12


暑さを忘れて 集中した




お母さん 頑張ったね





c0195662_21291274.jpg




草の上で、一休み。


触角が1本 ちぎれていたことに このとき 気づいた



~ to be continued ~

# by Sippo5655 | 2017-06-12 21:48 | 虫いろいろ | Comments(23)

■■ 極小の煌めき ~ 2 ~ ■■



いきなり、下手くそなイラストですみません^^;


「タマムシ」の代表格といえば「ヤマトタマムシ」



マスダクロホシタマムシの「最大サイズ」と、ヤマトタマムシの「最小」サイズを

並べてみました。


c0195662_21243715.jpg




マスダクロホシタマムシは、どんなに頑張っても

ヤマトタマムシの半分の大きさ。



通常サイズは、1円玉の半分くらいと想像してみてください。







この煌めきを綺麗に描写するには、ストロボ必須、

初日は、横着して内蔵ストロボで。




c0195662_21245965.jpg



影ができてしまう><



ちょこまか動き回る。。

複眼のピントがぁぁぁ。。難しいっ



障害物もあるしっ





c0195662_21251438.jpg



なんかこの子、緑に見えたり 赤に見えたりするしっ



その上、飛んだら着地点を見極めない限り、ジ・エンド。



さらに難題は、あまり早い時間には見つからないし

昼過ぎるとぱったり姿が見られなくなってしまう (・・*)



Sippo☆的には 11:00~13:00限定!?






2回目は、小型の外付けストロボに切り替える。




c0195662_212525100.jpg



初めて 葉っぱの上のこの子を撮影できた。


それでも、なんだか納得いかないまま

とにかく見つけたら撮り続けた





[マスダクロホシタマムシ]




~ to be continued ~
# by Sippo5655 | 2017-06-08 21:50 | 虫いろいろ | Comments(16)

■■ 極小の煌めき ~ 1 ~ ■■



その子の存在を知ったのは 昨年の晩秋。

以来、会いたくてずっと探し続けていた。



念願叶ったのは、半年後の今季、5月下旬。


小さな緑が輝いて飛んだ。


直感でこの子だとわかった。



あまりにも小さなこの子。

その撮影は、思った以上に困難だった。



結果的に5回のリベンジを繰り返すことになった。



まずは、初回の出逢いの一枚から。






c0195662_21224719.jpg





[マスダクロホシタマムシ]




~ to be continued ~

# by Sippo5655 | 2017-06-05 21:34 | 虫いろいろ | Comments(19)

■■ 旅立ちのとき ~ 3 ~ ■■



何も知らないまま 撮影していた・・

後から、いろいろ知った。



害虫に位置づけされていること

そんな虫の生態を詳しく記した文献に出会ったこと。



それでも

その瞬間を間近に見た驚きと共に

記しておこうと思った。





害虫という言葉が、常に脳裏を駆け巡りながら

この記事を書き進めた。


人間にとって都合の悪いものは 全て「害」と名付けられる中

そう呼ばれた彼らも、ただひたすら 必死に生きている。


ともすればモンシロチョウだってアゲハだって

野菜を食い荒らす「害虫」なのだ。



以前、トコジラミに刺されて大変な目に遭った。


もし、今トコジラミの生態を目の当たりにしたとしたら。

私は迷わず記事にすると思う。



人間が最も偉いわけではなく、

全ての命は平等に それぞれの使命を果たしていると考えるから。










c0195662_21524715.jpg



拙い写真しか撮れなかったけれど

上の3匹


どんな思いでいるのだろうと思いながら



これから先 昆虫と呼ばれるいのちの存在を

伝える難しさをも知った、初夏の一日。
# by Sippo5655 | 2017-06-03 22:13 | 虫いろいろ

■■ 旅立ちのとき ~ 2 ~ ■■




撮影時には 名前すらわからず

ただ、羽のあるアリだという認識だけだった



帰宅してすぐに調べた。


この子の名前は 「ヤマトシロアリ」

言わずと知れた 人間にとっては「害虫」



4~5月の晴天の午前中。

旅立ちの儀式(群飛)は この時に限られ

薫風に乗って 一斉に旅立つ。


羽化したばかりの子はあまりにも弱く

飛ぶというより、風に流されて流浪の旅に出る。


弱いゆえに 飛ばされながらも 様々な外敵の餌食となり

無事、着地できる子はほんの僅か。



中には命がけのダイビングに恐れをなして

戻ろうとする子もいるらしい


その先に待っているのは

巣で彼らを守っていた 兵アリ


兵アリは、容赦なくそんな子を殺してしまうらしい



(以上、ネット上の文献を参考にしました)


・・・こんな過酷な旅立ちがあるなんて、、


我々人間は、なんて幸せなんだろうと

その文献には書き添えられていた




たまたま着地した子を撮影していた




c0195662_2138153.jpg





すぐそばに、クロヤマアリがいた







c0195662_21381199.jpg






同じ アリ・・・







c0195662_21382299.jpg




この子が今 とても弱い存在であるということを

遺伝子レベルで知っているのだろうか




瞬時に襲いかかる



c0195662_21383322.jpg



悲鳴が聞こえたような気がした





羽化したその日に この子の生涯は終わった






~ to be continued ~
# by Sippo5655 | 2017-06-01 22:10 | 虫いろいろ | Comments(11)

■■ 旅立ちのとき ■■



ここ最近 不思議な出逢いが続く・・・



大きなテントウムシに驚いたのもつかの間


次に待っていたのは、小さな虫たちの不思議な瞬間だった。





晴天の日。

フィールドで早めの昼食を終え、11:30頃。





なんだか、小さな菌のお化けがうごめいているように見えた。

それが、第一印象。



あまりにも多数で、小さすぎて・・・







c0195662_2213419.jpg



虫さんであることは、間違いないけれど。




~ to be continued ~
# by Sippo5655 | 2017-05-29 22:19 | 虫いろいろ | Comments(15)

■■ 日本最大のテントウムシ ~ Fin. ~ ■■



カメノコテントウと ハラグロオオテントウ

全く同じ日の出逢いでした。





初見のハラグロオオテントウを目の当たりにして

Sippo☆がまず思ったこと。




カメノコテントウにはこんな模様の子もいるのか!?




本気でそう思いました^^;





ハラグロオオテントウは、クワの木につくクワキジラミがごはんなんですって。










この子も同じようにリベンジ


最終日はクワの木では見つからず、

帰りがけ なんとシロツメクサの群落の中に




c0195662_2137161.jpg






嬉しくって、、



この子のお許しを得て?

ちょっぴり移動してもらっちゃった





c0195662_21372371.jpg



お花の大きさから、この子の存在感が伝わりますでしょうか




葉っぱの方がまだ落ち着くね


脅かしてごめんね




c0195662_21374285.jpg




あんぐりのあんよが 可愛い



ふと、なぜここにいるのだろうと思い

見上げたら クワの大木が頭上にあった







c0195662_21375237.jpg



ハラグロオオテントウの名前の由来。。



あらぁ

お目目もぱっちりで可愛いのっ




最後に 初めて出逢ったクワの木をよじ登る姿を(o^-^o)








c0195662_2138914.jpg








※ちょうどこの頃 理由あって

ナナホシテントウの撮影をメインに行っていた時でした。



小さなナナホシテントウを見慣れた目に

いきなり日本最大級のテントウムシとの出逢い。



神様が 教えてくれたのですね。

こんなテントウムシも いるんだよって (o^-^o)
# by Sippo5655 | 2017-05-25 22:25 | 虫いろいろ | Comments(19)

■■ 日本最大のテントウムシ ~ 5 ~ ■■




前記事にたくさんの温かなコメントを頂き、本当にありがとうございます。

これからも同じ気持ちで、虫たちの世界をご紹介していきたいと思います。




さて、テントウムシの続きです。





c0195662_226571.jpg






でかっ




後ろ足 あんぐり


※白く光っているのはストロボ発光のためです






・・・どのくらい大きいかというと




c0195662_2262264.jpg




[ハラグロオオテントウ]




比較するために ナナホシテントウを。。


といっても、指の上でじっとしてくれる子はほぼ皆無なので、

等身大のシールで




c0195662_2263368.jpg






あ。

良い子の皆さん♪




ハラグロオオテントウの手乗りにはご注意を。



噛みます。

痛いです。





~ to be continued ~

# by Sippo5655 | 2017-05-22 22:23 | 虫いろいろ | Comments(17)